2015年06月17日

学校で勉強できるありがたさを実感してしまう『子供の情景』

kodomonojyoukei.jpg『子供の情景』(ハナ・マフマルバフ監督、2007年)。岩波ホールでしか上映していなかったので、知っている人はかなり少ないと思いますが、アフガニスタンを舞台にしたイランとフランスの合作映画です

私たち日本人にとって、中東諸国は地理的にも文化的にも「遠くて遠い国」なのですが、こうした映画を見ると少しだけ身近に感じることができます。内戦などで、教育の環境がほとんど機能していないアフガニスタンで、どうしても勉強したくなった女の子の物語です

タリバンによって、バーミヤンの仏像が破壊された2001年以降のアフガニスタンが舞台。6歳の女の子バクタイは、隣人の男の子アッバスが教科書を読んでいる姿に憧れます。自分もどうしても学校へ行きたい。でも、家にはお金がありません。それなので、町へ出て卵を売り、ノートを買うことにしました。鉛筆を買うお金もないので、母親の口紅を鉛筆代わりにすることにします。道中、タリバンの影響を受けた少年たちに囲まれ「戦争ごっこ」に巻き込まれたり、結局学校へ通えなかったり、散々な目に遭うバクタイ・・・。

いろんなシーンが驚きの連続です。まず、女の子たちが住む家は、ほとんど「洞窟」のような住居。内戦続きで、生活に余裕がないのがわかります。また、学校もただ机があるだけで、校舎と呼べるほど立派なものはありません。

それでも、子供たちの目は、好奇心でキラキラしています。学校の教科書を見ただけで、喜びに溢れるバクタイの顔は何とも言えません


混乱が収束しないアフガニスタン
Afghanistan.pngアフガニスタンは現在に至るまで、ずっと混乱の中にある国です。かつてシルベスター・スタローンが主演した『ランボー3 怒りのアフガン』(1988年)という映画がありましたね。アフガニスタンに軍事介入していたソ連にランボーが“たった一人で”戦いを挑むストーリーでした。奇しくも、この映画が公開された年に、国際社会からの非難からソ連はアフガニスタンから撤退します。

しかし、それで「めでたしめでたし」にならないところが、この国の悲劇です。

結局、内戦が起こり、その中からタリバンが誕生。アルカイダと結びつき、2001年のアメリカ同時多発テロ事件の原因となります。その後はアメリカ軍による空爆などで、タリバン政権は崩壊。カルザイ氏が大統領となり、一応は収束します。それでも安定には程遠く、タリバンの残党に加えて、近年はISまで台頭。もうカオスです。

そんな国際情勢に翻弄される民衆と子供たち。映画『子供の情景』では、その無慈悲さをユーモアに包みながら描いています。

個人的には、学校の勉強なんて吐きそうなほど苦手でしたが、本作を見た後でなら「あぁ学校で勉強ができるって、とってもありがたいことなんだな」と感じてしまいます。


★関連記事
映画・ドラマレビュー一覧
ロシア史 年代別記事一覧
アメリカ史 年代別記事一覧


子供の情景 [DVD]

新品価格
¥15,880から
(2015/6/17 21:57時点)


posted by すぱあく at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック