2014年12月17日

『パッヘルベルのカノン』

paharuberu.jpgヨハン・パッヘルベル(1653年〜1706年)は、ドイツ(当時は神聖ローマ帝国)のニュルンベルク生まれ。その後、音楽の都ウィーンに行き、さらにはアイゼナハに移ります。アイゼナハはバッハの故郷であり、パッヘルベルはバッハ家のオルガン教師を務めたこともあります。

『パッヘルベルのカノン』が作曲されたのは、1680年頃。たんたんと同じ旋律を繰り返す単純な曲にも関わらず、繰り返していくうちに大きな感動を増幅させていきます。山下達郎の『クリスマス・イブ』を含めて、現代音楽で影響を受けている曲は相当数に上ります。


『パッヘルベルのカノン』をロック調にアレンジした『カノンロック』というのがあります。台湾のアマチュア作曲家であるJerry・C(ジェリーシー)がアレンジしてYouTubeにアップしたところ、世界的に有名になりました。皆さんギターを楽しそうに弾いており、見ているだけでハッピーになれます。




★関連記事
ドイツ史 年代別記事一覧
音楽レビュー一覧

パッヘルベルのカノン〜バロック名曲集

新品価格
¥903から
(2012/8/28 07:48時点)


posted by すぱあく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック