2020年09月01日

『ブラックパンサー』主演俳優、ボーズマンが病死

Black_Panther.jpgマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の第18作目『ブラックパンサー』(2018年)。その主演俳優
チャドウィック・ボーズマンが結腸がんのため、43歳の若さで死去してしまいました。かなり面白い映画だっただけに残念。
(´;ω;`)

本作は、アフリカにあるワカンダ王国という架空の国が舞台。ワカンダは未開の部族と思いきや、実は超絶テクノロジーを有しており、普段は国全体にバリアを張って存在を隠しています。所有しているバトルスーツ、戦闘機、医療技術など、どれも未来のレベル。

同時に、アフリカの文化や歴史もテーマにしており、黒人が今なお直面している貧困や差別問題にも言及しています。

実際、制作スタッフ、キャストともに大部分が黒人で、彼らの才能と誇りを結集させて「アフリカン文化とは何か?」を作り出した映画と感じました

Black Lives Matterに揺れる今に最適な映画ともいえますが、主人公を演じた俳優が病死してしまうとは残念無念。(>_<;)


★関連記事
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)一覧


Amazonで見る!

ブラックパンサー (字幕版)

新品価格
¥299から
(2020/9/9 05:38時点)





U-NEXTで見る!
(本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)


ラベル:訃報
posted by すぱあく at 01:15| 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする