2019年02月22日

『銃夢』のハリウッド版、『アリータ: バトル・エンジェル』がついに公開!!

alita.jpg本日から『アリータ: バトル・エンジェル』が公開ですよ!!『タイタニック』でオスカー獲ったジェームズ・キャメロンが製作で、製作費約2億円というハリウッドの超大作ですが、原作は『銃夢(ガンム)』(木城ゆきと、1990年〜1995年連載)という日本のコミックなんです。

私が高校生のときに夢中になって読んでいたマンガですよ。マニアックな領域なんで知らない人の方が多いと思うけど……。(;^ω^) 
ただ、海外では当時から熱狂的なファンが多い人気作品だったんです。

原作では主人公の名前はガリィと言いますが、英語でGallyは「不毛」などの意味になりイメージが良くないと判断されてアリータと改められ、『Battle Angel Alita』というタイトルで海外版が出版されたんですね

本作の魅力は人それぞれでしょうが、私は壮大な世界観に圧倒されました。えっ、伏線が回収されて、そうなるの? スゲーな、オイ!って感じ。

GIGAZINEでは原作者である木城ゆきとにインタビューしています。ハリウッドとの2年にわたる契約交渉。その後、10年以上にわたる撮影の空白期間があって、ついに公開に至った経緯が詳しく述べられています。


★関連記事
マンガレビュー一覧


アリータ:バトル・エンジェル 2枚組ブルーレイ&DVD [blu-ray]

新品価格
¥3,234から
(2019/8/12 15:18時点)




銃夢 全9巻完結セット (ヤングジャンプコミックス) [マーケットプレイスセット]

中古価格
¥9,317から
(2019/3/25 18:08時点)


posted by すぱあく at 09:51| Comment(0) | 近未来モノ&SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

今話そう、「ガン=カタ」のことを

gunkata.jpg
「ガン=カタ」

その格闘技を極めることにより、攻撃効果は120%上昇。

一撃必殺の技量は63%向上。

「ガン=カタ」を極めたものは無敵になる!


「銃(Gun)」と、東洋武術の「型(Kata)」をミックスした二挺拳銃の格闘技。超接近戦に持ち込み、多数の敵を短時間で蹴散らす。

映画そのものよりも、劇中に登場したこの「ガン=カタ」の方が有名になりました。いろんな映画・マンガ・アニメで「ガン=カタ」がネタとして登場しています。それほど、インパクトがあったのです。以下の動画を、ぜひご覧ください。





映画そのものも面白いよ!
「ガン=カタ」は、『リベリオン』(カート・ウィマー監督、2002年)という映画に登場。あまり有名な映画じゃありませんが、主演したクリスチャン・ベールは本作のアクションが注目されて、その後『ダークナイト』や『ターミネーター4』といった大作に抜擢されていきました

低予算で作られ、興行成績も振るいませんでしたが、「近未来モノ」が好きな人はきっとハマります。
第三次世界大戦後に出現した都市国家・リブリア。そこは、二度と戦争が起らないように感情を持つことを禁じられた社会だった。とくに音楽や文学書籍、絵画や映像など、心を揺り動かす「感情的なコンテンツ」は全て禁止され、逆らうものは「ガン=カタ」を極めた特殊捜査官「クラリック」に摘発・処刑されていた。
主人公のプレストン(クリスチャン・ベール)はスゴ腕のクラリックだったが、ある事件を機に自分の行動、そして政府に疑念を持ち始める。

どうです。あらすじがアツイでしょ? 
ちなみにカート・ウィマー監督は、その後2006年に『ウルトラヴァイオレット』という映画を作り、そこでも主演のミラ・ジョヴォヴィッチが「ガン=カタ」を披露しています。


★関連記事
・二挺拳銃といえば、やはりジョン・ウー ― 『男たちの挽歌』
映画・ドラマレビュー一覧


リベリオン -反逆者- [DVD]

新品価格
¥2,668から
(2015/6/18 14:17時点)


posted by すぱあく at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 近未来モノ&SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする