2015年02月01日

本多忠勝の蜻蛉切が期間限定公開!!

sano-museum.JPG最近、友人が「大変だ!本多忠勝の蜻蛉切が一般公開されるぞ!!」と教えてくれました。マニアックな趣味を持っている人は共感してくれると思いますが、同好の友人から得られる情報の中には、ときにとんでもなく密度が濃いものがあります。今回がまさにそれでした。
個人所有のため、滅多に公開されることのない蜻蛉切。これを見逃す手はありません。というわけで、友人と静岡県三島市にある佐野美術館(公式サイト)まで見に行ってきました。

天下三名槍のひとつ蜻蛉切(とんぼきり)。本多忠勝(ほんだ ただかつ、1548〜1610年)が愛用していました。
徳川家康の重臣で、徳川四天王の一人。生涯に参加した合戦すべて、かすり傷一つ負わなかったと伝えられています。そのため、天下無双の武将というイメージがつきました。カプコンさんが『戦国BASARA』で悪ふざけして、ロボットにしちゃうぐらい強かったのです。ファンからは「ホンダム」の愛称で呼ばれています。
honda-tadakatu.jpg


「蜻蛉切」という名前は、戦場で槍を立てていたところに飛んできた蜻蛉が当たって二つに切れたことから名付けられました。さぞかしスパスパ切れたのでしょう。「ホンダム」が持っているドラゴン殺しのような槍がそうですね。こりゃ興奮しちゃいますな。わざわざ静岡県まで出向いていく気持ちが少しはおわかりでしょう!

tombokiri.jpgさて、これが実物の「蜻蛉切」。見たときは大きな衝撃を受けました。なぜなら、とても小さかったからです。刃長は43.7cm、片手で持てちゃう大きさでした。
ドラゴン殺しを想像していただけに、拍子抜けしてしまったことは否定できません。では、がっかりしたかというと、実はその逆。

なぜ、この槍が天下三名槍と呼ばれているのか、少しわかった気がしました。まず、とっても薄いことに驚きます。厚さはわずか1cm。あまりの薄さにポキッと折れてしまいそう。戦場で使うために作られたものでないことは一目瞭然です。

加えて、心に響く輝き。蜻蛉が乗ったら、本当にスパッと切れてしまいそうな磨かれ方です。刀工・村正の弟子、藤原正真(ふじわらの まさざね)の技術の粋が詰まっており、武器というよりもはや芸術品です。

まさに「百聞は一見に如かず」。本企画展「ひとの縁は、ものの縁 ―初公開の矢部コレクション―」は、2月15日(日)まで。歴史ファンは必見です!



★関連記事
日本史 年代別記事一覧
都道府県別記事一覧
ゲームレビュー一覧
・天下三名槍のひとつ「日本号」 ― 黒田官兵衛から金印まで。歴史ファンにはたまらない福岡市博物館
・天下三名槍のひとつ「御手杵」 ― 復元「御手杵の槍」が結城蔵美館で常設開始!
posted by すぱあく at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック