2014年11月05日

楊過と小龍女のラブストーリー『神G侠侶』

『神G侠侶』(しんちょうきょうりょ、1959年)は、金庸の第五作目。『射G英雄伝』の十数年後を舞台にした続編で、共通の人物が多数登場します。
『射G英雄伝』の頃はまだ新興勢力だったモンゴルは、その後強大な力を身に付けて金を撃破。モンゴル帝国として勢いを伸ばし、南宋にとどめを刺そうとしていました。

yoka-syoryuzyo.jpg

本作の主人公は、楊過(よう か)。『射G英雄伝』に登場した悪役・楊康とその妻である穆念慈の遺児です。楊康というのは、前作の主人公・郭靖と義兄弟の契りを交わしておきながら、やることなすこと郭靖の邪魔をし、時には命を狙った悪人。しかし、因果応報。最終的には悲惨な死に方をします。
妻の穆念慈の方は純真でしたが、楊過を生むとすぐに亡くなります。少年時代の楊過は浮浪児として荒んだ生活を送っていました。

その後、今や名高い俠客となっていた郭靖とその妻・黄蓉に引き取られることになります。ただ、黄蓉は、楊康のことが大ッキライでしたから、息子の楊過のこともあまり好きになれません。そんな雰囲気を感じて、最終的には家を出ていく楊過。紆余曲折を経て、古墓派の宗主・小龍女(しょうりゅうじょ)の弟子になります。

この小龍女こそ、『神G侠侶』もうひとりの主人公。絶世の美女であり、ちょっと美貌に自信がある女性ですら小龍女に見とれてしまうほど。しかし、生まれてから住みかの古墓を出たことがなく、他人と接してこなかったこともあり、感情というものがほとんどありません。そんな凍てついた小龍女の感情を揺さぶったのが、弟子の楊過でした。

いつしか愛し合う二人ですが、さまざまな試練が降りかかります。何もそこまでせんでも……と思うほどの試練の嵐。果たして二人はハッピーエンドになれるのか、ぜひご一読ください。


★関連記事
武侠小説の巨人、金庸
ブックレビュー一覧
中国史 年代別記事一覧
モンゴル帝国史年表


神雕剣侠 単行本 全5巻 完結セット[マーケットプレイス文庫セット] (徳間文庫)

中古価格
¥735から
(2014/11/5 06:27時点)




神ちょう侠侶(しんちょうきょうりょ) DVD-BOX1

中古価格
¥17,614から
(2014/11/5 06:28時点)




実は日本でもアニメ版が放映されていた

神?侠侶 ~コンドルヒーロー~ DVD-BOX

新品価格
¥15,800から
(2014/11/5 06:28時点)


posted by すぱあく at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

誰でもハマる金庸の代表作『射G英雄伝』

syatyou01.jpg『射G英雄伝』(しゃちょうえいゆうでん、1957年)は、金庸の第四作目。人気、知名度ともに上位にある金庸作品です。ビギナーはこの作品から読むことをオススメします。誰でもハマるでしょう。「中国のことが嫌い」というゴリゴリの反中の人でも、多分ハマる。それだけのスピード感と破壊力を持っています

物語のメインストーリーは、中国よりもさらに北部のモンゴル草原から始まります。ここでは若き武将が頭角を現していました。彼の名はテムジン。後のチンギス・ハーンです。あのモンゴル大帝国を作っちゃうチンギス・ハーンが始めから登場!! かなりのハイテンションぶりです

主人公の郭靖(かく せい)はここモンゴルで生まれ、チンギス・ハーンの一族とともに育ちます。なぜ、漢民族の郭靖がモンゴルにいるのか。そこには出生にまつわる深い因縁があり、それがストーリーの根幹になっていきます。

少年の頃の郭靖は、読んでいる読者をもイラつかせるほど、頭も要領も悪いです。しかし、根は素直なので、時間をかけながら武術などを覚えていきます。そしてモンゴルを旅立ち、中国に向かうのでした。

当時の中国は、まさに混乱期。漢民族が建国した宋は弱体化し、北部を女真族が建国したに奪われていました。南部をかろうじて守り南宋として再起を図るも金に防戦一方。しかも、モンゴル草原には新興のチンギス・ハーンまで登場するのです。劇中には、さまざまな民族の登場人物が現れて、とてもワクワクします

syatyou2002.jpgそのうち、ヒロインの黄蓉(こう よう)が登場。利発で武術の腕もピカ一ですが、おてんば過ぎ。しかし、性格が真逆の郭靖とは相性がピッタリで、いつしか二人はベストカップルに。

中国人の友人たちの間では不評だったけど、個人的には2002年CCTV版の郭靖(李亞鵬)と黄蓉(周迅)のキャスティングはピッタリだと思いましたね。

二人はさまざまな人物と出会い、強敵と戦い、修業し、成長していきます。また、北はモンゴル、南は大理国(現・雲南省大理)、東は浙江、西はサマルカンド(現・ウズベキスタン)まで、大陸をくまなく移動します。そのスケールや巨大。本当に中国版『指輪物語』(ロード・オブ・ザ・リング)といっても過言ではありません。それでもとっても読みやすいので、ぜひご一読ください。


★関連記事
武侠小説の巨人、金庸  ・中華明星一覧
中国史 年代別記事一覧  ・モンゴル帝国 関連小説
ブックレビュー一覧  ・ゲームレビュー一覧


射雕英雄伝―金庸武侠小説集 (1) (徳間文庫)

新品価格
¥864から
(2014/11/4 06:34時点)




李志清によるマンガ版

射雕英雄伝(しゃちょうえいゆうでん) 全19巻セット (トクマコミックス)

中古価格
¥5,730から
(2014/11/4 06:38時点)




2008年に放映されたドラマ最新版

射?英雄伝〈新版〉DVD-BOX1

新品価格
¥13,608から
(2014/11/4 06:35時点)




2000年にプレステのゲームが出ていた

射?英雄傅(シャチョウエイユウデン)

新品価格
¥4,740から
(2014/11/4 06:36時点)


posted by すぱあく at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

ミステリー小説のような『雪山飛狐』

setuzanhiko.jpg『雪山飛狐』(せつざんひこ、1957年)は、金庸の第三作目。金庸作品の中では珍しくバトル描写が少なく、しかもミステリー小説のような雰囲気を持っています

明朝が滅亡し、清朝になってからすでに1世紀以上が経った時代が舞台。真冬の山小屋に数人の男女が集まっていました。ここで彼らは、何やらヒソヒソと話をしています。そうです。彼らは、世間には表沙汰にはできない秘密を持っていたのです

その秘密は複数ありました。ひとつは、自分たちの祖先の話。1世紀以上前、明の滅亡に加担したと思われる祖先がいたというのです。
さらに秘密は続きます。国家的な規模の話から一転。彼らの中には、不倫しているものがいました。話のスケールはグッと下世話になりますが、秘密であることには変わりません。
そして、最後の秘密。彼らの一族に因縁があると思われる「雪山飛狐」と呼ばれる俠客のこと。ウワサだけで、年齢も実力も敵か味方かもわからない「雪山飛狐」とは何者か……。

彼らは、それぞれが微妙なウソをついて保身を図っているため、話はよりいっそう複雑になっていきます。この当たり、芥川龍之介『藪の中』に似ていて、私は好きです。逆に、派手なバトルを期待している人にとっては退屈かもしれません。

そして、物語が中盤になって、ようやく「雪山飛狐」が登場します。この「雪山飛狐」こそ、主人公の胡斐(こ ひ)。髭も髪もぼうぼうに伸ばして恐ろしげな風貌をしている若者ですが、教養も豊かで義俠心に厚いナイスガイです。彼の登場で物語はイッ気に加速しますが、「えっ、これで終わり?」というラストを迎えます。主人公は遅くに登場するし、ラストは「ご想像にお任せします」的だし、何もかもが異色です。


さて、当時の読者たちも、本作の不完全燃焼には不満があったようです。金庸の元にも「どうなってんだ!」というお便りがたくさん来たと言われています。そんな影響があったのか分かりませんが、金庸は第六作目に
『飛狐外伝』(ひこがいでん、1960年)を書きました。とはいっても、本編の続きではなく、主人公・胡斐が少年のときの修業時代の物語です。つまり本編のラストは「ご想像にお任せします」のままなんですね。

「外伝」と言っているものの本編の3倍近い分量で、今度は主人公がしっかり登場し、成長の過程描かれています。また、デビュー作『書剣恩仇録』とも内容がつながっており、このときの主人公・陳家洛も登場します。

以上見てきたように、『雪山飛狐』の原作はかなり短く、逆に外伝の『飛狐外伝』は長いため、この2作をあわせてドラマ・映像化することが多いです。

hiko.jpgちなみに主人公の胡斐は、ストUシリーズのキャラクターとして登場したことがあります。キャラクター名は「ヒコ」。かつて、『ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション』(2008年)というオンラインゲームがあり、中華圏のユーザーを増やすため金庸作品から4人が登場したのです。ヒコもリュウやケン、春麗やガイルたちと戦ったんですね


★関連記事
武侠小説の巨人、金庸
中国史 年代別記事一覧
ブックレビュー一覧
ゲームレビュー一覧


雪山飛狐

中古価格
¥1から
(2014/11/3 08:37時点)




飛狐外伝〈1〉風雨追跡行 (徳間文庫)

中古価格
¥1から
(2014/11/3 08:37時点)




雪山飛狐(せつざんひこ) DVD-BOX1

中古価格
¥6,480から
(2014/11/3 08:38時点)




リボルテック SFO ヒコ

新品価格
¥300から
(2014/11/3 08:39時点)


posted by すぱあく at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

魅力あふれる冒険物語『碧血剣』

hekiketuken.jpg『碧血剣』(へきけつけん、1956年)は金庸の第二作目。

長く続いた明朝もその命運が尽きようとしていました。明朝最後の皇帝・崇禎帝(すうていてい)の時代が舞台です。この崇禎帝を含め、明の滅亡を決定的にした李自成(り じせい)など、本書には実在の歴史上人物が多数登場します

主人公は袁承志(えん しょうし)。彼の父は謀略によって処刑され、その復讐のために江湖を旅することになります。当初は非力でしたが華山派に弟子入りし、総帥の穆人清(ぼくじんせい)から武術を習い、実力をつけていきます。

そのうち、「金蛇郎君」と呼ばれていた孤高の剣士の遺骸を発見し、そこに残されていた奥義を身に付けることでほぼ無敵になります。しかし、金蛇郎君が生前に撒いたトラブルの種もいっしょにかぶることになり、散々な目に

この「金蛇郎君」を含めて、武術は一流なのに行動がムチャクチャという人物が、金庸作品には多数登場します。主人公は、こういった輩たちにもまれることで、精神的にも成長していくわけです。現代人にとっては、会社にいるムチャクチャな上司と思えば、わかりやすいでしょう


★関連記事
武侠小説の巨人、金庸
ブックレビュー一覧
中国史 年代別記事一覧


碧血剣〈1〉復讐の金蛇剣 (徳間文庫)

中古価格
¥1から
(2014/11/2 05:07時点)




碧血剣(へきけつけん)DVD-BOX1

新品価格
¥39,880から
(2014/11/2 05:07時点)


posted by すぱあく at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

金庸のデビュー作『書剣恩仇録』

syoken.jpg『書剣恩仇録』(しょけんおんきゅうろく、1955年)は、記念すべき金庸のデビュー作です。

舞台は、清朝の最盛期である乾隆年間。清朝というと、弁髪(べんぱつ)。あれは少数民族である満州族の風習でした。清朝は、満州族が漢民族を支配していた王朝なので、自分たちの風習を強制的に行わせていたんですね

『書剣恩仇録』の登場人物のひとりが、乾隆帝(けんりゅうてい、1711年〜1799年)。実在の人物で、中国史でもとりわけ優秀な皇帝のひとりです。彼は満州族ですが、実は漢民族であったという民間伝承を下敷きにこの物語は進んでいきます

この「王様が実は別の国の人だった」というストーリーは、他にもたくさんあります。古今東西問わずこうした題材は、陰謀論も相まって盛り上がるようです。
 コリン・フォーブズ『石の豹』では、フランス大統領が実はソ連の……
 荒山 徹『徳川家康 トクチョンカガン』では、徳川家康が実は朝鮮人の……
 冲方 丁 アニメ版『シュヴァリエ』では、ルイ15世が実はロシア人の……

そして『書剣恩仇録』では、乾隆帝が実は漢民族で、しかも主人公の陳家洛(ちん からく)と兄弟という事実まで明らかに!!陳家洛は、反清秘密結社「紅花会」のリーダー。清朝は明確な敵です。しかし、兄のことも大切……

また、陳家洛はウイグル族の美女、ホチントンや香香公主(カスリー)に出会い、恋に落ちます。しかし、ウイグル族もまた清と対立する民族。兄弟、仲間、恋人、大義など相容れない思いの狭間で、苦悩する陳家洛。想像しただけでも、胃に穴が空きそうな心境です


★関連記事
武侠小説の巨人、金庸
ブックレビュー一覧
中国史 年代別記事一覧


書剣恩仇録 単行本 全4巻 完結セット[マーケットプレイス文庫セット] (徳間文庫)

中古価格
¥1,200から
(2014/11/1 07:01時点)




書剣恩仇録(しょけんおんきゅうろく)DVD-BOX1

新品価格
¥12,360から
(2014/11/1 07:02時点)


posted by すぱあく at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

武侠小説の巨人、金庸

kinyo.jpg金庸(きん よう、1924年〜、現90歳)。中国の作家です。

中華圏(中国・香港・台湾)における知名度は、ほぼ100%。しかし、日本での知名度は5%ぐらいでしょうか。彼の作品は凄まじいほど面白いんです。日本語翻訳も出版されているんです。だいたいの図書館にはあります。彼の原作ドラマだってTSUTAYAに行けば、置いてあるんです。なのに・・・、なのに・・・、まだまだマイナーで残念です。

少しでも日本で金庸が知られるように、彼の全作品をご紹介します。ではまず、金庸作品の基礎知識から。


『ドラゴンボール』のような戦闘シーン
彼の小説は武侠小説(ぶきょう しょうせつ)というジャンルに入ります。日本ではまったく聞きなれないものですが、中華圏では確立されて長いジャンルです。読んで字の如く、芸に優れ、義心に溢れたヒーローやヒロインが、中国の王朝時代を舞台に活躍する物語です。

時代小説は日本にもありますが、日本のものよりもチャンバラ活劇がド派手です。気によって体重を軽くする「軽功」を使い、高くジャンプしたり空を飛んだりします。さらには気を込めた一撃で、地面を爆発させたり、敵を吹っ飛ばしたり。要するに、通常ではあり得ないことばかりが起こるわけです。まぁ『ドラゴンボール』みたいなもんだと思えばわかりやすいでしょう。香港映画では、ワイヤーアクションを使って空を飛ぶ時代劇が多いですが、そのアイデアの大元はこの武侠小説なのです


大河ドラマのようなスケール
物語のスケールが巨大で、まるで大河ドラマのよう。その巨大な世界観は『指輪物語』(『ロード・オブ・ザ・リング』)にも例えられ、「中国のトールキン」と呼ばれることもあります。

そう聞くと、読むのが大変そうと思うかもしれませんが、そんなことはありません。RPGと思えばいいんです。どの物語の主人公も始めはひ弱な少年なのですが、町を出て世界(江湖)を旅するうちに、強敵と出会ったり、師匠と出会って修業したり、頼もしい友人と出会ったりして、どんどん成長していきます。この流れにとても感情移入しやすいので、大変な思いをすることなく読み進めることができます


宝塚歌劇のようなラブロマンス
中華圏でほぼ100%の知名度を誇っている金庸作品。男だけでなく、女性をも虜にするのはなぜか? それはラブロマンスがとても秀逸だからです。金庸作品に登場する女性は、ただ美しいだけではありません。武芸もピカ一で、機転も利きます。現代の女性も憧れる女性像がそこにあるのです。

そんな彼女たちですから、みんな自信満々でプライドが高いわけですよ。それが、不器用ながらも一途な主人公を好きになったりするわけです。だけど、プライドが高いから素直になれない。要するに、ツンデレってやつですね。そんなすったもんだを経て、最終的にはハッピーになる。まるで宝塚。宝塚歌劇団が金庸作品を舞台化してくれれば、日本でも爆発的に広まってくれるんだけどな〜


日本以外のアジア全体で有名
jinyong02.jpgなぜ、そんなに有名なのかと言えば、映画・ドラマ・マンガ・ゲームといった二次作品が半端じゃない数あるからです。俳優・女優が駆け出しの頃は、金庸作品のドラマに出ると一気にスターへの階段が開かれます。それほど、知名度を上げるのに効果があるのです。

中華圏(中国・香港・台湾)はもとより、華人・華僑が多く住むシンガポール、マレーシアといった東南アジアでも有名です。加えて、韓国でも80年代からブームになり、その着想は韓流時代劇にも取り入れられています。

要するに、アジアでは日本だけがマイナーだったのです。ただ、徳間書店が各国での人気ぶりに注目し、1996年から日本語翻訳を開始。少しずつ、知られるようになりました。それでも、まだまだマイナーですけどね。

中国史や歴史が好きなら人なら絶対にハマります。また、そうでない人でもきっとハマるでしょう。「こんな面白い作品があったのか!!」と驚くこと受けあいです。


発表年順 作品一覧
書剣恩仇録(しょけんおんきゅうろく、1955年)
碧血剣(へきけつけん、1956年) 
雪山飛狐(せつざんひこ、1957年)
射G英雄伝(しゃちょうえいゆうでん、1957年)
神G俠侶(しんちょうきょうりょ、1959年)
飛狐外伝(ひこがいでん、1960年)
倚天屠龍記(いてんとりゅうき、1961年)
鴛鴦刀(えんおうとう、1961年)
白馬は西風にいななく(1961年)
連城訣(れんじょうけつ、1963年)
天龍八部(てんりゅうはちぶ、1963年)
侠客行(きょうかくこう、1965年)
笑傲江湖(しょうごうこうこ、1967年)
鹿鼎記(ろくていき、1969年)
越女剣(えつじょけん、1970年)


★外部リンク
徳間書店 金庸公式サイト
金庸 - Wikipedia


★関連記事
ブックレビュー一覧
中国史 年代別記事一覧


きわめつき武侠小説指南―金庸ワールドを読み解く

中古価格
¥373から
(2014/11/12 11:02時点)




武侠小説の巨人 金庸の世界

中古価格
¥297から
(2014/11/12 11:02時点)




歴史と文学の境界―“金庸”の武侠小説をめぐって (人文学研究叢書)

新品価格
¥3,456から
(2014/11/12 11:02時点)


posted by すぱあく at 11:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする