2016年01月17日

職場の悲喜こもごもは明治時代も同じ ― 『坊っちゃん』

bocchan.jpgお正月に放映した『坊っちゃん』、かなりおもしろかったですねぇ〜。嵐の二宮くんの演技も素晴らしかったです。これを機に夏目漱石の原作(1906年)も読んでみてほしいです。

不朽の名作とはまさにその通りで、まったく古さがありません。どの時代の職場にも、いけ好かない上司(赤シャツ)、その太鼓持ち(野だいこ)はいるもの。そんな奴らを頼もしい同僚(山嵐)と組んで仕返しをする。昔『坊っちゃん』、今『半沢直樹』。人間の営みは、100年経っても大して変わってないと思うばかりです

本作は日本を代表する文学作品ですから、多数の外国語に翻訳されています。とはいえ、本作を一番よく理解できるのは、やはり職場環境に一喜一憂せざるを得ない日本人でしょうね〜。転職することが当たり前の海外では、深刻に嫌になる前にすぐ辞めちゃうでしょうし。職場で発生する悲喜こもごもはピンと来ないかもしれません。


★関連記事
ブックレビュー一覧
映画・ドラマレビュー一覧
日本史 年代別記事一覧


こころ 坊っちゃん (文春文庫―現代日本文学館)

新品価格
¥583から
(2016/4/14 05:34時点)




坊っちゃん [DVD]

新品価格
¥3,053から
(2016/3/17 12:42時点)


posted by すぱあく at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック