2014年10月01日

火坂雅志『天地人』

火坂雅志『天地人』。上杉景勝に仕えた家老・直江兼続を主人公にした小説です。上杉謙信はバツグンの知名度がありますが、その養子である景勝とその重臣の兼続について知っている人は少ないでしょう。

直江兼続は昔から、上杉景勝の「天才軍師」のような描かれ方でドラマ・小説・マンガにちょこっと登場することはありました。本当にちょこっとですけどね。そんな彼が主人公なわけです。

実際の彼は、天才軍師というよりも、有能な実務家だったといえます。とくにその手腕を発揮したのは、関ヶ原の戦い以後でしょう。徳川家康に対立したため、上杉家は米沢藩に移転減封。藩財政は一気に苦境に陥る中、家臣をリストラせずに乗り切ったのも直江兼続の手腕だったと言われています。そうした実像に迫った作品です。

kagetora.jpg2009年には、本作品を原作として大河ドラマにもなりました。マッサンを好演している玉山鉄二(タマテツ)も登場。本作では上杉謙信のもうひとりの養子・景虎を演じています。謙信没後、上杉家の家督を巡って景勝(演:北村一輝)と対決する景虎。こちらのタマテツはかなり人相悪いです。


★関連記事
ブックレビュー一覧
大河ドラマレビュー一覧


天地人〈上〉 (文春文庫)

新品価格
¥832から
(2015/9/24 09:52時点)




NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集 [DVD]

新品価格
¥32,000から
(2015/9/24 09:52時点)


ラベル:戦国時代
posted by すぱあく at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック