2020年01月03日

モーツァルトの生涯

mozart.jpgここでは天才ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの一生を駆け足で見て行きます。

1756年(0歳)
1月27日、神聖ローマ帝国ザルツブルク大司教領で誕生。父レオポルトはヴァイオリニストで、ザルツブルクの宮廷作曲家としてすでに名を成していました。父は息子が天才であることを見出し、幼少期から音楽教育を施します。3歳でチェンバロを弾き始め、5歳で作曲を始めるほどの神童ぶりでした。
ザルツブルクでモーツァルトの足跡を巡る


●音楽教育、就職活動を兼ねた欧州旅行
父は息子の神童ぶりを各国の宮廷に披露するために、国外旅行を何度も行いました。

1762年(6歳)
第1回ウィーン旅行。10月13日、シェーンブルン宮殿でマリア・テレジアの御前で演奏。その際、モーツァルトは宮殿の床で滑って転んでしまいますが、7歳の皇女マリー・アントワネットに手を取って助けてもらいます。お礼に「大きくなったら僕のお嫁さんにしてあげるね」と言ったそうです。
超ざっくりハプスブルク家の歴史を紹介!(中編)


1763年 - 1766年(7 - 10歳) パリ・ロンドン旅行。
1767年 - 1769年(11 - 13歳) 第2回ウィーン旅行。
1769年 - 1771年(13 - 15歳) 第1回イタリア旅行。
1771年(15歳) 第2回イタリア旅行。

1772年(16歳)
8月21日、大司教コロレドより、ザルツブルク宮廷のコンツェルト・マイスターに任命される。

1772年 - 1773年(16 - 17歳) 第3回イタリア旅行。
1773年(17歳) 第3回ウィーン旅行。
1774年 - 1775年(18 - 19歳) 第4回ウィーン旅行。


18世紀の時代にこれだけの旅行をしていたのですから、モーツァルト父子とんでもないです。渡航費が工面できるほどレオポルドの名声があったこと。父が子ヴォルフガングに相当の期待をしていたことがわかります。

モーツァルトは16歳でザルツブルクの宮廷音楽家に就職していますが、できれば首都ウィーンやその他大国の宮廷にキャリアアップするのを目指していました。しかし、どれもいい結果につながりませんでした。
今でこそモーツァルトは人類史上頂点に位置する音楽家ですが、当時は有力音楽家たちが占めていたポストに食い込めなかったようです。モーツァルトのような究極の天才でさえも「現実の壁」がいかに険しいかわかる話です。






1777年 (21歳) ザルツブルクでの職を辞しミュンヘン、マンハイムへ移る。
1778年 (22歳) パリへ移る。7月、同行した母はパリで死去する。
1779年 (23歳) ザルツブルクに帰郷。ザルツブルク宮廷にオルガニストとして復帰。
1780年 (24歳) オペラ『イドメネオ』K.366準備のためにミュンヘンに赴く。マリア・テレジア崩御。
1781年 (25歳) ザルツブルク大司教コロレドと衝突、解雇。ウィーン定住を決意。
1782年 (26歳)
7月、オペラ『後宮からの誘拐』K.384をウィーンで初演。
8月3日、コンスタンツェ・ヴェーバーと結婚。
1783年 (27歳)
ザルツブルクに帰郷。大ミサ曲ハ短調 K.427を上演。
6月、長男誕生するもザルツブルク旅行中に死亡。
1784年 (28歳)
第2子カール・トーマス・モーツァルト誕生。
フリーメイソンリーの慈善ロッジ(ウィーン)に入会(書類上では12月5日)。
1785年 (29歳) 弦楽四重奏曲集をハイドンに献呈(「ハイドン・セット」)。
1786年 (30歳) オペラ『フィガロの結婚』K.492初演。
1787年 (31歳) 父・レオポルト死去。オペラ『ドン・ジョヴァンニ』K.527初演。
1788年 (32歳) いわゆる「3大交響曲」を作曲。
1789年 (33歳) ベルリン旅行。
1790年 (34歳) オペラ『コジ・ファン・トゥッテ』K.588初演。
1791年 (35歳) オペラ『皇帝ティートの慈悲』K.621、オペラ『魔笛』K.620初演。12月5日ウィーンにて死去。



青年期はザルツブルグ大司教宮廷に就職。教会や宮廷のために作曲したり演奏したりしていました。ただ、あまり音楽に理解のない大司教だったため、モーツァルトはザルツブルグに見切りをつけ、1777年に新たな仕事を求めて諸国へ旅立ちます。


「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」(モーツァルト、1787年)。国や時代を超えて、ほとんどの人が知っている有名な曲。父の死の2ヶ月後、31歳のときに作曲。ただ、本人もこの4年後に死去。

「マリオブラザーズ」(任天堂、1983年)。マリオの歴史はここから始まった。と言っても「ドンキーコング」にはすでに登場していたけど。1面の開始時だけモーツァルトが流れます。
posted by すぱあく at 04:00| オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

ザルツブルクでモーツァルトの足跡を巡る

前回からの続きです。

マカルト橋を渡り、通りをいくつか過ぎるとゲトライデ通りに入ります。世界遺産「ザルツブルク市街の歴史地区」として中世の街並みが保存されており、まるでタイムスリップした感覚を味わえます。そして、この通りの9番地にある建物を見に、世界中から人が訪れています

Salzburg: Getreidegasse
Salzburg: Getreidegasse / Jorge Franganillo



それがこの黄色い建物モーツァルトの生家です。1756年1月27日、モーツァルトはこの家で生まれました。修復はされていますが、復元ではなく当時のままの建物です。現在は4階から2階を博物館(※1)、1階はスーパーとして使用しています。
Mozarts Geburtshaus
Mozarts Geburtshaus / dronepicr

※1 毎日9:00〜17:30、受付は閉館時間30分前まで。7・8月は8:30〜19:00、12月24日は9:00〜15:00。
入場料は大人12ユーロ、6〜14歳の子供3.5ユーロ、15〜18歳の子供4ユーロ。家族・シニアなど各種割引あり(2021年現在)


さて、この生家の左横には小路があり、そこを少し進むと「大学広場」に出ます。そして、そこを左折して5分ほど進むと、旧市街の中心「レジデンツ広場」に着きます。広々としているため、フェスティバルやコンサート、スポーツのイベントなどがよく開催されています。

広場の南側にはザルツブルク大聖堂があり、モーツァルトは誕生の翌日1756年1月28日にここで洗礼を受けました。当時使われた洗礼盤もそのまま残っています。
Austria-00347 - Salzburg Cathedral
Austria-00347 - Salzburg Cathedral / archer10 (Dennis)


レジデンツ広場の北東には「モーツァルト広場」が隣接しています。1842年に建てられたモーツァルト像があるので、記念撮影にオススメです。


さて、もうひとつモーツァルトゆかりの建物として重要なのが、「モーツァルトの家」です。モーツァルト一家は、最初に紹介した生家から1773年にここに引っ越し、1780年までの7年間住んでいました。
mozart-residence.JPG


この建物は第2次世界大戦で被害を受けましたが修復され、博物館になっています(※2)。場所は旧市街ではなく、ザルツァッハ川を渡った対岸のすぐ近くのところにあります。車の往来が多いところに位置しているため、全景写真を撮るときはご注意ください。

※2 開館時間、入場料、割引など、モーツァルトの生家と同じ



最後にモーツァルト関連のお土産としてメジャーな「モーツァルトクーゲル」をご紹介します。球状のチョコレート菓子で、菓子職人のパウル・フュルストが1890年に作り出し、今なお売れ続けるロングセラーです。
Austrija 2013 - 281
Austrija 2013 - 281 / Janitors


オーストリアでは土産屋だけでなく、スーパーでも売っているほどメジャーなチョコですが、これらは機械によって大量生産されたもの。
一方、元祖フュルストでは、今も手作りで生産しており、ザルツブルクの自社店舗でのみ販売しています。せっかくザルツブルクを訪れたのなら、貴重なフュルスト製を買ってみてはいかがでしょうか。旧市街に本店があります。

これら以外にも、ザルツブルクの見所はまだまだありますが、まずはモーツァルト関連から訪れるのが良いでしょう。参考になれば幸いです。


★関連記事
中央ヨーロッパ史 年代別記事一覧
posted by すぱあく at 07:00| オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

モーツァルトの生まれ故郷、ザルツブルクからHappy New Year !

モーツァルトの生まれ故郷、ザルツブルク(オーストリア)から新年明けましておめでとうございます。海外で新年を迎えるなんて、数年前までは考えられませんでした。まぁ、バカンスじゃなくて仕事ではありますが・・・(;^ω^) 今年も頑張ります!

salzburg.jpg


さて、モーツァルトの話題の前に、今回はザルツブルクの歴史について触れたいと思います。
本来ザルツブルクはかなりの寒冷地でかつての1月なら雪が積もっているのが普通ですが、近年は異常気象の影響か、写真の通り雪はありません。

また、この写真1枚にはザルツブルクの特徴が凝縮されています。
 @発展の要となった「ザルツァッハ川」
 A奥にそびえ立つ巨大な「ホーエンザルツブルク城」
 B旧市街につながる「マカルト橋」


●ザルツァッハ川:都市名の由来にもなった塩(ザルツ)
英語でソルト(salt)という「塩」はドイツ語ではザルツ(salz)と呼びます。またブルクは「砦」や「町」の意で、つまりザルツブルクは「塩の町」を意味します。ただ塩が産出されたのはここではなく、15キロほど南のバート・デュルンベルクになります。製塩されたものを船乗りたちがザルツァッハ川(塩の川)を通じてヨーロッパ各地に送り込み、その利権でザルツブルクはどんどん発展していきました。


●ホーエンザルツブルク城:大司教の権力の象徴
塩は生命の維持に不可欠ですし、冷蔵庫がない時代では今よりもはるかに貴重な保存調味料でした。そのため古今東西問わず、塩の利権を持つものが大きな権力を持つことになるのです。

ではザルツブルクで塩の利権を独占していた者は誰か? 通常なら有力貴族ですが、この都市では珍しく聖職者である大司教が利権を独占し、王のように君臨していました。その影響力は強大で、ザルツブルクは長らく独立した領邦国家としての立場を保ち続け、オーストリアの支配下になるのは19世紀と最近になってからです。

町のどこからでも見える巨大なホーエンザルツブルク城は大司教の権力の象徴です。ただ、当初この城はまさに防衛が目的で建設されました。南下してくる神聖ローマ帝国から身を守るためです


●叙任権闘争で教皇側についたザルツブルク
962年に神聖ローマ帝国が成立して以来、帝国皇帝とローマ教皇は協力関係にありました。
 ★関連記事 ・正教会3 「神聖ローマ帝国」という東側への対抗システム

しかし、それから1世紀経ったとき、聖職者の任命権を巡ってお互いが優位性を主張し、叙任権闘争が勃発します。ヨーロッパ各都市は皇帝派と教皇派に分かれて、紛争状態に陥りました。

ザルツブルクは教皇派につき、1077年ホーエンザルツブルク城を建設し皇帝派からの攻撃に備えます。なにせ、同年1月にはあの有名な「カノッサの屈辱」が起こっており、中欧諸国は極度の緊張状態にありました。これはローマ教皇グレゴリウス7世が、叙任権闘争で激しく対立していた神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世を破門。ハインリヒ4世が許しを請うべく、イタリアのカノッサにてグレゴリウス7世に跪いて謝罪した事件のことです。これにより破門を解かれたハインリヒ4世は、今度は一転してグレゴリウス7世を攻め込み、世相は不穏な空気で包まれていた時期でした。

その後も皇帝派 VS 教皇派の争いは何世紀にもわたって続きますが、13世紀になるとザルツブルクは皇帝派を支持するようになります。ホーエンザルツブルク城はその度に増築・拡大されて行きました。


●マカルト橋:埋め尽くされる恋人たちのカギ
ザルツブルクは、ザルツァッハ川を挟んでホーエンザルツブルク城がある区域を「旧市街」、反対側は「新市街」と分けられています。旧市街には教会や歴史的建造物が数多く遺されており、これらを中心に「ザルツブルク市街の歴史地区」として世界遺産に登録されています。ではマカルト橋を渡って、見所いっぱいの旧市街へ向かいましょう!

写真の通り、マカルト橋にはカラフルな装飾がなされていますが、実はこれ南京錠です。世界中から訪れるカップルたちが永遠の愛を誓って、別れないように南京錠に鍵をかけているわけです。
さぁ!橋を渡れば、そこは中世ヨーロッパの面影いっぱいの旧市街です。

makaruto.JPG



★関連記事
中央ヨーロッパ史 年代別記事一覧


旅名人ブックス111 ザルツブルク

中古価格
¥1,001から
(2021/3/4 03:33時点)


posted by すぱあく at 07:00| オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

超ざっくりハプスブルク家の歴史を紹介!(後編)

habsburg03.jpg写真はウィーンの中心地にあるホーフブルク王宮。神聖ローマ帝国およびオーストリア帝国、つまりはハプスブルク家の政治の中心でした。

観光名所となっている現在でも敷地内の建物は大統領公邸や国立図書館、シシィ博物館などとして利用されています。


●盟主の座をプロイセンに奪われる
さて、「ドイツ連邦」の盟主となったオーストリア帝国でしたが、負け戦が続きます。クリミア戦争で外交的に失敗し、1859年にはサルデーニャ王国(イタリア王国の前身)に敗北。極めつけは、1866年の普墺戦争においてライバルのプロイセン王国に大敗。ドイツ連邦から追放され、盟主の座を完全にプロイセン王国に奪われてしまいました


●民族問題の妥協策としてオーストリア=ハンガリー帝国が成立
力を大きく低下させたハプスブルク家に、もうひとつ頭の痛い民族問題がのしかかります。オーストリア帝国の領土は現在のチェコ、スロバキア、ハンガリー、旧ユーゴスラビアなどに及んでおり、各民族は自治や独立を望んでいたのです。

その結果、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世はハンガリー人に対する妥協(アウスグライヒ)を優先し、1867年にオーストリア=ハンガリー帝国が成立しました。


●深まる民族問題が発展し、第一次世界大戦勃発
しかし、これ以後も帝国内の民族問題は深刻さを深めていきます。1908年、オスマン帝国からボスニア・ヘルツェゴビナを奪取し併合した結果、セルビア人やムスリムらの反感が高まります

そして1914年、オーストリア皇位継承者夫妻がボスニアの州都サラエボでセルビア人青年に暗殺されるサラエボ事件が発生します。報復としてオーストリアがセルビアへ宣戦布告したことをキッカケに戦火が全世界に飛び火し、第一次世界大戦が始まってしまうのです

結局、オーストリア=ハンガリー帝国は敗戦し、1918年に帝国は解体。チェコスロヴァキア、ハンガリーなどが次々に独立しました。ハプスブルク家の最後の皇帝カール1世は亡命し、中欧に650年間君臨したハプスブルク帝国はここに崩壊。その後はオーストリア共和国となり、ハプスブルク家の入国は禁止されます


●ハプスブルク本家のその後
カール1世は亡命後も何度か返り咲きを狙いますが、その度に挫折。最後は島流しに遭い、そこで亡くなります。そのとき息子で元皇太子のオットー・フォン・ハプスブルクはまだ9歳でした。

その後、オットーは主にスペイン、ベルギー、ドイツなどで亡命生活を送ります。ナチス・ドイツが台頭した第二次世界大戦中は、オーストリア併合を阻止するために精力的に活動しましたが、協力者たちは次々にナチスにより殺害。やむなくオットーたちはアメリカまで亡命し、大戦末期にヨーロッパに戻りました。

終戦してから時代は下り、1961年にオットーはオーストリア帝位継承権の放棄を宣言して、ようやくオーストリア共和国に入国を許されます。その後は欧州議会議員を務めました。この頃親交のあった日本人が、「戦後のフィクサー」と呼ばれた田中清玄です
激動の人生を歩んだオットーは98歳で2011年に亡くなりました。


●現代を生き抜くハプスブルク家
habsburg04.jpgオットーの息子カール・ハプスブルク=ロートリンゲン(59歳、写真左)が、現在のハプスブルク=ロートリンゲン家の当主です。かつて父と同様に欧州議会議員を務めました。1男2女の子供がいます。

写真の子供たちも今は成長し、ユニークな経歴を歩んでいます。長女エレオノーレ(26歳、写真右から2人目)は美貌を生かしモデルに。長男フェルディナント(22歳、写真中央)はF3レーサーとして活躍しています。

なお彼らはハプスブルク=ロートリンゲン家の本家ですが、その他一門は500人以上もおります。きっとその多くは名士として活躍しているんでしょうねー。以上で中欧の華麗なる一族ハプスブルク家の歴史は終わりです。それでは、また!


★関連記事
・超ざっくりハプスブルク家の歴史を紹介! 前編 中編 後編
中央ヨーロッパ史 年代別記事一覧
世界のロイヤルファミリー ― ヨーロッパには10、世界には27の王室が現存中
ブックレビュー一覧


図説 ハプスブルク帝国 (ふくろうの本/世界の歴史)

新品価格
¥1,980から
(2020/4/25 09:06時点)



posted by すぱあく at 13:00| オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

超ざっくりハプスブルク家の歴史を紹介!(中編)

●三十年戦争で求心力低下
神聖ローマ帝国内ではプロテスタントとカトリック勢力との戦いが激化。すると、その混乱はあれよあれよと拡大し、ヨーロッパ全土を巻き込む三十年戦争(1618年〜1648年)に発展します。

戦後、ウェストファリア条約(ヴェストファーレン条約)が結ばれ、神聖ローマ帝国内の領邦は国家のように格上げされます。戦国時代のように群雄割拠となり、領邦国家は最終的には300以上にも上りました。逆に皇帝位の威光は形式的なものに後退し、ハプスブルク家の求心力は低下。オーストリア大公国を中心とした支配体制に移行していきます。


●往時の栄華復興を願って、シェーンブルン宮殿を建設
1683年、オスマン帝国が第二次ウィーン包囲を仕掛けてきますが、ハプスブルク家を含むヨーロッパ連合はこれを撃退。ハンガリーを奪還し、威光を回復させます。

この後、ハプスブルク家は往時の栄華復興を願って、ウィーンに豪華な宮殿を建設しようと考えます。それが、現在ではウィーンを代表する観光名所となっている世界遺産シェーンブルン宮殿です。マリア・テレジアが当主のときに完成し、夏の離宮として使われました。

habsburg02.JPG

「シェーンブルン・イエロー」と呼ばれる黄色の外装が特徴です。この色は領内全ての国家建造物に適用されたため、当時は領内だったチェコやハンガリーにもシェーンブルン・イエローの建造物が残っています。


●プロイセンを警戒し、仇敵フランスに接近
さて、マリア・テレジアといえば、日本ではその娘であるマリー・アントワネットとセットで有名です。
『ベルサイユのばら』の影響ですね。彼女は男子5人、女子11人の計16人の子供を産み(多っ!)、マリー・アントワネットは11女になります。フランスのルイ16世に嫁ぎました。

前編で触れましたが、神聖ローマ帝国とフランスは長年の仇敵だったはず。なぜ、マリア・テレジアは大事な娘をフランスに嫁がせたのでしょうか? それは急に力をつけてきたプロイセン王国を警戒したためです

ウィーンから見たら遥かに辺境にあったプロイセンは、かつては国力も乏しい小国でした。しかし、三十年戦争などでヨーロッパ全土が荒廃したのに比べ、辺境だったプロイセンはほぼ無傷。そうして次第に頭角を現すようになったんですね。


●フランス革命勃発で、アントワネット処刑!
1780年、マリア・テレジアは63歳で死去します。死の間際まで、派手好みでわがままなマリー・アントワネットの身を案じていたそうです。しかしその心配は的中します。1789年にフランス革命が勃発したのです。

王政を否定したフランス革命はハプスブルク家に大きな衝撃を与え、プロイセンとともにフランスに出兵(フランス革命戦争)します。しかし、その最中の1793年にルイ16世に次いでマリー・アントワネットも処刑されてしまいました


●神聖ローマ帝国にとどめを刺したナポレオン
さらにフランスでは若き将軍ナポレオンがクーデターを起こしてトップとなり、様々な敵を蹴散らしていきます。オーストリアも完敗し、1806年、形式だけ残っていた神聖ローマ帝国はついに解体されることになりました

それでも、ハプスブルク家はオーストリアの皇帝として持ちこたえます。そして、オーストリアを盟主とした「ドイツ連邦」という連合体を形成します。しかし、その行く末には暗雲が立ち込めているのでした。この続きは、最終回となる後編にて!


★関連記事
・超ざっくりハプスブルク家の歴史を紹介! 前編 中編 後編
中央ヨーロッパ史 年代別記事一覧
ブックレビュー一覧


登場人物たちが名古屋弁で下ネタ全開で話しており、ハプスブルク家の歴史をおもしろおかしく紹介しています。

ハプスブルク一千年 (新潮文庫)

中古価格
¥1から
(2020/4/20 09:54時点)


posted by すぱあく at 08:00| オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

超ざっくりハプスブルク家の歴史を紹介!(前編)

habsburg01.JPGウィーンにやってきました。オーストリアの首都であり、音楽の都であり、何よりハプスブルク家の本拠地として発展した都市です。

写真はハプスブルク家唯一の女性当主だった
マリア・テレジアの像です。マリア テレジア広場にあります。

ハプスブルク家には1000年を越える歴史があり、語れば何冊もの本ができあがってしまうので、ごく一部のことにだけ触れてご紹介していきます。


●10世紀、歴史の表舞台に登場
962年、東フランクの国王オットー1世がローマ教皇より戴冠され、神聖ローマ帝国が誕生します。誕生に至るまでの経緯は以下の記事をお読みください。
 ・正教会3 「神聖ローマ帝国」という東側への対抗システム

時代が経つにつれ、帝国の中にオーストリア公国やボヘミア王国といった諸侯が治める国ができ、現代のオーストリア、チェコの原型となっていきます。

そして1273年、皇帝不在の「大空位時代」が続いた後、スイスの小貴族ルドルフ・フォン・ハプスブルクが皇帝に選出され、ルドルフ1世となります 。彼は拠点をウィーンに移し、以降ハプスブルク家によるオーストリア支配が始まるわけです。政治の中心ホーフブルク王宮(後編に写真)はこの当時からありました。


●結婚政策で領地拡大! 16世紀に全盛期を迎える
この後、神聖ローマ帝国皇帝の座を巡って複数の貴族が対立しますが、15世紀からはハプスブルク家が皇帝位を独占します

そして、子供たちをどんどん他家・他国に嫁がせる結婚政策を実施。以下の言葉が有名です。
――「戦争は他家に任せておけ。幸いなオーストリアよ、汝は結婚せよ」

16世紀、カール5世が皇帝となったときは神聖ローマ帝国(ドイツ)、オーストリアだけでなく、ボヘミア(チェコ)、ネーデルラント(オランダ)、ハンガリー、南イタリア、スペイン、新大陸まで領土を拡大。まさにハプスブルク家は世界を手中に収め、全盛期を迎えました。
 ・さかのぼりスペイン史5 太陽の沈まない帝国


●全盛期のハプスブルク家 VS 全盛期のオスマン帝国
ヨーロッパにはもはやハプスブルク家の敵なしかと思いきや、いましたよ。強敵が。それがフランスです。カール5世は生涯フランス国王フランソワ1世アンリ2世父子との戦争を繰り返しました。

当時、ヨーロッパではプロテスタントによる宗教改革が興り始めていましたが、カトリックの2大国家が対立していたことでその波は拡大していきます。さらに、このヨーロッパの混乱に乗じて超強敵が闘いを挑んできます。それがオスマン帝国でした。

率いていたのはオスマン帝国の全盛期を実現させた名君スレイマン1世。ハンガリー王国を撃破し、ヨーロッパへ深く侵入してくるオスマン帝国軍。そして1529年、ついに神聖ローマ帝国の首都ウィーンまで達し、2ヶ月にわたって包囲します。

ですが相手も全盛期のハプスブルク家。なんとか死守に成功し、オスマン帝国軍は撤退。九死に一生を得たヨーロッパですが、バルカン半島は奪われ、イスラム教オスマン帝国の脅威を十分に見せつけられた形でした


★関連記事
・超ざっくりハプスブルク家の歴史を紹介! 前編 中編 後編
中央ヨーロッパ史 年代別記事一覧
ブックレビュー一覧


ハプスブルク帝国 (講談社現代新書)

新品価格
¥693から
(2020/4/20 09:45時点)


posted by すぱあく at 14:00| オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする