2012年08月31日

壮大なスケール!圧倒的な迫力の『アベンジャーズ』

『アベンジャーズ』を見ました。 (T△T) ヤバかった。映画ってこんなに面白いものだったんですね。スーパーヒーローたちが集まって円陣を組むシーンには、興奮しすぎて倒れそうでした。

avengers.jpg


アイアンマン、超人ハルク、マイティ・ソー、キャプテン・アメリカと最近やたら、アメコミのスーパーヒーローの実写が続いていると思ったら、これらが『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)という共通の世界観での物語なんだという。そして、第6作目にあたる本作でヒーローたちが一堂に会し、大きな流れが収束されたのだ。なんというスケール!

「リメイクばかりやって、もうハリウッドもネタ切れだな」と思っていた自分が間違っていました。ごめんなさい。

CMで初めて彼らを見たときは「いい大人が変なコスチューム着ているな」程度しか考えていませんでした。しかし、今ならわかります。キャプテン・アメリカのあのコスチュームには理由があることを。そして、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースがいかに人格者で優しい人間であるかを。この中では、キャプテン・アメリカが一番好きですね。

それにしても、私のようなにわかマーベルファンでさえ、この興奮ですよ。子供の頃から、マーベル作品が好きだったアメリカ人とかは、どんな気分なんでしょうか? 劇場では割れんばかりの歓声が上がっていたんだろうな、きっと。

さて、感動ひとしおだが、なんとMCUはこれでようやくフェーズ1が終了しただけだという。フェーズ2、さらにその先がまだ企画されているというのだ。ハリウッドの底力や恐るべし。そして、今後も楽しみだぞ!


★関連記事
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)一覧


Amazonで見る!

アベンジャーズ (吹替版)

新品価格
¥299から
(2020/9/9 11:23時点)





U-NEXTで見る!
(本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)
posted by すぱあく at 09:00| 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする