2014年08月02日

司馬遼太郎 『翔ぶが如く』

tobugagotoku02.jpg司馬遼太郎 『翔ぶが如く』。NHK大河ドラマ『翔ぶが如く』(1990年)の原作です。

薩摩藩士の西郷隆盛と大久保利通。強い友情で結ばれ、明治維新の中心的存在になっていく二人。しかし、新政府設立後に対立し、ついには西南戦争に発展してしまいます。

文庫本でなんと全10巻という大長編。征韓論→明治6年政変→各地で起こった不平士族の反乱→西南戦争までを細かく描いています。

大河ドラマでは、西郷隆盛を西田敏行が、大久保利通を鹿賀丈史が演じました。
原作には彼らの青春時代はありませんでしたが、第一部「幕末編」として追加されます。それに続いて第二部「明治編」の二部構成で描かれました。今ではお馴染みのこうした構成は、大河ドラマでは本作が初の試みになります。


★関連記事
大河ドラマレビュー一覧
ブックレビュー一覧


翔ぶが如く (新装版) 文庫 全10巻 完結セット (文春文庫)

中古価格
¥2,980から
(2015/2/12 11:15時点)




大河ドラマ 翔ぶが如く 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚セット

新品価格
¥19,440から
(2015/2/14 06:15時点)


posted by すぱあく at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック