2013年05月05日

百人一首46 曾禰好忠

yoshitada.jpg
由良のとを 渡る舟人 かぢを絶え
 行方も知らぬ 恋のみちかな

★歌意
(潮の流れの速い)由良の瀬戸をこぎ渡っていく船乗りが、楫(櫓・櫂)を失って、行く先もわからずに漂うように、これから先、どうしてよいかわからない(頼りない)恋の行く末であることよ。


★解説
「由良のと」は、作者の任地だった丹後(京都府北部)の由良川が若狭湾に流れ込むあたりの地名。
「と」は「門」と書き、海峡のこと。
上の句では楫を失って不安な船乗りの状況を詠み、下の句では頼りなくて不安な恋の心情を詠んでいます。


★人物
曾禰好忠(そね の よしただ、生没年不詳)
時流に反抗して、和歌の新しい形式を模索した人物です。それは新奇な題材を用いつつも、『万葉集』の古語を用いるというものでした。
ただ、やはり変わり者だったらしく、歌壇では孤立していたようです。それでも、平安時代後期の革新歌人たちからは再評価されていました。最終官位は六位・丹後掾。


★関連記事
百人一首一覧
日本史 年代別記事一覧
歓迎日本 京都府
posted by すぱあく at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック