2013年07月18日

罪作りな奴だぜ、民明書房

前回の記事で、サッカーの語源について以下のように述べました。
「手を使うことを禁止する」ルールを主張していたイングランドのパブリックスクールによって、フットボール・アソシエーション(Football Association)が設立され、こうしたフットボールを「協会式フットボール」(Association Football)と呼ぶようになった。その省略形soc に「人」を意味する -er をつけたものが soccer の語源であり、1880年代頃から使われているといわれている。(wikipediaより)

raiden.jpgしかし、これは間違いでした。
正しくは、雷電先生がご存じです。











minmei.jpg古代中国、春秋戦国時代。趙の国は、北方の異民族の侵攻に脅かされていた。大軍で向かっても馬を自在に操る異民族に、蹴散らされる有様だった。

そこで趙の将軍・飛桂は、刃を仕込んだ球体を開発し、これを馬上の敵兵に目がけて蹴る戦法を考案。この戦法は見事に的中し、異民族の侵攻を食い止めたという。

後に、この戦法は暗殺拳・殺苛阿(さっかあ)として発展を遂げることになる。

なお、これまでサッカーの起源は19世紀のイギリスで発祥したと考えられてきたが、
最近では殺苛阿(さっかあ)の名前でもわかるとおり、古代中国が起源であるという説が有力である

民明書房刊『スポーツ起源異聞』より

さすがは民明書房。ちゃんとAmazonでも販売しています。

民明書房大全 (ジャンプコミックス デラックス)

中古価格
¥2,800から
(2020/5/23 00:10時点)





★関連記事
・『魁! ! 男塾』de 英語・中国語フレーズ A  B  C
北綾瀬駅、千代田線の本線に直結予定
マンガレビュー一覧


魁! ! 男塾 文庫版 コミック 全20巻完結セット (集英社文庫?コミック版)

中古価格
¥5,120から
(2020/5/23 00:12時点)





マンガの宅配レンタル!巻数がある名作の一気読みに最適。返却は郵便局やコンビニなどで!

ラベル:スポーツ
posted by すぱあく at 22:00 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

口元だけを出しているキャラの分析

前回の「口元を隠すキャラ」とは逆に、今回は「口元だけを出しているキャラ」の分析をしてみたいと思います。

いろいろ出してみましたが、性格面での共通点はあまりないようです。

ただ、あえて共通点を上げるとすれば、
顔を隠すには何らかの理由があり、過去や素性が謎に包まれているケースが多いということですね。
それだけ、物語の重要な位置を占めるキャラクターがほとんどです。

mask-men.jpg


●ベルク・カッツェ:『科学忍者隊ガッチャマン』(タツノコプロ、1972年〜1974年)
存在感バツグンの悪役。オカマで不利になるとスタコラ逃げる。そのくせIQ280の超天才。しかし、その正体は人工的に作られた雌雄同体のミュータントという哀しい存在でもありました。今夏の実写版では誰がやるんでしょう? この役。


●学帽政(がくぼう・まさ):『私立極道高校』(宮下あきら、1979年)、『激!!極虎一家』(同、1980年〜1982年)
つねに学帽を被っていますが、素顔も二枚目の男のなかの男。一応高校生ですが、ほとんど抗争に明け暮れています。武道館で開催した全国の不良が集まる『全日本突張大会』は爆笑モノです。基本はギャグマンガです。


●シャア・アズナブル:『機動戦士ガンダム』(サンライズ、1979年〜1980年)
「口元だけを出しているキャラ」の代表選手。素顔を隠しているのは、父を暗殺したザビ家に復讐するため。そして、ザビ家が牛耳るジオン軍に入隊し、大佐まで昇り詰めます。ガルマとキシリアを暗殺し、本懐を遂げます。
 関連記事 ・大人の視点1 ガンダムのドレン


●星 紅(ほし・くれない):『吼えろペン』島本和彦、 2000年〜2004年)
こんな恰好をしていますが女性です。しかも、大手出版社のマンガ編集部デスクで、超有能なキャリアウーマン。仕事だけでなく、戦闘力もかなり高く、飛びひざ蹴りの威力は絶大・・・。って何のマンガだ、これ?


●赤影:『仮面の忍者 赤影』(横山光輝、1967年〜1968年)
何度もドラマ・映画・アニメ化した日本を代表する忍者マンガの主人公です。マンガ版は割と正統派ですが、実写版には怪獣やUFOまで登場し、もう何でもありです。


●宮本恒靖(みやもと・つねやす):元サッカー日本代表、1995年〜2011年
2002年日韓ワールドカップのときのツネ様。負傷した鼻をガードするために付けたマスクですが、インパクト絶大でしたね。素がイケメンのため、マスク姿までイケメン。この姿によって、欧州にも女性ファンが増えたというから凄すぎます。
 関連記事 ・2002年日韓ワールドカップの経済効果


●ライダーマン:『仮面ライダーV3』(東映、1973年〜1974年)
秘密結社デストロンの科学者だった結城丈二が改造された姿。他のライダーと異なり、腕の部分だけが改造されています。そのため、ライダーの中では弱い方。怪人相手に苦戦することもありました。


●ブロッケンJr.:『キン肉マン』(ゆでたまご、1979年〜1987年)
ブロッケン一族は生まれたときは人間で、一人前と認められた者がドクロの徽章を付けて超人になります。そのため徽章を外すと人間に戻ってしまいます。以上、これらはゆでたまご先生お得意の「後付け」ってやつです。


●サイクロップス:『X-MEN』(マーベル・コミック、1963年〜)
アメコミのほとんどが「口元だけを出しているキャラ」なんですが、代表してXメンのリーダーに登場願いました。事故の影響で常に眼から光線を出っ放しになったので、サングラスを常時かけています。


●志々雄真実:『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(和月伸宏、1994年〜1999年)
幕末の頃は長州派の志士でしたが、味方から危険視され暗殺されかかります。全身に大火傷を負いながらも生き延び、維新後は明治政府を転覆させるため一大組織を創設しました。凄まじい戦闘力の持ち主です。


★関連記事
マンガ分析シリーズ
ラベル:スポーツ 忍者
posted by すぱあく at 14:20 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

永井謙佑速すぎっ!! まるで『GIANT KILLING』の椿大介みたい

nagai.jpgロンドンオリンピックがついに始まりました。サッカーは男女ともに勝利で幕を開け、他の日本人選手に大きな力を与えました。

なかでも、初戦で優勝候補のスペインを破った男子サッカーのうち、永井謙佑選手の猛烈なスピードには世界中の目が釘付けになったといっても過言ではありません。事実、翌日のニュースはその話で持ち切りでした。

まるで、マンガのような速さで、現実にこういう選手が存在するんだなと単純に感動しました。
彼の走りを見ていると、『GIANT KILLING』(画:ツジトモ、原案:綱本将也、2007年〜)の椿 大介を思い出させます。

『GIANT KILLING』の主人公は、ETU(East Tokyo United)監督の達海 猛ですが、
選手側の主人公といえる存在が椿 大介です。
物語の序盤、彼はプロのトップチームに上がったばかりで、すべてのことに不安で自信が持てないでいました
しかし、持ち前の足の速さがついに開花し、ETUになくてはならないほどの選手に成長していきます。彼の成長物語は、『GIANT KILLING』の魅力のひとつでもあり、大きな感動を与えてくれます。

GIANT KILLING_01.jpg
 合宿中の夜、ひとり練習に励む椿。
 その姿を見て話しかける監督の達海。
 椿の弱さが如実に現れるシーン。


 変わりたいんス






 嫌なんです
 自分のことが昔から・・・

 情けなくて・・・
 自分で自分に腹が立って
 悔しくて・・・

 こんなんじゃ 駄目なの
 わかってんスけど・・・
 でも・・・



このとき達海は、彼らしいアドバイスをします。
「それでいいよお前」  「コンプレックス持ってる奴は強いぜ」
 
そして達海は、椿がかつて所属していた中学、高校、サテライトのコーチたちから、椿がどんな選手だったかを聞いていたことも告げました。
「お前を育てた人達は皆同じようなことを言ったよ」
「10回のうち9回はヘマをするが、
たった1回・・・輝かしいプレーですべての人を魅了する」

「お前に魅せられた人たちが・・・ここまでお前の背中を押したんだ」  「お前の実力だ  椿」


GIANT KILLING_02.jpg
 そのまま行け
 何度でもしくじれ

 その代わり
 一回のプレーで
 観客を酔わせろ
 
 敵のド肝を抜け






 お前ん中の
 ジャイアント・キリングを
 起こせ


 そしてついに、椿が覚醒するときが
 来ます




GIANT KILLING_03.jpg
それはブラジル人トリオを擁する強敵、名古屋グランパレス戦でのこと。
ここで椿は、自分の身に起こった「変化」に気付きます。

これまで試合中は自分のことで精一杯で周りのことがまったく見えなかったのですが、
サポーターの応援、コーチたちの声、ピッチの隅々まで、「見える」ようになったのです。
目の前の世界が大きく広がった瞬間でした。

そして、猛スピードで敵陣のゴールに向かってドリブルする椿。
もう観客も、敵もド肝を抜かれています。

まさに永井選手もこれと同じでした。


その突進をくい止めようと、ブラジル人選手のカルロスが立ちはだかります。









GIANT KILLING_04.jpg
あわやピンチかと、焦るETU陣営。
しかし達海は、椿のすべてを信頼していました。


 行っちまえ




 見せつけてやれ

 お前の才能を










GIANT KILLING_05.jpg


GIANT KILLING_06.jpg
一流の選手はよく「試合を楽しみたい」と言います。
しかし、これは高みに上った人だけが味わえる境地だと思います。

まだまだ発展途上の人間は、辛くて長く、果ての見えない研鑽を積まなければなりません。

その長い道を乗り越えた人間こそ、「楽しめる」境地に辿り着くことができるのではないでしょうか。

椿 大介がようやくその一歩に辿り着いた瞬間でした。



オリンピックにまで辿り着くことができた選手たち。ぜひ試合を楽しんでもらいながら、いい結果を多く出してもらいたいと願っています。




★関連記事
マンガレビュー一覧
日本史 年代別記事一覧

<FIFAワールドカップ関連>
・2002年日本・韓国 経済効果(中国語)  バットマン宮本恒靖
・2010南アフリカ ワールドカップに見る宗主国と植民地の関係
・2014年ブラジル オランダ人にとって特別なオレンジ色
・2018年ロシア 中国企業のスポンサー料は約900億円
ラベル:スポーツ
posted by すぱあく at 12:50 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

『超時空要塞マクロス』30周年

30周年を迎えた『超時空要塞マクロス』
新シリーズが好調のため、ファーストの方も見直されています。
makurosu.jpg


ファーストは私も子供のときに見ていました。その頃は当然わからなかったけど、このアニメはかなり「大人の事情」に翻弄された作品でした

まず、放映時間が昼の2時ってなんだよ? 誰を対象にしているの?
でも、そこしか枠が取れなかった大人の事情がきっとあるんでしょうね

また、アニメ後半の作画の酷さときたら・・・。紙芝居かと思うほどカクカクしていてね。子供でも「大人の仕事って大変なんだな」と思わざるを得ない酷さでした

それでも名作として歴史に名を残しているのは、ストーリー、画質ともにそれまでのロボットアニメとは一線を画するほどクオリティが高かったからです。

今でも記憶に残っているのが、映画版『愛・おぼえていますか』でのマックスとミリアの空中戦



作中最強パイロット同士の空中戦だけあって、息をつく暇もないほどのスリルさでした。あれを超えるシーンを作るのは、今でも難しいのでは。

戦闘シーンで流れたBGM『ドッグファイター』もサイコーでした。この曲も含め、全般的に音楽を担当したのは、なんと羽田健太郎氏。現代音楽界の重鎮です。このキャスティングを見ても、本作がいかに野心的なものであったのかがわかります。


★関連記事
典型的なキャラゲーだったファミコン『マクロス』
・『天空戦記シュラト』の後半作画も崩壊してました ― チーム八部衆で一人だけ有名な阿修羅
マンガレビュー一覧
音楽レビュー一覧


超時空要塞マクロス Blu-ray Box

新品価格
¥32,603から
(2020/7/8 08:02時点)





超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか [Blu-ray]

新品価格
¥4,245から
(2020/7/8 08:03時点)


posted by すぱあく at 01:00 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

巨体キャラ=かませ犬ポジションの考察

bison2.jpg日本のマンガやアニメでは、巨体キャラ=かませ犬ポジションというものが多いように感じます。
最近のアニメでは、『TIGER & BUNNY』ロック・バイソンですかね。見ていて可哀そうなぐらい、かませ犬テンプレートが導入されていました。

昔のマンガでいえば、獣王クロコダイン『ダイの大冒険』)が極め付けではないでしょうか。
そのかませ犬っぷりは、もはやレジェンドと化しています。

さて、なぜ、かくも巨体キャラは不遇なのでしょうか。
以下、考察してみます。


@体の小さい日本人のコンプレックスの裏返し
日本人は体が小さいです。ですから、終戦後に体の大きなアメリカ兵を見たときは、さぞかしコンプレックスを抱いたでしょう。しかも体格だけでなく、文化水準、経済力、戦力など、すべてが劣っていたのです。

rikidozan.jpgそこで「マンガやフィクションの世界ぐらい、日本人が勝ってもよかんべぇ」と思ったのかもしれません。
その代表的なものが、プロレスにおける力道山でした。プロレスはどちらかというとフィクションに近いスポーツだと思います。
小柄の力道山が、身体の大きい外国人レスラーをばったばったと倒していくシーンに敗戦で自信を喪失していた日本国民は熱狂します。

以後、マンガの世界でも同様の現象が続き、今に至っているのではないでしょうか。


A巨体は丈夫そうなので、強敵にフルボッコされてもPTAから苦情が来にくい

croc.jpegでは、終戦から65年以上も経ち、日本人の存在感も以前より上がってきているのに、今なお巨体キャラが不遇なのはなぜでしょうか。
それは「表現の問題」という側面からだと思われます。

マンガとはいえ、暴力シーンが甚だしいとPTAあたりから苦情が来ます。今はとくに表現の規制が厳しくなっています。
そんななか、巨体キャラは頑丈そうなため、いくら叩きのめされても、
「まぁ、多分大丈夫なんだろう」と思われ、苦情が来にくい感じがします。
強敵たちの「試し切り」のような役割も担っており、ますます不遇です。
クロコダイン、何度やられても死にません(泣)


他のマンガでも「巨体キャラ=かませ犬ポジション」は多く、長い時間をかけてテンプレート化した感があります。
bigmen.jpg

●マンモス西:『あしたのジョー』(高森朝雄:原作、ちばてつや:画、1967年〜1973年)
初期の「巨体キャラ=かませ犬ポジション」。当初はジョーのライバル的存在でしたが、どんどんダメキャラになってしまいました。でも最終的には、のりちゃんと結婚できたからいいか。関西弁

●中西くん:『キャプテン翼』(高橋陽一、1981年〜1988年)
翼くんのシュートを巨体でブロックするという離れ業を披露した中西くん。でも「動きが鈍い」という弱点が露呈してシュートされる始末。彼も関西弁。彼らのせいで「巨体キャラ=かませ犬ポジション+関西弁」というイメージも強いです。

●アルデバラン:『聖闘士星矢』(車田正美、1985年〜1990年)
牡牛座の黄金聖闘士。強敵が襲来すると、真っ先にやられてしまう典型的な「巨体キャラ=かませ犬ポジション」。蟹座(デスマスク)、魚座(アフロディーテ)と並んで不人気の黄金聖闘士でした。

●ハート様:『北斗の拳』(武論尊:原作、原哲夫:画、1983年〜1988年)
存在感が大きく人気の高い悪役キャラです。近年のゲーム等では「ハート様」が正式名称になるほど愛されています。ちなみに、『北斗の拳』には「山のフドウ」という巨体キャラもいましたが、彼もラオウのかませ犬になってしまいました。


最後に巨体キャラの名誉のために言っておくと、活躍した巨体キャラだってちゃんといたんです。
『ドカベン』の山田太郎や岩鬼、『巨人の星』の左門豊作、『シティハンター』の海坊主とか。でも数では、圧倒的に「かませ犬」が多いですね。

posted by すぱあく at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

また爆笑必至!! 『テニスの王子様』で好きな技

王道スポーツ漫画というよりは、限りなく『キン肉マン』に近いテニス漫画・・・
それが『テニスの王子様』です。

また爆笑必至のスレ紹介。テニスの王子様で好きな技です。

『テニスの王子様』は大ヒットして、アニメ化、映画化(アニメ&実写)、舞台化までしたので存在自体は多くの方が知っているでしょう。
しかし、その驚愕の内容までご存知の方は限られていると思います。

本作品は連載初期こそ王道スポーツ漫画でしたが、ストーリーが進むにつれ「週刊少年ジャンプ」漫画の常で、どんどんバトル漫画に変質し、現在『ジャンプスクエア』で連載中の『新テニスの王子様』に至っては、特殊な能力を持ったプレイヤー同士がテニスで戦うハイパーバトルアクションになっています。

その驚愕の内容の一端をご覧ください。

 空に吹っ飛ばされたり・・・tennis01.jpg














 金網に磔にされたり・・・tennis02.jpg

















 分身したり・・・tennis03.jpg














 恐竜を召喚したり・・・tennis04.jpg











まぁ、何でもありというわけです。これはほんの一端で、その他にも天気予報能力、幻覚発動能力、浮遊能力、変身能力、波動球、レントゲン、風林火山、シンクロ、手塚ゾーンなどなど、書いている自分がもしかしたら発狂したのかな?、と思ってしまうほど奇妙奇天烈な能力者揃いです。

何より作者の許斐剛先生がこのノリを最大限に楽しんでいるため、ハイパーバトルアクションへの突き抜け方はハンパないです。
皆様もぜひ、歴史の目撃者になってみてください。


★外部リンク
『テニスの王子様』レビュー(カフェオレライターさん)・・・毎回ゲラゲラ笑わせてもらっています。

『テニスボーイ』レビュー(BLACK徒然草さん)・・・『テニスボーイ』は70年代後半〜80年代前半に「週刊少年ジャンプ」で連載していた『テニスの王子様』とほぼ同格のクレイジーテニス漫画。レビュー後編の世界大会は爆笑モノですよ。


posted by すぱあく at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする