2019年04月09日

紙幣刷新。1万円札は渋沢栄一に!

Eiichi_Shibusawa.jpg令和改元に合わせて、紙幣も刷新されるそうです。1万円札の人物は、何度か候補にあがったことがあるものの、これまで採用されることはなかった渋沢栄一(1840年〜1931年)です。

これは個人的には二重に嬉しいニュース。一つ目の嬉しさは、渋沢栄一が埼玉県出身者であること。これから深谷市はフィーバーですな

もう一つの嬉しさは、彼が経済人(ビジネスマン)であったこと。日本社会ではなぜか、「稼ぐ」「お金を儲ける」ということが「悪い」「はしたない」みたいな風潮があるんですよね

だから、大久保利通よりは西郷隆盛の方が人気があるし、逆に大阪経済の立役者である五代友厚がマイナーだったりする。3人とも薩摩藩士なのに、人気・知名度に天地の差があります

現代でも、ホリエモンや前澤友作は「成金」というイメージが強いし、孫正義や柳井正でさえ「山師」ポジションで語られることが多いですよね。

……えっと、世の中の仕組みを変えている人たちですよ。もう少し尊敬されても良くない?

理想を実現していくにはお金は必須アイテムですから、決して悪いことではないのです。ぜひ渋沢栄一が再評価されるにつれ、そういった風潮も改まっていくことが望まれます。

ちなみに、5000円札は津田梅子、1000円札は北里柴三郎に決定。これで津田塾大学、北里大学もフィーバーですな。


★関連記事
企業・大学別記事一覧


小説渋沢栄一 上 (幻冬舎文庫 つ 2-12)

新品価格
¥700から
(2019/4/9 07:52時点)




小説 渋沢栄一(下) (幻冬舎文庫)


posted by すぱあく at 07:10| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント