2015年01月01日

大河ドラマ『花燃ゆ』関連史跡 in 山口県萩市

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』が1月4日からスタート。舞台となる山口県萩市は、明治維新を推進した長州藩の中心地だっただけに、関連史跡が無数にあります。その中でもはずせないベストスポットを挙げておきます。
 情報提供:山口県観光連盟「おいでませ山口へ」

Shokasonjuku.jpg松下村塾
主人公・杉 文(すぎ ふみ、演:井上真央)の兄・吉田松陰(演:伊勢谷友介)が主宰した私塾。ここから久坂玄瑞(演:東出昌大)、高杉晋作(演:高良健吾)、伊藤博文(演:劇団ひとり)、山田顕義らが輩出され、明治維新の原動力となっていきます。隣には、松陰を祀る松陰神社があります。
 住所:山口県萩市椿東1537


木戸孝允(桂小五郎)旧宅
生まれてから江戸に出るまでの約20年間を過ごした2階建ての家。建物内には観光ボランティアが常駐しているので、詳しい説明が聞けます。
 住所:山口県萩市呉服町2-37


高杉晋作誕生地
敷地内には、晋作ゆかりの品や句碑、産湯の井戸などが展示されています。晋作は、長州藩校の明倫館に通う一方、長州藩に仕えていた父の目を盗んで松下村塾にも通っていました。そこで、吉田松陰の教えを学び、塾生たちと交流を深めていくのです。
 住所:山口県萩市南古萩町23


久坂玄瑞誕生地
高杉晋作とともに松下村塾の双璧といわれた久坂玄瑞の誕生地。18歳のとき杉文と結婚しました。後に尊王攘夷運動を推進するも、禁門の変で敗れ自刃。生家は現存していませんが、跡地に石碑が立っています。
 住所:山口県萩市平安古町537-2


旧萩藩校明倫館
明倫館は、1718(享保3)年、長州藩第5代藩主・毛利吉元によって開学された藩校。幕末、毛利敬親によって現在の地に移転。敷地内には有備館(剣槍術場)などが遺されています。坂本龍馬も有備館で試合したと言われています。
 住所:山口県萩市江向602


★関連記事
歓迎日本 山口県
山口の物産
山口県の歴史系イベント
大河ドラマレビュー一覧


NHK大河ドラマ 花燃ゆ 完全版 [レンタル落ち] 全13巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]

中古価格
¥4,130から
(2019/2/20 16:01時点)




るるぶ山口 萩 下関 門司港 津和野'16~'17 (国内シリーズ)

中古価格
¥303から
(2019/2/20 16:02時点)


posted by すぱあく at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック