2011年03月04日

外国人初の京劇俳優、石山雄太さん

ishiyama.jpg史上初、外国人で初めて京劇俳優になった石山雄太さんをご紹介します。
写真は京劇における孫悟空。演じているのが石山さんです。

京劇だけでなく日本の歌舞伎でもそうですが、伝統芸能は閉鎖的な世界で芸の継承を行っています。古代の言葉を使っているということもあり、そもそも外国人が成功できる世界ではありません。石山さんは、その常識を破ったわけです。

ご出身は東京都台東区浅草橋。小学生の頃、テレビで京劇の孫悟空をはじめて見て衝撃を受けたそうです。そして、いつか京劇俳優になろうと誓い、中国語の勉強をはじめました。

全国でも珍しい中国語が学べる高校に入学し、卒業後は中国戯曲学院に留学します。中国の「学院」は単科大学に相当します。この大学は京劇俳優を養成する大学なんです。この大学にも留学生はいましたが、中国人と同じ本科に入学した外国人はそもそもはじめてでした。

そこでの修行は大変厳しいもので「中国語のセリフを間違えると棒で口をこづかれた」とのこと。しかし、その努力は実り、卒業後に京劇の最高峰、中国国家京劇院とプロ契約を実現。めでたく外国人(日本人)京劇俳優の第1号になることができました。

石山さんは今では日本と中国を往復しながら、京劇の楽しさを伝える活動を精力的につづけています。
1975年生まれで私と同い年。実は仕事で講演を依頼したことがあります。
不退転の決意を持って京劇の大学へ留学した石山さんと語学留学の私では状況は異なりますが、中国留学を経て活躍されている姿に大きなエネルギーをもらいました。

日本と中国の両方で、有名な京劇俳優になってほしいと応援しています。

★外部リンク
人民日報の紹介記事
中国国際放送局の紹介記事
中国のメディアでも取り上げられています(中国語)


★関連記事
中国史 年代別記事一覧
「Englishman In New York」 ― スティングとジャズ
posted by すぱあく at 08:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
難しい京劇という特殊な世界に日本人が飛び込み活躍している姿は素晴しいと同時に誇りに思う。私も駐在員として3年を迎えようとしていますが中国ビジネスの難しさを感じて時には挫けそうになる事もあります。石山さんも習慣、文化の違い、芸の厳しさを乗り越え現在のポジションを獲得され中国人に信頼評価されている事は驚愕すべきだと思います。
これからも日中の架け橋になり大変だと思いますが、頑張って頂きたいと思います。
Posted by 西 直樹 at 2012年06月18日 14:43
>>>西 直樹様

コメントいただき、ありがとうございます。
中国駐在、お疲れ様です。

留学や旅行と違い、ビジネスであの中国および中国人に対峙しなければならない・・・
それは筆舌に尽くしがたい苦労があると思います。

私も中国関連の仕事をしてきましたので、わかります。


万事、細かくやっていかないと物事が進まない日本人と異なり、
一見おおらかなのが中国人です。
だからといって、いい加減なわけではないのです。実は私たちの予想できない力、予想できない方向性で、しっかり物事が決まってしまう・・・。それが中国です。
それは、実に空恐ろしいことでもあります。


そんな中国で仕事をしていくには、どうするか?

やはり、ある程度は「郷に入りては郷に従え」の精神も必要なのかもしれません。
そこは石山さんなんかは、見事に現地の中国人と同化されました。

でも、その一方で日本人としてのアイデンティティを守ることも大事だと思います。
私が大好きなスティングの曲に「Englishman in NewYork」というものがあります。
NewYorkだからといって、英国人としての習慣を捨てる必要はない、自分のアイデンティティは大切にするべきだという内容の歌です。

西様の場合はまさに「Japanese-man in Beijing」ですね。

石山さんも“日本人としての”京劇俳優にこだわっていると思います。
同じように、ぜひ「Japanese in Beijing」のスピリットでがんばってください。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by すぱあく@管理人 at 2012年06月18日 16:25

この記事へのトラックバック