2013年09月28日

百人一首67 周防内侍

suononaishi.jpg
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に
 かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

★歌意
春の夜の夢のように(はかない、かりそめの)あなたの手枕によって、(実際は共寝するわけでもなく、そのような二人ではないのに)つまらなく立つであろう浮き名が、なんとも口惜しいことです。


★解説
「春の夜の夢」→短くはかないものの比喩。
「手枕」→腕枕のことで男女が共寝すること。
「名こそ惜しけれ」→相模(65番)の歌にも出てきた表現。(私の)名が、まことに口惜しいです。


★人物
周防内侍(すおう の ないし、生没年不詳)
桓武平氏周防守の平棟仲(たいら の むねなか)の娘。父の役職から周防内侍という女房名で呼ばれました。本名は平仲子(たいら の ちゅうし)。後冷泉、後三条、白河、堀河の4天皇に仕えました。主要な歌合にも度々参加し、公家・殿上人との贈答歌も残されています。


★関連記事
百人一首一覧
日本史 年代別記事一覧
posted by すぱあく at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック