2012年09月04日

百人一首8 喜撰法師

kisen.jpg
わが庵は 都のたつみ しかぞ住む
 世をうぢ山と 人はいふなり

★歌意
私の草庵は都の辰巳(東南)にあって、このように心安らかに住んでいる。
(それなのに)世間の人は、世の中をきらうという意味の宇治山と言っているそうだ。


★解説
宇治山の草庵を訪れた人に語った形式の歌です。「宇治山」だから“憂い山”と俗世間の人は言うだろうがとしゃれながら、俗世間を離れて隠れ住む気楽な安定した心情を述べています。出家隠遁者というと、なんだか気難しいイメージがありますが、意外に気楽そうな様子が伝わってきます。


★人物
喜撰法師(きせんほうし、生没年不明)
紀貫之は「古今集」の序文の中で、詠んだ歌が多くないのでよくわからないと述べています。


★関連記事
百人一首一覧
日本史 年代別記事一覧

posted by すぱあく at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック