2014年11月04日

誰でもハマる金庸の代表作『射G英雄伝』

syatyou01.jpg『射G英雄伝』(しゃちょうえいゆうでん、1957年)は、金庸の第四作目。人気、知名度ともに上位にある金庸作品です。ビギナーはこの作品から読むことをオススメします。誰でもハマるでしょう。「中国のことが嫌い」というゴリゴリの反中の人でも、多分ハマる。それだけのスピード感と破壊力を持っています

物語のメインストーリーは、中国よりもさらに北部のモンゴル草原から始まります。ここでは若き武将が頭角を現していました。彼の名はテムジン。後のチンギス・ハーンです。あのモンゴル大帝国を作っちゃうチンギス・ハーンが始めから登場!! かなりのハイテンションぶりです

主人公の郭靖(かく せい)はここモンゴルで生まれ、チンギス・ハーンの一族とともに育ちます。なぜ、漢民族の郭靖がモンゴルにいるのか。そこには出生にまつわる深い因縁があり、それがストーリーの根幹になっていきます。

少年の頃の郭靖は、読んでいる読者をもイラつかせるほど、頭も要領も悪いです。しかし、根は素直なので、時間をかけながら武術などを覚えていきます。そしてモンゴルを旅立ち、中国に向かうのでした。

当時の中国は、まさに混乱期。漢民族が建国した宋は弱体化し、北部を女真族が建国したに奪われていました。南部をかろうじて守り南宋として再起を図るも金に防戦一方。しかも、モンゴル草原には新興のチンギス・ハーンまで登場するのです。劇中には、さまざまな民族の登場人物が現れて、とてもワクワクします

syatyou2002.jpgそのうち、ヒロインの黄蓉(こう よう)が登場。利発で武術の腕もピカ一ですが、おてんば過ぎ。しかし、性格が真逆の郭靖とは相性がピッタリで、いつしか二人はベストカップルに。

中国人の友人たちの間では不評だったけど、個人的には2002年CCTV版の郭靖(李亞鵬)と黄蓉(周迅)のキャスティングはピッタリだと思いましたね。

二人はさまざまな人物と出会い、強敵と戦い、修業し、成長していきます。また、北はモンゴル、南は大理国(現・雲南省大理)、東は浙江、西はサマルカンド(現・ウズベキスタン)まで、大陸をくまなく移動します。そのスケールや巨大。本当に中国版『指輪物語』(ロード・オブ・ザ・リング)といっても過言ではありません。それでもとっても読みやすいので、ぜひご一読ください。


★関連記事
武侠小説の巨人、金庸  ・中華明星一覧
中国史 年代別記事一覧  ・モンゴル帝国 関連小説
ブックレビュー一覧  ・ゲームレビュー一覧


射雕英雄伝―金庸武侠小説集 (1) (徳間文庫)

新品価格
¥864から
(2014/11/4 06:34時点)




李志清によるマンガ版

射雕英雄伝(しゃちょうえいゆうでん) 全19巻セット (トクマコミックス)

中古価格
¥5,730から
(2014/11/4 06:38時点)




2008年に放映されたドラマ最新版

射?英雄伝〈新版〉DVD-BOX1

新品価格
¥13,608から
(2014/11/4 06:35時点)




2000年にプレステのゲームが出ていた

射?英雄傅(シャチョウエイユウデン)

新品価格
¥4,740から
(2014/11/4 06:36時点)


posted by すぱあく at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック