2012年09月05日

「果てしなき憎しみ」という哀しさ

『NARUTO』(岸本斉史、1999年〜)で、ついに黒幕のトビの素顔が明かされました。
以前からの伏線の通り、カカシの親友でかつて戦死したはずのうちはオビトでした。
obito.jpg

仮面から出てきたその素顔には、積年の憎しみと悲しみが張り付いていました。

オビトは蘇らせた死者の軍団を率いるほど圧倒的な強者ですが、心には安息など一瞬もなかったでしょう。
それは、生きているだけで拷問、まさに煉獄のような人生だったのではないでしょうか。

物語に登場する黒幕(ラスボス)には、大きく分けて2種類あると思います。
@圧倒的な能力を持ち、人間を虫のように見下すタイプ。
例: DIO様(『ジョジョの奇妙な冒険』)、大魔王バーン様(『ダイの大冒険』)
こちらはわかりやすい悪で、主人公側は完全な正義となります。勧善懲悪モノの典型ですね。

一方で、
A圧倒的な能力を持ちながら、苦しみにとらわれて自由になれないタイプ。
例: 双子座のサガ(『聖闘士星矢』)、ラオウ(『北斗の拳』)、ダース・ベイダー(『スターウォーズ』)
こちらは心に苦しみや哀しみを抱えており、ハッキリ悪とは言いにくい存在です。

オビトはどう考えてもAのタイプです。
この種のタイプのラスボスで印象的なものに、『うしおととら』(藤田和日郎、1990年〜1996年)の
白面の者がいます。白面の者は、圧倒的な能力で何百年と人間を苦しめてきました。
いかにも「絶対的な悪」っぽい存在でしたが、実は・・・
人間を見下していのではなく、つねに下から見上げて、
「まぶしい、羨ましい、憎い」と呪い続けていたのです。


その哀しき本性を最終決戦のときに、とらに見抜かれます。
ushio1.jpg










 なァ、白面、おめえは何で、
 そういつも見上げた目をしてんだ?





 なぜ、見下さねえ。
 王者ってのは、
 下っ端をそう見るもんだ。




 それが、おめえは、ずっと下から
 睨めあげてる。

 こいつの目はな、嫉妬の目だ!
 
 獣の槍を使う
 蒼月潮が
 連れてくる・・・




ushio2.jpg
 すべての陽の存在!
 それがうらやましくて、
 そして何よりも



 恐ろしいんだろォ
 白面!












 ・・・・・・・
 その・・・とおり・・・
 そのとおりだアアア!
 
 我は憎む!
 光あるものを!
 生命を、人間を!!
 人間と和合する妖を!

 何故 我は陰に、
 闇に生まれついた・・・



ushio3.jpg 国々が、まだ形の定まらぬ
 「気」であった時、

 澄んだ清浄な「気」は
 上に昇って人となり・・・

 濁った邪な「気」は
 下にたまって・・・
 
 我になった・・・

 キレイダナア・・・

 ナンデ ワレハ
 アアジャナイ・・・

 ナンデ ワレハ

 ニゴッテイル・・・!?

 

 













心の中をあばかれた白面の者は、うしおととらに討たれてついに最期を迎えます。人間に凄まじい災いをもたらした白面の者でしたが、その本性は「果てしなき憎しみ」にとらわれた哀しい存在でもありました。


最後に、哀しすぎるラスボスとして、『幽☆遊☆白書』(冨樫義博、1990年〜1994年)の仙水 忍も挙げます。
sensui.jpg


私は、この仙水編が本当に好きです。迫力あるバトル描写で単純に面白いのですが、その一方で
人間が持つドス黒さ、哀しさ、そして美しさがすべて表現されていて、
文学作品に匹敵するほどの完成度だと思います。



★関連記事
マンガレビュー一覧

posted by すぱあく at 08:01| Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

永井謙佑速すぎっ!! まるで『GIANT KILLING』の椿大介みたい

nagai.jpgロンドンオリンピックがついに始まりました。サッカーは男女ともに勝利で幕を開け、他の日本人選手に大きな力を与えました。

なかでも、初戦で優勝候補のスペインを破った男子サッカーのうち、永井謙佑選手の猛烈なスピードには世界中の目が釘付けになったといっても過言ではありません。事実、翌日のニュースはその話で持ち切りでした。

まるで、マンガのような速さで、現実にこういう選手が存在するんだなと単純に感動しました。
彼の走りを見ていると、『GIANT KILLING』(画:ツジトモ、原案:綱本将也、2007年〜)の椿 大介を思い出させます。

『GIANT KILLING』の主人公は、ETU(East Tokyo United)監督の達海 猛ですが、
選手側の主人公といえる存在が椿 大介です。
物語の序盤、彼はプロのトップチームに上がったばかりで、すべてのことに不安で自信が持てないでいました
しかし、持ち前の足の速さがついに開花し、ETUになくてはならないほどの選手に成長していきます。彼の成長物語は、『GIANT KILLING』の魅力のひとつでもあり、大きな感動を与えてくれます。

GIANT KILLING_01.jpg
 合宿中の夜、ひとり練習に励む椿。
 その姿を見て話しかける監督の達海。
 椿の弱さが如実に現れるシーン。


 変わりたいんス






 嫌なんです
 自分のことが昔から・・・

 情けなくて・・・
 自分で自分に腹が立って
 悔しくて・・・

 こんなんじゃ 駄目なの
 わかってんスけど・・・
 でも・・・



このとき達海は、彼らしいアドバイスをします。
「それでいいよお前」  「コンプレックス持ってる奴は強いぜ」
 
そして達海は、椿がかつて所属していた中学、高校、サテライトのコーチたちから、椿がどんな選手だったかを聞いていたことも告げました。
「お前を育てた人達は皆同じようなことを言ったよ」
「10回のうち9回はヘマをするが、
たった1回・・・輝かしいプレーですべての人を魅了する」

「お前に魅せられた人たちが・・・ここまでお前の背中を押したんだ」  「お前の実力だ  椿」


GIANT KILLING_02.jpg
 そのまま行け
 何度でもしくじれ

 その代わり
 一回のプレーで
 観客を酔わせろ
 
 敵のド肝を抜け






 お前ん中の
 ジャイアント・キリングを
 起こせ


 そしてついに、椿が覚醒するときが
 来ます




GIANT KILLING_03.jpg
それはブラジル人トリオを擁する強敵、名古屋グランパレス戦でのこと。
ここで椿は、自分の身に起こった「変化」に気付きます。

これまで試合中は自分のことで精一杯で周りのことがまったく見えなかったのですが、
サポーターの応援、コーチたちの声、ピッチの隅々まで、「見える」ようになったのです。
目の前の世界が大きく広がった瞬間でした。

そして、猛スピードで敵陣のゴールに向かってドリブルする椿。
もう観客も、敵もド肝を抜かれています。

まさに永井選手もこれと同じでした。


その突進をくい止めようと、ブラジル人選手のカルロスが立ちはだかります。









GIANT KILLING_04.jpg
あわやピンチかと、焦るETU陣営。
しかし達海は、椿のすべてを信頼していました。


 行っちまえ




 見せつけてやれ

 お前の才能を










GIANT KILLING_05.jpg


GIANT KILLING_06.jpg
一流の選手はよく「試合を楽しみたい」と言います。
しかし、これは高みに上った人だけが味わえる境地だと思います。

まだまだ発展途上の人間は、辛くて長く、果ての見えない研鑽を積まなければなりません。

その長い道を乗り越えた人間こそ、「楽しめる」境地に辿り着くことができるのではないでしょうか。

椿 大介がようやくその一歩に辿り着いた瞬間でした。



オリンピックにまで辿り着くことができた選手たち。ぜひ試合を楽しんでもらいながら、いい結果を多く出してもらいたいと願っています。




★関連記事
マンガレビュー一覧
日本史 年代別記事一覧

<FIFAワールドカップ関連>
・2002年日本・韓国 経済効果(中国語)  バットマン宮本恒靖
・2010南アフリカ ワールドカップに見る宗主国と植民地の関係
・2014年ブラジル オランダ人にとって特別なオレンジ色
・2018年ロシア 中国企業のスポンサー料は約900億円
ラベル:スポーツ
posted by すぱあく at 12:50 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

『超時空要塞マクロス』30周年

30周年を迎えた『超時空要塞マクロス』
新シリーズが好調のため、ファーストの方も見直されています。
makurosu.jpg


ファーストは私も子供のときに見ていました。その頃は当然わからなかったけど、このアニメはかなり「大人の事情」に翻弄された作品でした

まず、放映時間が昼の2時ってなんだよ? 誰を対象にしているの?
でも、そこしか枠が取れなかった大人の事情がきっとあるんでしょうね

また、アニメ後半の作画の酷さときたら・・・。紙芝居かと思うほどカクカクしていてね。子供でも「大人の仕事って大変なんだな」と思わざるを得ない酷さでした

それでも名作として歴史に名を残しているのは、ストーリー、画質ともにそれまでのロボットアニメとは一線を画するほどクオリティが高かったからです。

今でも記憶に残っているのが、映画版『愛・おぼえていますか』でのマックスとミリアの空中戦



作中最強パイロット同士の空中戦だけあって、息をつく暇もないほどのスリルさでした。あれを超えるシーンを作るのは、今でも難しいのでは。

戦闘シーンで流れたBGM『ドッグファイター』もサイコーでした。この曲も含め、全般的に音楽を担当したのは、なんと羽田健太郎氏。現代音楽界の重鎮です。このキャスティングを見ても、本作がいかに野心的なものであったのかがわかります。


★関連記事
典型的なキャラゲーだったファミコン『マクロス』
・『天空戦記シュラト』の後半作画も崩壊してました ― チーム八部衆で一人だけ有名な阿修羅
マンガレビュー一覧
音楽レビュー一覧


超時空要塞マクロス Blu-ray Box

新品価格
¥32,603から
(2020/7/8 08:02時点)





超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか [Blu-ray]

新品価格
¥4,245から
(2020/7/8 08:03時点)


posted by すぱあく at 01:00 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

巨体キャラ=かませ犬ポジションの考察

bison2.jpg日本のマンガやアニメでは、巨体キャラ=かませ犬ポジションというものが多いように感じます。
最近のアニメでは、『TIGER & BUNNY』ロック・バイソンですかね。見ていて可哀そうなぐらい、かませ犬テンプレートが導入されていました。

昔のマンガでいえば、獣王クロコダイン『ダイの大冒険』)が極め付けではないでしょうか。
そのかませ犬っぷりは、もはやレジェンドと化しています。

さて、なぜ、かくも巨体キャラは不遇なのでしょうか。
以下、考察してみます。


@体の小さい日本人のコンプレックスの裏返し
日本人は体が小さいです。ですから、終戦後に体の大きなアメリカ兵を見たときは、さぞかしコンプレックスを抱いたでしょう。しかも体格だけでなく、文化水準、経済力、戦力など、すべてが劣っていたのです。

rikidozan.jpgそこで「マンガやフィクションの世界ぐらい、日本人が勝ってもよかんべぇ」と思ったのかもしれません。
その代表的なものが、プロレスにおける力道山でした。プロレスはどちらかというとフィクションに近いスポーツだと思います。
小柄の力道山が、身体の大きい外国人レスラーをばったばったと倒していくシーンに敗戦で自信を喪失していた日本国民は熱狂します。

以後、マンガの世界でも同様の現象が続き、今に至っているのではないでしょうか。


A巨体は丈夫そうなので、強敵にフルボッコされてもPTAから苦情が来にくい

croc.jpegでは、終戦から65年以上も経ち、日本人の存在感も以前より上がってきているのに、今なお巨体キャラが不遇なのはなぜでしょうか。
それは「表現の問題」という側面からだと思われます。

マンガとはいえ、暴力シーンが甚だしいとPTAあたりから苦情が来ます。今はとくに表現の規制が厳しくなっています。
そんななか、巨体キャラは頑丈そうなため、いくら叩きのめされても、
「まぁ、多分大丈夫なんだろう」と思われ、苦情が来にくい感じがします。
強敵たちの「試し切り」のような役割も担っており、ますます不遇です。
クロコダイン、何度やられても死にません(泣)


他のマンガでも「巨体キャラ=かませ犬ポジション」は多く、長い時間をかけてテンプレート化した感があります。
bigmen.jpg

●マンモス西:『あしたのジョー』(高森朝雄:原作、ちばてつや:画、1967年〜1973年)
初期の「巨体キャラ=かませ犬ポジション」。当初はジョーのライバル的存在でしたが、どんどんダメキャラになってしまいました。でも最終的には、のりちゃんと結婚できたからいいか。関西弁

●中西くん:『キャプテン翼』(高橋陽一、1981年〜1988年)
翼くんのシュートを巨体でブロックするという離れ業を披露した中西くん。でも「動きが鈍い」という弱点が露呈してシュートされる始末。彼も関西弁。彼らのせいで「巨体キャラ=かませ犬ポジション+関西弁」というイメージも強いです。

●アルデバラン:『聖闘士星矢』(車田正美、1985年〜1990年)
牡牛座の黄金聖闘士。強敵が襲来すると、真っ先にやられてしまう典型的な「巨体キャラ=かませ犬ポジション」。蟹座(デスマスク)、魚座(アフロディーテ)と並んで不人気の黄金聖闘士でした。

●ハート様:『北斗の拳』(武論尊:原作、原哲夫:画、1983年〜1988年)
存在感が大きく人気の高い悪役キャラです。近年のゲーム等では「ハート様」が正式名称になるほど愛されています。ちなみに、『北斗の拳』には「山のフドウ」という巨体キャラもいましたが、彼もラオウのかませ犬になってしまいました。


最後に巨体キャラの名誉のために言っておくと、活躍した巨体キャラだってちゃんといたんです。
『ドカベン』の山田太郎や岩鬼、『巨人の星』の左門豊作、『シティハンター』の海坊主とか。でも数では、圧倒的に「かませ犬」が多いですね。

posted by すぱあく at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

また爆笑必至!! 『テニスの王子様』で好きな技

王道スポーツ漫画というよりは、限りなく『キン肉マン』に近いテニス漫画・・・
それが『テニスの王子様』です。

また爆笑必至のスレ紹介。テニスの王子様で好きな技です。

『テニスの王子様』は大ヒットして、アニメ化、映画化(アニメ&実写)、舞台化までしたので存在自体は多くの方が知っているでしょう。
しかし、その驚愕の内容までご存知の方は限られていると思います。

本作品は連載初期こそ王道スポーツ漫画でしたが、ストーリーが進むにつれ「週刊少年ジャンプ」漫画の常で、どんどんバトル漫画に変質し、現在『ジャンプスクエア』で連載中の『新テニスの王子様』に至っては、特殊な能力を持ったプレイヤー同士がテニスで戦うハイパーバトルアクションになっています。

その驚愕の内容の一端をご覧ください。

 空に吹っ飛ばされたり・・・tennis01.jpg














 金網に磔にされたり・・・tennis02.jpg

















 分身したり・・・tennis03.jpg














 恐竜を召喚したり・・・tennis04.jpg











まぁ、何でもありというわけです。これはほんの一端で、その他にも天気予報能力、幻覚発動能力、浮遊能力、変身能力、波動球、レントゲン、風林火山、シンクロ、手塚ゾーンなどなど、書いている自分がもしかしたら発狂したのかな?、と思ってしまうほど奇妙奇天烈な能力者揃いです。

何より作者の許斐剛先生がこのノリを最大限に楽しんでいるため、ハイパーバトルアクションへの突き抜け方はハンパないです。
皆様もぜひ、歴史の目撃者になってみてください。


★外部リンク
『テニスの王子様』レビュー(カフェオレライターさん)・・・毎回ゲラゲラ笑わせてもらっています。

『テニスボーイ』レビュー(BLACK徒然草さん)・・・『テニスボーイ』は70年代後半〜80年代前半に「週刊少年ジャンプ」で連載していた『テニスの王子様』とほぼ同格のクレイジーテニス漫画。レビュー後編の世界大会は爆笑モノですよ。


posted by すぱあく at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

爆笑必至!! キン肉マンの理不尽な点を強引に解釈するスレ

説明不要だと思いますが『キン肉マン』は矛盾に満ちたマンガです。
あれだけ物語の整合性を無視しきって大ヒットできたマンガは、後にも先にもこれだけだと思います。

そんななか、「キン肉マンの理不尽を強引に説明しちゃうスレ」というのがありました。
肉ファンは爆笑必至です!!

読んでいて「なるほど、そうだったのか。うん、そうかもしれんな」とうなずいたものがあったので、一部紹介します。


Q:初期のころはほとんどの超人が飛べたのに途中からほとんどの超人が飛べなくなったのはなぜ?
A:ウルトラマンやスーパーマンみたいな飛び方してないから解りづらいけど普通に飛行能力は使ってる。
ていうか飛んでなきゃキン肉ドライバーとかまず使えないから


Q:宇宙人(キン肉星人)であるキン肉マンが日本代表なのはなぜ?
不法滞在だから国籍を取得してるとも思えない。そういえば、公共施設である公園に住居を構えるのも違法だ

A:超人の元祖といえるスーパーマンも他の星出身ですが、アメリカを愛し、アメリカ人としてアメリカの為に戦っています。
超人オリンピックに出場する超人たちも同じように滞在国への愛と誇りのために
戦っているので、各国代表として認められているのです



Q:なぜアタルは王位争奪戦が終わってもソルジャーのマスクなの?
A:勿論、盗んだマスクが純粋に気に入ったからです。
ヒゲのような謎のオプションまでつけてまで長年使い続けてるんですから、相当な愛情を感じますね。


reo.jpg
↑↑マンガ史に残る1ページ

小学生のときこれを見て衝撃を受けました。ビッグボディチームの存在って一体何だったんだ?


posted by すぱあく at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする