2016年09月01日

読み継がれるミヒャエル・エンデ 『はてしない物語』

neverending.jpg本日のGoogle日替わりロゴは、「はてしない物語 出版37周年」です。

ドイツ人作家ミヒャエル・エンデの超名作ですね。どこの図書館にも置いてありますので、お子さんがいる方は、ぜひ読ませてほしい。大人が読んでも、また素晴らしい。

Amazonレビューの数は、なんと約140!!思い入れのある人が多い証拠です。






『はてしない物語』は、第一部と第二部に別れています。
第一部は1984年に映画化された『ネバーエンディング・ストーリー』とほぼ同じです。

イジメられっ子のバスチアンは今日も悪童たちに絡まれます。隠れるために逃げた先は古本屋でした。そこで不思議な存在感を放つ本を見つけます。タイトルには『はてしない物語』と書いてありました。
古本屋の外へ出て学校に戻ってもイジメられるだけです。だから『はてしない物語』を読んで時間を潰すことにしました。


『はてしない物語』の舞台はファンタージエンという世界でした。人間以外にも、妖精やドラゴン、そして魔物などが暮らす不思議な世界です。ファンタージエンはこれまで平和でしたが、ある日、突然に暗黒に包まれます。世界が“無”に蝕まれ、崩壊が始まっていました。預言者がファンタージエンを救う“救世主”がどこかにいると告げます。そして、その“救世主”を探し出す役目を若きアトレーユに託します。アトレーユは長い冒険の旅に出ます。

えっ、何で文字に色が付いているかって? 岩波書店の装丁本もこうなっているんですよ。
現実世界の部分はあかがね色(銅色)ファンタージエンの部分は緑色になっているんです。

以下はネタバレ。
物語の中盤になり、アトレーユは救世主というのは、『はてしない物語』を読んでいるバスチアンであることに気付きます。そして、「世界を救うために本の中に来てほしい」と呼びかけます。

バスチアンは心臓が出るほどビックリします。本の登場人物であるアトレーユが自分を呼んでいるからです。
しかも、“救世主”というじゃありませんか。現実世界のバスチアンは、肥満のイジメられっ子です。自信など微塵も持っていません。「自分が“救世主”なわけあるもんか」と思います。


しかし、必死で呼びかけるアトレーユ。

ついに、それに応えるバスチアン。

そして、2色の文字が重なる瞬間が来ます。ここ鳥肌立ちますよ、マジで。
バスチアンが感じたビックリを自分も体験することになります。

そして、バスチアンは本の中のファンタージエンに入り、世界を救います。映画版はここでハッピーエンド。

しかぁし、原作ではこれは単なる第一部の完結に過ぎないんです。

ミヒャエル・エンデが本当に訴えたかったのは、ここから始まる第二部だったんです。
「なんだ、原作と違うじゃないか!! (`0´)」とエンデは映画会社を訴えたほどでした。

第二部は一転してダークになります。子供には難しくてわかりにくいかもしれません。
しかし、やはりここに価値があると思います。

第二部でバスチアンは、現実世界に戻らずファンタージエンを旅します。
彼は心地よさを味わっていました。なにせ彼は“救世主”です。
現実世界では、ただのイジメられっ子だったのに、ここではあがめられる存在です。
容姿も劇的に変化しました。肥満児だったのに、空想の世界のファンタージエンでは、華麗な美剣士に変身です。

いつしかバスチアンは増長し、自分勝手になっていきます。
そして最終的には、一番の仲間だったアトレーユさえも離れていき、一人ぼっちになってしまいます。

孤独になり、ファンタージエンの果てで息絶えようとするバスチアン・・・。
死ぬ間際に後悔しますが、時すでに遅しです。

読んでいてあまりに切なくなります。だって、人間みんながバスチアンのようなものだからです。
大学に受かったとき、事業に成功したとき、恋人ができたとき、結婚したとき、子供ができたとき・・・
うまくいったときはドヤ顔して自慢し、増長する。誰でもそんなもんでしょう。
しかし、それがあまりにひどいと、気付いたときには誰もいなくなっている・・・。

ミヒャエル・エンデは、ファンタジーの中でこんなド直球な警鐘を鳴らしているのです。

はたしてバスチアンは、このまま孤独に死んでいくのでしょうか。
それは、ぜひ読んで確かめてみてください。


★関連記事
ブックレビュー一覧
映画・ドラマレビュー一覧
音楽レビュー一覧
ドイツ史 年代別記事一覧




ネバーエンディング・ストーリー [DVD]

新品価格
¥720から
(2016/9/2 12:48時点)




映画のサントラ。リマールの歌う同名テーマ曲の他、爽快感あふれる「白い竜ファルコン」など名曲ぞろい。

ネバー・エンディング・ストーリー

新品価格
¥1,300から
(2016/9/2 12:50時点)




その他、E-girlsによるカバー曲や、歌詞が映画の内容とまったく関係ない羽賀健二によるカバー曲などがあります。

posted by すぱあく at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

まさに“ザ・手塚治虫”といえる遺作『ルードウィヒ・B』

Beethoven01.jpg手塚治虫の作品に、ベートーヴェン(ルードウィヒ)を主人公にした『ルードウィヒ・B』というものがあります。

手塚は医者でもありましたが、ピアノの腕前もプロ級という多彩の人でした。中でもクラシックへの造詣は深く、ベートーヴェンを主人公にしたマンガを描くことは彼の悲願だったと言えます。
ただ本作は、手塚が病床にて描き続け、そのまま天寿を全うしたため未完の遺作です。


さて、本作には“ザ・手塚治虫”といえるほど、ムチャクチャなキャラクターが出てきます。
それがフランツ・フォン・クロイツシュタイン

franz.jpg


フランツはルードウィヒのライバル役なのですが、本当のところルードウィヒを恨む理由がありません。かなりムチャクチャな理由で恨みを持つのです。詳細は以下です。
・フランツの家は神聖ローマ帝国皇帝に仕える大貴族
・彼の家では、「ルードウィヒ」という名前のキジを飼っていました
・フランツの母がフランツを身ごもっていたとき、このルードウィヒがギャーギャー騒ぎました
・母はフランツを出産すると亡くなってしまいます。父はこの騒音が原因だと逆恨みし、キジを撃ち殺します
・以降、父は幼いフランツに「ルードウィヒ」という名前の人間や動物を恨むように教育します

( ゚Д゚)ハァ?

・そして、フランツはすくすくと屈折して成長します
・フランツはボンに行ったときにルードウィヒ(ベートーヴェン)と出会います
・フランツは名前が「ルードウィヒ」という理由だけで、一方的に彼を恨みます
・フランツは持っていた杖で、ルードウィヒの頭を殴りつけ、それが原因で耳が聴こえにくくなります
・ベートーヴェンの難聴はフランツが原因という設定です

いかがでしょうか? このムチャクチャぶり。
手塚治虫作品には、こういったムチャクチャなライバルが結構登場します。
『火の鳥 鳳凰編』の茜丸
『アドルフに告ぐ』のアドルフ・カウフマン
『ブッダ』のダイバダッタ

彼らは生まれ育った環境に難があり、屈折した心の持ち主として成長します。そして、執拗に主人公を追い詰めるのです。手塚治虫は晩年、青年誌にて「人間の負の部分」を描き出す、こうした作品を多く描きました。

読んでいると「なんてムチャクチャな」と思うのですが、現実社会では理由もなく人を殺傷する通り魔事件が発生しています。死期が近いなかで、手塚治虫がこうした作品を書いていたことを見過ごすわけにはいきません。


★関連記事
マンガの神様・手塚治虫(中国語で紹介)
・マイルスと手塚治虫の相似性
 疾走し続けた生涯  「トキワ荘」は漫画の歴史そのもの  困るぐらいの嫉妬深さ
ベートーヴェン 『エリーゼのために』
ドイツ史 年代別記事一覧
マンガレビュー一覧  ・音楽レビュー一覧
posted by すぱあく at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

ベートーヴェン 『エリーゼのために』

Beethoven.jpgルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年〜1827年)は、ドイツのケルン(当時は神聖ローマ帝国ケルン大司教領)生まれ。家は裕福ではなく、父はアル中と恵まれない環境の中で大成しました。

1810年、貴族の娘エリーゼ(テレーゼが本当らしい)に恋をして『エリーゼのために』を書くも、身分違いで破局。しかも40歳頃に全聾に。かように波乱万丈の人生の中で、素晴らしい作品を多数残していったんですね。


★関連記事
ドイツ史 年代別記事一覧
音楽レビュー一覧
まさに“ザ・手塚治虫”といえる遺作『ルードウィヒ・B』

エリーゼのために~子供のためのピアノ名曲集

新品価格
¥903から
(2012/8/27 21:18時点)




『キッスは目にして!』(ザ・ヴィーナス、1981年)。『エリーゼのために』に歌詞(作詞:阿木燿子)を付けたロカビリー。

ゴールデン☆ベスト

新品価格
¥1,702から
(2012/8/27 21:19時点)


posted by すぱあく at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

バッハ 『フーガト短調(小フーガ)』

Bach.jpgヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685年〜1750年)は、ドイツ(当時は神聖ローマ帝国)のアイゼナハ生まれ。クラシック音楽においての影響力は巨大なものがあり、「音楽の父」と呼ばれています。

1703年、18歳のときにヴァイマルの宮廷楽団に就職しヴァイオリンを担当。バッハにも社会人一年生という頃があったんですね。ただ、彼は天才。この宮廷楽団時期にすでに『フーガト短調(小フーガ)』(1708年〜1717年頃)を作曲していました。


★関連記事
ドイツ史 年代別記事一覧
音楽レビュー一覧
マンガレビュー一覧

バッハ:オルガン名曲集

新品価格
¥1,200から
(2012/8/28 07:11時点)




「小フーガ」をavexがトランス調でカバーしたもの。『エリア88』アニメ版(2004年)のOPで使われました。

エリア88-ミッション・サイバートランス-(CCCD)

中古価格
¥3,959から
(2012/12/2 15:14時点)


posted by すぱあく at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

『パッヘルベルのカノン』

paharuberu.jpgヨハン・パッヘルベル(1653年〜1706年)は、ドイツ(当時は神聖ローマ帝国)のニュルンベルク生まれ。その後、音楽の都ウィーンに行き、さらにはアイゼナハに移ります。アイゼナハはバッハの故郷であり、パッヘルベルはバッハ家のオルガン教師を務めたこともあります。

『パッヘルベルのカノン』が作曲されたのは、1680年頃。たんたんと同じ旋律を繰り返す単純な曲にも関わらず、繰り返していくうちに大きな感動を増幅させていきます。山下達郎の『クリスマス・イブ』を含めて、現代音楽で影響を受けている曲は相当数に上ります。


『パッヘルベルのカノン』をロック調にアレンジした『カノンロック』というのがあります。台湾のアマチュア作曲家であるJerry・C(ジェリーシー)がアレンジしてYouTubeにアップしたところ、世界的に有名になりました。皆さんギターを楽しそうに弾いており、見ているだけでハッピーになれます。




★関連記事
ドイツ史 年代別記事一覧
音楽レビュー一覧

パッヘルベルのカノン〜バロック名曲集

新品価格
¥903から
(2012/8/28 07:48時点)


posted by すぱあく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

ドイツ史 年代別記事一覧

※オーストリアの歴史も含む

古代 
:ゲルマン民族の大移動 (4世紀〜5世紀)


フランク王国 (481年〜843年)
:東フランク王国 (843年〜962年)


神聖ローマ帝国 (962年〜1806年)

:ハプスブルク家による帝国世襲 (1438年〜1806年)
『パッヘルベルのカノン』
バッハ 『フーガト短調(小フーガ)』
まさに“ザ・手塚治虫”といえる遺作『ルードウィヒ・B』
ベートーヴェン『エリーゼのために』

:プロイセン王国 (1701年〜1918年)


帝国崩壊後
:ライン同盟 (1806年〜1813年)

:オーストリア帝国 (1804年〜1867年)

:ドイツ連邦 (1815年〜1866年) ※オーストリア帝国が盟主

:北ドイツ連邦 (1867年〜1871年) ※プロイセン王国が盟主

:オーストリア=ハンガリー帝国 (1867年〜1918年)


ドイツ帝国 (1871年〜1918年)


ヴァイマル共和国 (1919年〜1933年)

:オーストリア共和国 (1918年〜1938年)


ナチス・ドイツ (1933年〜1945年)
・スペイン内戦に介入。ゲルニカ爆撃 ― さかのぼりスペイン史2 スペイン内戦


連合軍軍政期 (1945年〜1949年)

:オーストリア共和国 (1955年〜)


西ドイツ (1949年〜1990年) ※ドイツ連邦共和国
ビートルズ―ハンブルグでの下積み時代
読み継がれるミヒャエル・エンデ 『はてしない物語』


東ドイツ (1949年〜1990年) ※ドイツ民主共和国
・秘密警察シュタージ ― NHK『激動の世界 テロと難民 〜EU共同体の分断〜』を見て


ドイツ再統一 (1990年〜) ※ドイツ連邦共和国
・アンドレアス・エシュバッハ『イエスのビデオ』 ― 過去と未来をジャンプするタイムトラベラーたち3


★関連記事
各国史 年代別記事一覧
posted by すぱあく at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする