2013年11月20日

百人一首82 道因法師

douin.jpg
思ひわび さても命は あるものを
 憂きにたへぬは 涙なりけり

★歌意
(恋人が冷淡であるので、このところ)思い悩んでいるが、それでもまあ、命だけは今までつないでいるのに、つらさに耐えきれないでこぼれるのは涙であることよ。


★解説
「思ひわび」→思い悩んで。恋の歌の常用語。
「さても」→そうであっても。
「憂きに」→つらいことに。


★人物
道因法師(藤原敦頼)(ふじわら の あつより、1090年〜1182年頃)
藤原清孝の子。名門・藤原北家高藤流の出ですが、官位は中流で終わります。かなりの歌マニアだったため、仕事の方はあまり熱心じゃなかったのかも。

Sumiyoshi-taisya.jpg82歳で出家していますが、歌への執着は全然捨てきれず、主要な歌会には必ず参加していました。さらに歌神として信仰されていた大坂の
住吉大社(写真右)までわざわざ徒歩で毎月参詣し、「私にどうぞ秀歌を詠ませてください」とお祈りしていたといいます。
歌会の主催者も、「また来たよ、この坊さん」と思っていたに違いありません。

経歴
?歳:<従五位上>、右馬助 82歳:出家


★関連記事
歓迎日本 大阪府
百人一首一覧
日本史 年代別記事一覧
posted by すぱあく at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック