2015年08月05日

『戦地で生きる支えとなった115通の恋文』(稲垣麻由美 著)

私たちは学校で歴史を習うとき、近現代史は恐ろしいほどサラッと流します。現代社会を知るうえで、本来は超重要なんじゃないの?と思いますが、教育現場では華麗にスルー。まるで、「あまり触れてくれるな!!」と言わんばかりに。こうした努力が実を結び(?)、日本人は戦争当時の記憶をきれいに忘れています
見方を変えれば陰謀論っぽくなりますが、いずれにしても日本が「戦敗国」であることが大きいでしょう
私たちが受けてきた教育は、かなり特殊なんだと思います。

そんな感じで、戦争とあまり向き合ってこなかった私たち日本人ですが、安保法制、強行採決、デモ、沖縄などで、ここ最近ザワついています。
「戦争のことはよくわからない、でも知っておきたい、何か起こしたい」。そんな気持ちが、日本人に芽生えているのでしょうか。もしかしたら、戦後70年という節目ならではの現象かもしれません


知りたければ、やはり読書がいい
戦争のことについて知りたければ、実体験を持つ人に聞くのが本来はベストですが、ほとんどが高齢ですし、皆あまり当時のことは語りたがらないでしょう。やはり、関連書籍を読むのがいいと思います。

とはいっても、初めからいきなり『広島と長崎に原爆が落ちた日』とか『大日本帝国の真実!』とか
『石原莞爾、100年の野望』とか『実録!731部隊』といった書籍には手を出さない方が無難です。内容がよくわからないでしょうし、出てくる描写にトラウマを抱えてしまっては意味がありません


一人の女性の目線から見る「戦争」
koibumi.jpgそこへ行くと、出版されたばかりの『戦地で生きる支えとなった115通の恋文』
(稲垣麻由美 著、2015年7月)は、誰が手にしても読みやすい本です。

登場するのは、山田藤栄(やまだ・ふじえ)という軍人と妻のしづゑ。二人は結婚したばかりなのに、夫は戦地に行く羽目になってしまいます。お腹には赤ちゃんが宿っていたというのに、当然、子供の顔を見ることなく戦争に行きます。その悲しみたるやいかほどのものであったか。

しづゑは、戦地にいる夫に手紙を出し続けます。そして、その手紙をずーーーっと大切に持ち続けていた夫。この本は、奇跡的に残っていた115通の“恋文”を集めたものなんです
夕にはお父様が元気で帰られた夢を見ました。
立派なおひげでね。そして、又行くから一寸帰って来られたのだと、
向こうの様子等をお話しになられてお別れしたのでした。
今日は何かお便りでもあるかと心待ちにして居りましたが
淋しいかな何処からもお便りはありませんでした。
どうぞお達者でおいで下さればよいがと、
貴方のご健壮を祈らずには居られません。
お腹の子供も大変元気です。

戦場でこうした手紙を読む、夫・山田藤栄の気持ちになってみて下さい。
(TwT。) 泣くでしょ。「なんとしてでも生きて帰るぞ!」と思うでしょ。


この手紙が地獄から救った!?
実は山田藤栄は、ただの軍人ではありません。なんと、最終階級は少佐。1000人以上の部隊を率いる大隊長だったのです。とはいえ彼が最終的に赴任したのは、フィリピン・ミンダナオ島。結果的に、太平洋戦争でもっとも多くの戦没者を出した地獄の中の地獄、阿鼻叫喚の「南方戦線」のひとつです。

南方戦線というのは、フィリピン、マレーシア、タイ、ビルマ、グアム、ボルネオ、パプアニューギニアなど、東南アジアおよび太平洋各地の戦場のことです。『ゲゲゲの鬼太郎』の作者水木しげるは、ニューギニア戦線・ラバウルにおける戦闘で、爆撃を受け左腕を失っています
この戦線は、アメリカ軍に次々に攻略され、日本本土からの補給が断たれてしまっていたんですね。そのために飢餓地獄が発生し、さらにはマラリアや赤痢にかかって、兵士たちはバタバタと亡くなって行ったのです。

山田隊長の部下もほとんどが亡くなってしまいました。そして、戦地ミンダナオ島で終戦を迎え、アメリカ管轄の収容所に捕虜として1年間抑留されます。その後、1946年の秋に故郷の福井県に復員。発狂も自殺もせずに故郷に生還できたのは、妻からの“恋文”があったからではないでしょうか。
事実、骸骨のように痩せ細りながら復員した山田藤栄のリュックには、大切に保存されたこの“恋文”が入っていたそうです

この手紙が時を経て、著者である稲垣さんの手に渡る下りはドラマチック。そして、稲垣さんが出版を決意してから取材する度に、新しい事実や人物が浮かび上がってくる様子もまたドラマチックです。


興味が沸けば、勝手に調べていく
誰でもそうですが、興味が沸けばネットで調べたり本を読んだりして、勝手にどんどん詳しくなっていきますよね。戦国武将にやたら詳しい人が多いのもそうした理由からですが・・・。

なので、この本をキッカケにとくに若い人や女性が、戦争のことについて興味を持ってもらえればいいなと思っています。欲を言えば、同様のジャンルの本がもっと増えてくれればいいのですが、「重苦しい戦争モノよりはダイエット本だ!! モテる本だ!! 頭が良くなる本だ!! 金持ちになれる本だ!!」というのが出版不況にあえぐ出版社の事情でしょうから、それはちょっと難しいかな?


★関連記事
ブックレビュー一覧
日本史 年代別記事一覧


posted by すぱあく at 21:16 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

チーム八部衆で一人だけ有名な阿修羅

ASURA_Kohfukuji.jpg藤原氏の氏寺として建立された奈良の興福寺。ここには、あの有名な阿修羅像があります。教科書に載っているので日本人で知らない人はいないほど有名な仏様です。
藤原氏 ― 1300年間、日本の上流で踏ん張っている「超名門」

とはいえ、阿修羅は八部衆というチームのメンバーの一人なんです。彼だけ突出して有名なので、他のメンバーの存在はおろか、八部衆というチームの存在すら知らない人は多いでしょう。

八部衆は仏教が広まる前の古代インドの神々が源流のため諸説ありますが、「法華経」では天、龍、迦楼羅、夜叉、阿修羅、乾闥婆、緊那羅、摩睺羅伽の8つを指しています。以下が興福寺における八部衆で、一部名前が異なっています。
hachibushu.jpg


五部浄(ごぶじょう)
法華経八部衆の「天」に相当。像は胸から下を失っていますが、象の冠をかぶっています。

沙羯羅(さから)
法華経八部衆の「龍」に相当。龍宮に住み、雨を呼ぶ魔力を持ちます。像は頭に蛇を巻いています。

迦楼羅(かるら)
ビシュヌ神が乗るガルーダ(金翅鳥)を神格化したものです。

鳩槃荼(くばんだ)
法華経八部衆の「夜叉」に相当。死者の魂を吸う悪鬼だったのが、仏法に帰依して護法善神になりました。

阿修羅(あしゅら)
インドラ(帝釈天)と戦う悪の戦闘神が、仏法に帰依して守護神になりました。

乾闥婆(けんだつば)
帝釈天宮で簫(しょう)を吹き、音楽を流し諸神を供養する神です。

緊那羅(きんなら)
半身半獣で、人でも動物でも鳥でもない存在とされています。

畢婆迦羅(ひばから)
法華経八部衆の「摩睺羅伽(まこらか)」に相当。ニシキヘビを神格化した音楽をつかさどる神です。


syurato.jpgさて、かつてこの八部衆をキャラクターにしたアニメがありました。それがタツノコプロが制作した『天空戦記シュラト』(1989年)。
『聖闘士星矢』のヒットに便乗したいわゆる「ヨロイモノ」の一つです。
主人公は修羅王シュラト(阿修羅)。その宿敵が夜叉王ガイ(夜叉)。そして仲間たちが天王ヒュウガ(天)、龍王リョウマ(龍)、迦楼羅王レイガ(迦楼羅)、那羅王レンゲ(緊那羅)、比婆王ダン(摩睺羅伽)、闥婆王クウヤ(乾闥婆)。

関俊彦(シュラト)、子安武人(ガイ)、山寺宏一(リョウマ)、林原めぐみ(レンゲ)など、今では超大御所になっている声優陣がズラリ。彼らがデビュー間もない若手だった頃の作品というわけです。

『聖闘士星矢』の二番煎じながら、独自の世界観が受けてヒットしました。しかし、後半は制作環境が急激に悪化し、作画崩壊を引き起こします。紙芝居のようにカクカクした動きを見た当時の私は、
「大人になって働くって、きっと大変なことなんだろうな」と思ってしまいました
そう思っていた自分が、出版社に入り同様に劣悪な環境で働くことになろうとは、これも八部衆のお導きかもしれません。


★関連記事
奈良県 記事一覧
マンガレビュー一覧


オークル 阿修羅像 精密ペーパークラフトモデル 1/2スケール

新品価格
¥3,024から
(2015/5/6 17:54時点)


ラベル:仏教 藤原氏
posted by すぱあく at 09:00 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

東京農業大学の創設者、榎本武揚

最近、300年以上続く蔵元を2件取材しました。すると偶然にも社長が40代で、二人とも東京農業大学の醸造科を卒業していました。つまり、彼らは経営者であると同時に、自分で酒や醤油を作れる知識も持っているということです
こうした専門知識を持った若い経営者が率いる“老舗”は強いです。現場への理解も深いし、若者にも受け入れられる商品開発もできます。そして、海外進出も意欲的に展開しています。

その一方で、なかなか理想的な代替わりができずに古い体質を抜け出せない蔵元も多いです。私の郷里にも約200年続く蔵元がありましたが、すでに酒造りを辞めています。

moyashimon.jpgそう考えると、若き杜氏を養成している東京農業大学にガゼン興味が沸きます。これって、リアルな『もやしもん』じゃないか〜。
『もやしもん』(石川雅之、2004年〜)は、農大(どこの大学と特定してはいない)を舞台にしたマンガです。発酵や醸造というアカデミックかつマニアックな世界を、いろいろな工夫でわかりやすく描いています。マニアックながらも楽しそうな大学生活が人気となり、アニメ化、実写ドラマ化、手塚賞受賞を果たしています。

そして例によって、東京農業大学の歴史を調べてみました。すると・・・。
「創設者は榎本武揚」という一文が目に入ってきました。

Hijikatatoshizo.jpg榎本武揚? えのもと たけあき?
あの五稜郭で土方歳三とともに戊辰戦争を戦った榎本武揚!?

これは驚きです。確かに、土方歳三があの戦いで戦死したことはドラマなどで有名ですが、榎本武揚がその後どうなったか、そこまで描かれることはありませんからね。


幕臣・榎本武揚
幕臣だった榎本武揚は、26歳のときに幕府に派遣されて、オランダ留学し、近代的な軍事知識を学びました。帰国後、幕府海軍軍艦頭並に任命され、その後は幕府海軍トップになります。

しかし、すでに江戸幕府の命運は尽きており、1868年1月に戊辰戦争が勃発。4月には江戸城が無血開城。このとき新政府軍から幕府海軍艦隊を引渡すように迫られますが、榎本は拒否します。
江戸城を追い出された徳川家は、駿河に追いやられ領地も大幅に減少。8万人の幕臣が路頭に迷う危機にありました。そこで、榎本は、蝦夷地に旧幕臣を移住させ、北方の防備と開拓にあたらせようと考えます。11月、榎本は五稜郭に入城。12月に「蝦夷共和国」の樹立を宣言します。

もちろん新政府軍がこれを許すはずもなく、1869年にアメリカ軍も味方につけて函館を総攻撃。この戦いで土方歳三は戦死。5月、榎本武揚もついに降伏します。


新政府軍に登用され北海道開拓に従事
Enomoto.jpg1872年、投獄されていた榎本武揚は、その才能を買われて新政府に登用されます。そして、彼の得意分野でもあった北海道開拓を命じられます。1874年に駐露特命全権公使となり、サンクトペテルブルクに着任。シベリアも視察し、北海道開拓の参考にしました。帰国後は逓信大臣、文部大臣、外務大臣、農商務大臣を歴任。新政府軍の敵だったとは思えないほど、重鎮として活躍しました


徳川育英会育英黌農業科を設立
榎本武揚は北海道開拓の経験から、農業の重要性を痛感していました。そこで1891年、
徳川育英会育英黌農業科を創設し、自ら黌長となりました。この後身が東京農業大学です。場所は現在の飯田橋あたりでした。地下鉄飯田橋駅A4番出口前には「東京農業大学開校の地」という碑が建てられています。
ちなみに、東京農大にはオホーツクキャンパス(北海道網走市)もあり、榎本武揚の精神もあって今も北海道と密接です


★関連記事
企業・大学別記事一覧
日本史 年代別記事一覧
マンガレビュー一覧
大河ドラマレビュー一覧


大河ドラマ『新選組!』(2004年)では、草g剛が演じた榎本武揚がワンシーンだけ登場。
その後、スピンオフ作品『新選組!! 土方歳三 最期の一日』では、片岡愛之助が榎本役を好演。

新選組!! 土方歳三最期の一日 [DVD]

新品価格
¥4,011から
(2013/11/4 11:48時点)




もやしもん コミック 全13巻完結セット (イブニングKC)

新品価格
¥7,568から
(2015/5/6 18:03時点)


posted by すぱあく at 12:00 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

日本各地にある伊達氏ゆかりの地



伊達市というのは、北海道と福島県にあります。同一の漢字を用いた市名は、これを除けば府中市(東京都、広島県)だけです。

これまで自治体名は、混乱を招かないように同一の漢字を避けることが慣例でした。これは法律で決まっているわけではなく、あくまで旧自治省(総務省)の方針によって行われてきた慣例です。
この慣例に従うことにより、埼玉県東松山市は愛媛県松山市に配慮して「東」が付けられましたし、東京都東久留米市も福岡県久留米市に配慮して「東」が付けられました。

では、なぜ伊達市と府中市は例外なのでしょうか。まず、府中市から見ていきます。
広島県府中市ができたのは1954年3月31日であり、東京都府中市ができたのは1954年4月1日。つまり、たった1日の差です。これは二つとも同時期に「府中市」の名前を目指していたためです。もちろん自治省は、どちらかは別名にするよう促しましたが、どちらも頑として譲らず、ついに自治省の方が折れて認められたのです

すると各地で「これが認められたのなら、ウチもありだろう」と考え、同じ漢字を使った市名を名乗ろうとする動きが広がりました。しかし自治省は、これ以上認めてしまったら混乱が大きくなるばかりと判断し、以後は同一漢字の市名を認可しないようにしました

では、なぜ伊達市は認められたのか。ここに歴史ファンを熱くさせるドラマがあるのです


●伊達氏発祥の地、福島県伊達郡
北海道伊達市ができたのは1972年。それに対し福島県伊達市ができたのは2006年と最近です。しかし、伊達という地名ができたのは福島県の方が元祖。それもそのはず、伊達政宗を含めた伊達氏の発祥の地なのですから

伊達氏は藤原北家の藤原山蔭(ふじわら の やまかげ、824年〜888年)を祖としています。平安末期の武将伊達朝宗(だて ともむね、1129年〜1199年)は、源頼朝の奥州征伐で功を上げたため陸奥国伊達郡(だてごおり)を賜り伊達氏初代当主となります。
 ・世界遺産 平泉に行ってきました 〜中尊寺

以後も伊達氏はこの地を中心に栄え、福島県伊達郡はそのまま地名として残り、現在に至ります


●伊達氏、東北各地へ
16世紀になると内紛などの理由で、第15代当主の伊達晴宗(だて はるむね、1519年〜1578年)は米沢城(山形県)に本拠地を移します。

そして晴宗の孫が、第17代当主の伊達政宗(だて まさむね、1567年〜1636年)。東北地方のほとんどを制圧した、伊達氏で最も有名な人物です。関ヶ原の戦いでは徳川家康に味方し、その恩賞として仙台藩が与えられ、62万石の大藩として繁栄しました。


●北海道伊達市の由来
date-city-hokkaido.png伊達氏が東北地方に縁があるのはわかりますが、ではなぜ北海道に伊達市があるのでしょうか。この由来を知るには、NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』(1987年)を見るとよくわかります。
伊達政宗(演:渡辺謙)は梵天丸と呼ばれていた幼少期、虎哉宗乙(こさい そういつ、演:大滝秀治)のお寺で学問を学んでいました。このとき一緒に学んでいたのが、近い年齢の親戚・伊達成実(だて しげざね、1568年〜1646年、演:三浦友和)でした。この伊達成実は、後に分家である仙台藩の亘理伊達家(わたりだてけ)の初代当主になりました。

時は下って1870年、亘理伊達家の第14代当主・伊達邦成(だて くにしげ、1841年〜1904年)は、明治新政府の命令で家臣・領民たちを引き連れ北海道開拓を行いました。そして、この辺りは伊達村と呼ばれるようになり、後に伊達市になっていくのです。


●福島県伊達市、同じ伊達氏をルーツに持つ親近感
date-city-fukushima.png平成の大合併により、福島県伊達郡にあった5町が合併することになりました。このとき新市名を「伊達市」にしようと考えました。しかし、伊達市は北海道にすでにあります。果たして総務省がOKするか、きっと不安になったことでしょう。
合併協議会では総務省にお伺いを立てます。すると「既存の市から異議が出ないということ。相手方との意思疎通を十分に取ること」と回答しました。つまりNOではなく、相手と相談してみてねと言ったわけです。これを受けて合併協議会は北海道伊達市を訪問し、話し合いをします。すると意外にOKが出て、晴れて福島県伊達市が誕生しました。

福島県伊達郡はそもそも伊達氏発祥の地。同じルーツを持つ親近感ゆえに実現した例といえます。この出来事は既存市が納得すれば、同じ漢字の市名でもOKという前例となりました。ただ、ここまで歴史的なミラクルはあまりないでしょう。それゆえに歴史ファンとしては熱くなりませんか?


●愛媛県宇和島市も伊達氏ゆかりの地
『独眼竜政宗』では、政宗の側室として猫御前(演:秋吉久美子)という女性が登場しました。正室の愛姫よりも先に長男を産んだため、ドラマの中ではいろいろと騒動を巻き起こしました。
これは史実で、彼女の生んだ子どもが伊達秀宗(だて ひでむね、1591年〜1658年)。もしも正室の愛姫が男子を産まなかったら、彼が仙台藩主になっていたでしょう。しかし、愛姫は伊達忠宗(だて ただむね、1600年〜1658年)を産んだため、秀宗が大名になる芽はなくなってしまいました。

不憫に思った政宗でしたが、1614年に秀宗が大坂の陣で戦果を上げたため、10万石を与えられ伊予宇和島藩の初代藩主になることができました。
ただ、伊予宇和島藩は後々まで仙台藩から「あそこはウチの支藩」と思われていたそうです。分家の辛いところですね。


★関連記事
大河ドラマレビュー一覧
全国の都道府県&物産
日本史 年代別記事一覧


NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』(主演:渡辺謙、脚本:ジェームス三木、原作:山岡荘八、音楽:池辺晋一郎、1987年)。平均視聴率39.7%で、現在においてもトップ。「梵天丸もかくありたい!」が流行語に。

独眼竜政宗 (3巻セット) [DVD]

新品価格
¥8,313から
(2015/2/11 19:29時点)


ラベル:戦国時代 藤原氏
posted by すぱあく at 19:04 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

本多忠勝の蜻蛉切が期間限定公開!!

sano-museum.JPG最近、友人が「大変だ!本多忠勝の蜻蛉切が一般公開されるぞ!!」と教えてくれました。マニアックな趣味を持っている人は共感してくれると思いますが、同好の友人から得られる情報の中には、ときにとんでもなく密度が濃いものがあります。今回がまさにそれでした。
個人所有のため、滅多に公開されることのない蜻蛉切。これを見逃す手はありません。というわけで、友人と静岡県三島市にある佐野美術館(公式サイト)まで見に行ってきました。

天下三名槍のひとつ蜻蛉切(とんぼきり)。本多忠勝(ほんだ ただかつ、1548〜1610年)が愛用していました。
徳川家康の重臣で、徳川四天王の一人。生涯に参加した合戦すべて、かすり傷一つ負わなかったと伝えられています。そのため、天下無双の武将というイメージがつきました。カプコンさんが『戦国BASARA』で悪ふざけして、ロボットにしちゃうぐらい強かったのです。ファンからは「ホンダム」の愛称で呼ばれています。
honda-tadakatu.jpg


「蜻蛉切」という名前は、戦場で槍を立てていたところに飛んできた蜻蛉が当たって二つに切れたことから名付けられました。さぞかしスパスパ切れたのでしょう。「ホンダム」が持っているドラゴン殺しのような槍がそうですね。こりゃ興奮しちゃいますな。わざわざ静岡県まで出向いていく気持ちが少しはおわかりでしょう!

tombokiri.jpgさて、これが実物の「蜻蛉切」。見たときは大きな衝撃を受けました。なぜなら、とても小さかったからです。刃長は43.7cm、片手で持てちゃう大きさでした。
ドラゴン殺しを想像していただけに、拍子抜けしてしまったことは否定できません。では、がっかりしたかというと、実はその逆。

なぜ、この槍が天下三名槍と呼ばれているのか、少しわかった気がしました。まず、とっても薄いことに驚きます。厚さはわずか1cm。あまりの薄さにポキッと折れてしまいそう。戦場で使うために作られたものでないことは一目瞭然です。

加えて、心に響く輝き。蜻蛉が乗ったら、本当にスパッと切れてしまいそうな磨かれ方です。刀工・村正の弟子、藤原正真(ふじわらの まさざね)の技術の粋が詰まっており、武器というよりもはや芸術品です。

まさに「百聞は一見に如かず」。本企画展「ひとの縁は、ものの縁 ―初公開の矢部コレクション―」は、2月15日(日)まで。歴史ファンは必見です!



★関連記事
日本史 年代別記事一覧
都道府県別記事一覧
ゲームレビュー一覧
・天下三名槍のひとつ「日本号」 ― 黒田官兵衛から金印まで。歴史ファンにはたまらない福岡市博物館
・天下三名槍のひとつ「御手杵」 ― 復元「御手杵の槍」が結城蔵美館で常設開始!


本多平八郎忠勝?家康軍団最強の武将 (PHP文庫)

中古価格
¥1から
(2020/3/29 08:20時点)


posted by すぱあく at 21:00 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

復元「御手杵の槍」が結城蔵美館で常設開始!

kurabikan.jpgこのところNHKや地域誌などで、それなりに露出があった天下三名槍のひとつ「御手杵」(おてぎね)が、茨城県結城市の「結城蔵美館」(ゆうきくらびかん)で常設展示されることになりました。

他のふたつの名槍と異なり、「御手杵の槍」は東京大空襲で焼失。それでも静岡県島田市の有志らが、文献を研究し2002年に復元品が作られたのです。翌03年に結城市に寄贈され、一時は市役所に展示されていましたが、あまりの大きさに展示スペースが確保できなくなり、長く“お蔵入り”になっていました。それだけに常設展示が始まったことは大きな意義があります。


otegine.jpgこれが「御手杵の槍」。総長は412pで、大人3人がかりで持てる重さと長さです。とても戦場で振り回せる代物ではなく、権威の象徴として作られたと思われます。

発注したのは結城氏第17代当主の結城晴朝(ゆうき はるとも、1534〜1614年)。作ったのは島田宿(現在の静岡県島田市)の刀工・五条義助でした。島田市の有志がこの槍を復元しようと思ったのは、こうした縁からです

その後、結城晴朝の養子で第18代当主の結城秀康(ゆうき ひでやす、1574〜1607年)に受け継がれます。秀康は、徳川家康の次男でありながら本家の家督を継げず、豊臣秀吉の養子に出され、さらには結城氏の養子に出された悲運の武将です。それでも腐らず、せっせと励んだ結果、関ヶ原の戦いで戦功を立て、初代・福井藩主になります。

秀康の子供の代から福井藩主は松平姓になり、この槍も戦災で焼失するまで松平氏の所蔵となりました。

常設展示になったこの素晴らしい機会に、ぜひ結城市を訪れて御手杵の槍をご覧ください。


★関連記事
・天下三名槍のひとつ「日本号」 ― 黒田官兵衛から金印まで。歴史ファンにはたまらない福岡市博物館
・天下三名槍のひとつ「蜻蛉切」 ― 本多忠勝の蜻蛉切が期間限定公開!!
日本史 年代別記事一覧
都道府県別記事一覧
posted by すぱあく at 08:00 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする