2020年01月02日

ザルツブルク時代のモーツァルト

1756年、モーツァルトがザルツブルク(神聖ローマ帝国内の大司教領)で生まれます。幼少から音楽的才能を見せ、6歳のときにシェーンブルン宮殿でマリア・テレジアの御前で演奏しました。

青年期はザルツブルグ大司教宮廷に就職。教会や宮廷のために作曲したり演奏したりしていました。ただ、あまり音楽に理解のない大司教だったため、モーツァルトはザルツブルグに見切りをつけ、1777年に新たな仕事を求めて諸国へ旅立ちます。


「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」(モーツァルト、1787年)。国や時代を超えて、ほとんどの人が知っている有名な曲。父の死の2ヶ月後、31歳のときに作曲。ただ、本人もこの4年後に死去。

「マリオブラザーズ」(任天堂、1983年)。マリオの歴史はここから始まった。と言っても「ドンキーコング」にはすでに登場していたけど。1面の開始時だけモーツァルトが流れます。
posted by すぱあく at 07:00| オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする