2014年12月16日

エルガー 『威風堂々』

ergar.jpgイギリスの大作曲家、エドワード・エルガー(1857年〜1934年)は、音楽教師やヴァイオリニストをしながら、地道に作曲を続けていました。奥さんの尽力もあって、その後実力がイギリス中に認められ、確固たる地位を築いていきます。

最も有名な曲『威風堂々』(1901年)は行進曲全体のタイトルを指し、あの有名な旋律はイギリスでは「希望と栄光の国」と呼ばれています。
この曲を大変気に入った国王エドワード7世の要望で歌詞まで付けられ、イギリスでは第2の国歌として愛されています。


★関連記事
イギリス史 年代別記事一覧
音楽レビュー一覧
マンガレビュー一覧
・エルガー『愛のあいさつ』―ロンドンオリンピック閉会式「イギリス音楽のシンフォニー」 ダイジェスト

エルガー:行進曲「威風堂々」

新品価格
¥1,788から
(2012/8/28 06:32時点)




『来て来てあたしンち』(平山あや、2002年)。『威風堂々』に歌を加えたもの。アニメ『あたしンち』の主題歌。

来て来てあたしンち

新品価格
¥4,800から
(2012/8/28 06:33時点)




『Continue』(SEAMO、2008年)。『威風堂々』にラップを加えたもの。ドラマ『夢をかなえるゾウ』(2008年)の主題歌。

Continue(初回生産限定盤)(DVD付)

新品価格
¥1,020から
(2012/8/28 06:34時点)


posted by すぱあく at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック