2015年03月14日

テラフォーマーズ来襲!!!

テラフォーマーズ(火星人)、地球に来ちゃいました!!!どうすんだ、これ?

terafo_syurai.jpg



★関連記事
「コスモス」 ― 国家という枠組みを超越した一族
「もう 嘘をつかないで生きよう」(アドルフ・ラインハルト)
『テラフォーマーズ』(※英語・中国語で紹介)
マンガレビュー一覧


テラフォーマーズ コミック 1-16巻セット (ヤングジャンプコミックス)

新品価格
¥8,882から
(2016/5/3 08:10時点)


posted by すぱあく at 08:00 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

激闘! 強者 VS 強者!!

「ライオンとゾウが闘ったらどっちが勝つのかな?」という感じの強者 VS 強者のハイパーバトルを集めてみました。サブキャラ同士がこうした凄まじいバトルを繰り広げると、物語はぐわっと盛り上がります。

ウォーズマン VS バッファローマン 『キン肉マン』11巻(ゆでたまご、1979年〜1987年)
今となっては「ウォーズマンが強者ぁ?」というポジションですが、私がリアルタイムで読んでいた小学生の頃、ウォーズマンは鬼のような強さを誇っていました。それだけに、ウォーズマンを凌駕するバッファローマンの強さを目の当たりにしたときは、一体このバトルどうなるんだと興奮したものです。
kinnikuman01.jpg

さらに、このバトルでは、有名な「ゆでたまご理論」が登場します。
kinnikuman02.jpgベアークロー二刀流で100万パワー+100万パワーで200万パワー!!

いつもの2倍のジャンプがくわわって200万×2の400万パワーっ!!

そしていつもの3倍の回転をくわえれば400万×3の…

バッファローマン、おまえをうわまわる1200万パワーだーっ!!


えぇ、もちろんあり得ないですよ。
でもさ、こういうムチャクチャな理論でカベを突破してしまう『キン肉マン』ってマンガ素敵じゃない? 
大人になると、四方八方が“正論”という名のカベだらけになるわけだし。



リゾット VS ドッピオ(ディアボロ)
ジョジョの奇妙な冒険 第5部『黄金の風』58巻59巻(荒木飛呂彦、1995年〜1999年)
両者とも主人公の敵に当たります。つまり、敵 VS 敵の構図なわけです。普通のマンガでは滅多に見られないこうしたバトルがあるから、熱狂的なジョジョファンが生まれるんですね。しかも、2人ともカッコいいんだ。
jojo-battle.jpg
リゾットはマフィア「パッショーネ」の暗殺チームのリーダー。暗殺という危険な仕事をしても見返りがないので、組織に反旗を翻します。

そして、その組織のボスがディアボロ。ディアボロはドッピオという別の人格も持っており、ドッピオのときは体型まで子供になります。まっ、そこはマンガだから。

『ジョジョの奇妙な冒険』(※英語・中国語で紹介)
上遠野 浩平 『恥知らずのパープルヘイズ』
ナランチャから生きる勇気をもらった









かぐや VS 鬼丸 『YAIBA』13巻(青山剛昌、1988年〜1993年)
こちらも主人公の敵 VS 敵の構図。元々、主人公・YAIBAとライバル・鬼丸が壮絶なバトルを繰り広げていましたが、そこに月からの侵略者・かぐやが登場。圧倒的なパワーで地球を我が物にせんと立ちはだかります。作者の青山剛昌は『名探偵コナン』があまりにも有名ですが、それ以前にもこのヒット作があったということ、チビッ子は知らないかも。
yaiba02.jpg




大神魔王パズス VS 魔王サタン 『ゴッドサイダー』6巻(巻来功士、1987年〜1988年)
pazusu_vs_satan02.jpgこちらも主人公の敵 VS 敵の構図。1億年前、魔王サタンに敗れた古代バビロニアの大神魔王パズスが雪辱に燃えて現代に復活。そしたら、地下に封印されていた魔王サタンまで復活!! なんの冗談だと思えるほどの、まさにラスボス VS ラスボスみたいなバトルが勃発。昔のマンガって、ストーリー展開が超強引で、整合性なんかあんまりなかったけど、こういうムチャクチャなノリがあったんですよね〜。いずれにしても、巻き込まれる人間社会はたまったもんじゃありません。



pazusu_vs_satan.jpg




ゴルゴ13 VS ライリー 『ゴルゴ13』104巻(さいとう・たかを、1968年〜)
ライリーは米国国防総省(ペンタゴン)が人工的に生み出したバイオニック・ソルジャー。優秀な兵士を父に、世界的なアスリートを母に持つ試験管ベビーです。驚異的な運動能力を持ち、さらにドーピングを施すことで、ゴルゴ13に匹敵する能力を得ています。実際、ゴルゴ13の銃弾をかわし、さらに反撃してゴルゴ13に傷を負わせています。おそらくこんなバトルができたのは45年を超える連載で彼だけでしょう。
 ・『ゴルゴ13』(※英語・中国語で紹介)

golgo13-01.jpg  golgo13-02.jpg



渺茫 VS ジョンス・リー 『エアマスター』16巻17巻22巻(柴田ヨクサル、1997年〜2006年)
air-mastar01.jpg両者とも常識外れの達人。渺茫(びょうぼう)は、数百年に及ぶ歴戦のファイターたちの霊が乗り移っている訳のわからない存在。
一方、ジョンス・リーは八極拳の使い手で、吹っ飛ばした相手でコンクリートを突き破るほど、こちらも訳のわからない強さを持っています。

闘っている間に2人が交わすセリフがいちいちアツくて、アドレナリンが大量分泌されます。
「どんな人間でも“安いプライド”があれば“戦える”んだ
何とだって! おまえとだって!!」
(ジョンス・リー)

air-mastar02.jpg  air-mastar03.jpg




セラス VS 大尉 『HELLSING』9巻(平野耕太、1998年〜2009年)
HELLSING-battle01.jpgセラスは元は人間の婦警でしたが、今は吸血鬼。大尉も元は人間のナチスドイツ軍人でしたが、今は人狼(ヴェアヴォルフ)。要するに、人外同士のハイパーバトルです。人狼に変身した後の大尉は、反則級の強さになります。

口元を隠すキャラは忍者やアサシン属性が多い




HELLSING-battle02.jpg  HELLSING-battle03.jpg



リヴィオ・ザ・ダブルファング VS エレンディラ・ザ・クリムゾンネイル
『トライガン・マキシマム』13巻(内藤泰弘、1997年〜2007年)
trigun01.jpgリヴィオもエレンディラも主人公の敵キャラクター。後にリヴィオは主人公の仲間になり、エレンディラとバトルします。
エレンディラは美しい女性に見えますがオカマで、ムチャクチャなレベルの強さを持っています。スーツケース型のネイルカノンという武器を使い、巨大な釘を無数に放ちます。どんな仕組みなんだ、この武器?
苦戦するリヴィオでしたが、別人格のラズロが登場し反撃に転じます。


trigun02.jpg  trigun03.jpg



王騎 VS 龐煖 『キングダム』16巻(原泰久、2006年〜)
kingdom01.jpg秦国六大将軍の一人として、中華全土を揺るがすほどの強さを誇った王騎(おう き)。そこに彼をも上回る恐るべき強さを持った龐煖(ほう けん)が敵の総大将として登場します。二人はかつて相まみえた因縁の敵同士。「我、武神なり」と言う龐煖の強さは、まさに神がかり的。ですが、王騎も互角に渡り合います。しかし、敵軍最強の軍師・李牧が放つ策略が王騎に襲いかかり・・・。

秦の丞相・呂不韋が主人公の『奇貨居くべし』
『キングダム』と『項羽と劉邦』、両方に登場する人物
復元された銅車馬の精巧さに燃える「始皇帝と大兵馬俑」

kingdom02.jpg



ケニー・アッカーマン VS リヴァイ兵士長 『進撃の巨人』14巻(諫山創、2009年〜)
shingeki-01.jpg調査兵団の兵士長リヴァイは、一瞬で巨人2体を倒す「人類最強の戦士」。そんなリヴァイを追い詰める存在が突如登場し、読者を驚かせます。しかも、二人はよく知る存在。どうやら、ケニーはリヴァイのゴロツキ時代の師匠筋に当たる模様。
ベンチャー精神が魅力の『進撃の巨人』

shingeki-02.jpg



★関連記事
マンガレビュー一覧
posted by すぱあく at 10:30 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

文学作品に匹敵する凄さ、マンガ版『デビルマン』

devilman01.jpgアラフォーの男性なら、何かしらの影響を受けているのが『デビルマン』です。悪魔の力を身に付け、人間のために戦うダークヒーロー。しかし、守るべき人間の方が悪だったりして深く苦悩するという、何から何までが異質の作品でした。

多くの人はテーマソングが特徴的だったアニメ版を見ていたでしょうが、今回お話したいのはマンガ版。これがもう文学作品に匹敵するほどの凄さなんですよ


●アニメ版とマンガ版は別物
『デビルマン』という作品は、マンガ原作がアニメ化したものではありません。アニメ版・マンガ版ともに原作は永井豪ですが、1972年に同時スタートし、それぞれが独自のストーリーで進んでいったのです。大別すると、アニメ版は子供を対象とした勧善懲悪のストーリー。一方、マンガ版は大人を対象(当時は少年誌に連載していたんだけどね)にし、ときには人間のドス黒い部分も描き出すいかにも永井豪チックなストーリーでした。

アニメ版は何度も再放送したので、世代を超えて知っている人が多くいます。ところが、マンガ版はリアルタイムで読んだ人を除けば知っている人は少ないでしょう。私も、ずいぶん時代が経ってから読みました。読後はもう放心状態。人生観を大きく揺さぶられた作品のひとつです


●全5巻なのだが・・・100巻読んでいる気分
マンガ版『デビルマン』は全5巻なので、すぐに読み終わります。しかし、ストーリーの濃縮度が凄まじ過ぎます。たとえ『ONE PIECE』100巻でも、この5巻の濃縮度には適いますまい。それほどのものがあります。詳しいストーリーは述べませんが、神話的、黙示録的な世界観が現出します。その迫力は圧倒的ですよ。

本作品は後世のマンガ家たちにも巨大な影響を与えました。『BASTARD』(萩原一至)、『ベルセルク』(三浦建太郎)、『幽遊白書』(冨樫義博)などは、こうした世界観を描きたかったんだろうな〜というのが伝わってきます。しかし、その圧倒的なスケールをまとめ上げることができず、未完に終わっている作品も数多くあります。それを5巻にまとめあげてしまった永井豪の凄さ。先輩が偉大すぎると、後に続く者が大変です。


●敵キャラクターの造形がまた凄い
登場する敵キャラクターで有名なのは、美しき悪魔シレーヌ。ここでは載せませんのググッてください。私が感動するほど驚いたキャラクターは以下。

悪魔王ゼノン
名前も姿も超強そう!こんなのに勝てるのかよ!?って思うほどの迫力。
zenon.jpg

しかし、このお方ですらラスボスではないのです。この上にまだいるんですよ、超常の存在が。それが・・・。
続きはぜひ本編をお読みください。多くの方に、この古典の素晴らしさを知っていただきたいです。


★関連記事
マンガレビュー一覧


デビルマン (完全復刻版) 全5巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

中古価格
¥4,250から
(2014/10/30 06:23時点)


posted by すぱあく at 06:30 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

『風の谷のナウシカ』のナムリス

naushika.jpgちょうど30年前の1984年3月11日に映画『風の谷のナウシカ』が公開されました。
自然の脅威を描いた作品が、奇しくも3月11日に公開されていたんですね

ところで、ナウシカには映画版と原作版(全7巻)があります。原作版2巻までの内容を元に映画版が作られ、映画公開後に3巻以降の原作が再開しました。そのとき、新しい設定が多数加えられたため、内容には結構違いがあります。

さて、私は原作版にしか登場しないナムリスというキャラクターが好きです。終盤に登場するので、知らない人は多いかもしれません。
彼は土鬼(ドルク)諸侯国連合帝国の神聖皇帝。
原作版では、この土鬼帝国と皇女クシャナがいるトルメキアの二大帝国が戦争し、それに風の谷が巻き込まれていくという設定が追加されました。

namuris.jpgナムリスは皇帝でありながら、100年間も実権を弟に奪われてきました。弟には超能力があり、ナムリスにはなかったためです。長年絶望の中にいたナムリスはいつしか狂気に支配され、他人の命は元より自分の命さえどうでもよくなっていました

彼は100歳を超えているのに、顔が若いでしょう。これこそ「命がどうでもよくなった」ことの象徴。不死身のヒドラの肉体を移植して、若返っているのです。この移植手術は成功率が低く、失敗すれば死ぬのですが、彼はその当たりがどうてもよくなっていたため、手術に成功したのです。


そして、実権を奪っていた弟がナウシカに追い詰められたときにとどめを刺し、ついにナムリスは表舞台に登場します。今まで抑圧されていたものがイッ気に噴火するエネルギーは圧倒的。宮崎駿監督が若く最もエネルギッシュだったときの作品ですからね。スゴくて当然です。この部分、映像化してほしいなぁ。

namuris02.jpg
 俺のおそれることは
 ただひとつ

 この血を一度も
 たぎらせることなく
 終わることだ






際立った存在感を放つ悪役のナムリス。まだご存じない方は、ぜひ原作版をお読みください。


★関連記事
マンガレビュー一覧
音楽レビュー一覧


風の谷のナウシカ 【コミックセット】

中古価格
¥1,800から
(2015/1/10 07:48時点)




1984年、安田成美の歌手デビュー作。当時は歌唱力が散々ということで黒歴史化。とはいえ、CD音源で聞くと普通に良い曲。だって作曲は細野晴臣ですもの。

風の谷のナウシカ

新品価格
¥778から
(2014/7/25 14:34時点)




クレモンティーヌによる「風の谷のナウシカ」フランス語カバー(2010年)。シャレオツ過ぎ。これで紅茶を飲んだら、セレブな気分になれます。フランス人がやたらと日本のマンガが好きなのはこういう人のおかげかも。

アニメンティーヌ~Bossa Du Anime~

新品価格
¥2,076から
(2014/7/25 15:04時点)


posted by すぱあく at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

「紅蓮の炎」は氷属性なんだって!?

「紅蓮の炎」の正しい意味を最近知りました。“炎”というけど氷属性なんだって。

酷寒のために皮膚が裂け、血が紅い蓮華の花のように見える様からとのこと。つまり火を使っていないわけです。

この言葉も元は仏教用語。八寒地獄の第七「紅蓮地獄」から来ています
だからイメージカラーはというよりはの方がしっくり来ますね。

そう考えれば、『BLEACH』の日番谷冬獅郎(ひつがや・とうしろう)の必殺技の意味も分かります。彼は氷属性の技を使いますが、卍解(ばんかい)すると『大紅蓮氷輪丸』という大技を出します。すると氷の化身が出てくるわけですが、なるほどそういうことなんですね。
hitsugaya2.jpg


とはいえ最近のトレンドなら、『紅蓮の弓矢』(『進撃の巨人』OP)の方かな。


★関連記事
『BLEACH』de 英語・中国語フレーズ
ベンチャー精神が魅力の『進撃の巨人』
マンガレビュー一覧


気になる仏教語辞典: 仏教にまつわる用語を古今東西、イラストとわかりやすい言葉でなむなむと読み解く

新品価格
¥1,650から
(2020/6/3 11:45時点)





BLEACH ブリーチ コミック 全74巻 完結セット

新品価格
¥35,838から
(2020/6/3 12:26時点)





マンガの宅配レンタル!巻数がある名作の一気読みに最適。返却は郵便局やコンビニなどで!

ラベル:仏教
posted by すぱあく at 10:30 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

意外と知られていない『ルパン三世』実写版

rupin3rd.jpg国民的人気アニメ『ルパン三世』。皆さんアニメ版・映画版ともに思い入れがある作品は多いと思います。
とくに先日引退したばかりの宮崎駿が監督した『カリオストロの城』(1979年)をマイ・フェイバリット映画に挙げる人は多いですね。

さて、意外と存在を知られていないのが、『ルパン三世』の実写版です
「えっ!? そんなのあるの?」という人も多いと思います。

あるんですよ! それが『ルパン三世 念力珍作戦』(1974年)。おそらく、劇場公開された最初の作品だと思います。

気になる配役を見ますと、
ルパン三世(目黒祐樹)
峰不二子(江崎英子)
銭形警部(伊東四朗)
次元大介(田中邦衛)


五右衛門はいません。次元が田中邦衛で銭型警部が伊東四朗で、今から見ると豪華キャストです。とはいえ、当時の彼らはまだ若手俳優。来た仕事は何でも受けるという時期だったと思います。

内容はハッキリ言って超B級タイトルだけがルパンと言っても過言ではない内容です。
とてもテレビ放映するようなクオリティではないので、それでマイナーなんだろうと思います。

実写版『デビルマン』やら『ガッチャマン』がクソ映画として叩かれる昨今ですが、この映画のやっつけ感を見れば、
「まぁ映画なんて所詮娯楽だし、そんなに目くじら立ててもしょうがないな」と悟りを得られると思います
B級映画ファンは絶対見ておいた方がいい、それぐらいの破壊力を持った映画です


★関連記事
映画・ドラマレビュー一覧
マンガレビュー一覧
『ルパン三世』(※英語・中国語で紹介)


ルパン三世 念力珍作戦 [DVD]

新品価格
¥5,184から
(2016/11/12 08:33時点)


posted by すぱあく at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする