2018年08月29日

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を見て、強烈に印象に残ったのは2点。

@トイレで闘う無名の人、ちょっと強すぎじゃない?
トム・クルーズとヘンリー・カヴィル、メインキャストのマッチョマン2人を圧倒するあの東洋人は何? セリフがまったくないモブキャラなのに、何なのあの破壊力は?





A日本語吹き替え版は、決して見てはいけない
吹き替えはやはり声優さんを使おうよ。まぁ大人の事情ってのもわかりますよ。事務所の影響力とか、話題性とかさ。たしかに興行ってのはお金が入ってナンボです。

でもさ、DAIGOはないんじゃないか? あの棒読みはマズイんじゃないか?


★関連記事
映画・ドラマレビュー一覧


ミッション:インポッシブル フォールアウト (字幕版)

新品価格
¥399から
(2019/2/8 15:58時点)


posted by すぱあく at 08:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント