2015年04月14日

超おもしろい冒険忍者小説『カムイの剣』(矢野徹)

Monte-Cristo.jpg1970年に書かれた冒険小説『カムイの剣』(矢野徹)。知っている人はわずかだと思いますが、超おもしろいです。ぜひ多くの人に読んでほしい一冊です。ちなみに、白土三平の『カムイ伝』とは一切関係がありません。

ひとことで言うと、壮大な復讐劇。虐げられた境遇でも復讐を糧に強く生き、ついにそれを成就する。フランスの文豪・デュマの傑作『モンテ・クリスト伯』の影響を強く受けたストーリーです。以下あらすじ。
「海賊黄金時代の覇者キャプテン・キッド。彼が生涯をかけて残した財宝の謎は、世界中の伝説となり未だ解明されていない――。

時は幕末、下北半島佐伊の浜にアイヌの血を引く「次郎」という名の赤ん坊が流れ着いた。アイヌの宝“カムイの剣”を身につけて――。実は、その短剣こそキャプテン・キッドの財宝の謎を解く鍵だったのである。

やがて次郎は成長するも、ある日、育ての母と姉が何者かに殺されてしまう。しかも、村人たちから親殺しの濡れ衣を着せられ、村を追放される羽目に。

そんな次郎を拾ったが公儀御庭番の頭目・天海だった。次郎は天海に忍者として育てられ、やがて父と己の出生の謎を解く旅に出るのであった。

あらすじがすでにアツイです。舞台は東北地方から江戸、果てはなんとアメリカにまで行く超スペクタクル。とにかくおもしろい冒険忍者小説です。

角川映画が華やかなりし1985年。角川が本作をアニメ映画化しています。そのときの主人公・次郎の声優を務めたのは真田広之でした。その線から思い出す人がいたら嬉しいです。


★関連記事
ブックレビュー一覧
マンガレビュー一覧


カムイの剣 (ハルキ文庫)

中古価格
¥999から
(2014/12/22 18:38時点)




カムイの剣 [DVD]

新品価格
¥2,816から
(2013/5/26 21:09時点)


ラベル:忍者
posted by すぱあく at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック