2014年10月07日

超人ハッブル博士

hubble.jpgレオナルド・ダ・ヴィンチは多方面において優れた業績を残し、「万能の人」と呼ばれています。彼は学術面だけでなく、運動面においても超人的だったと言われています。現代においても、文武両道に優れた人っていますね。
今回は、そんな超人のひとり、エドウィン・ハッブル(1889年〜1953年)のお話です。

エドウィン・ハッブルは天文学者です。彼を知らない人でも、彼の名を冠した「ハッブル宇宙望遠鏡」という単語をニュースで耳にしたことがあるかもしれません。

太陽系から遠く離れた宇宙を観測するとき必ず使われているのが、この「ハッブル宇宙望遠鏡」です。
Hubble02.jpgこの望遠鏡は地球上にはなく、なんと宇宙空間にあります。1990年、スペースシャトル ディスカバリー号によって打ち上げられ、今も使われています。
大きさはバスほどもある巨大な望遠鏡で、大気や天候による影響を受けないため、地上からでは困難な高い精度での天体観測が可能です

なぜ、この望遠鏡にハッブルの名前が付けられたか? 
それは宇宙の膨張を発見したのがハッブルだったからです。その理論をさらに裏付けるためにこの望遠鏡が作られ、実際にそれが観測結果から得られました。あのアインシュタインでさえ「宇宙は収縮しているかも」と思っていたので、ハッブルはまさに宇宙研究の歴史を変えた超天才といえます。

しかも、ハッブルは運動面においても超人でした。なんと彼は、研究者になる前はヘビー級のボクサーだったんです。そう言われてもにわかに信じられないですよね。

彼は若い頃とにかくスポーツ万能で、高校のときには円盤投げ、ハンマー投げ、棒高跳び、立ち高跳び、走り高跳び、砲丸投げ、1マイルリレーで1位を獲得したほどです。
高校卒業後はシカゴ大学に入学。そこでボクシングと出会い、ヘビー級ボクサーとして名を轟かせます。しかも、単なる部活動のレベルではなく、世界チャンピオンとの対戦を勧められたほどの実力でした。

加えて学業面でも才能が開花します。大学では主に数学と天文学を学び、1910年に卒業後はイギリス・オックスフォード大学に移り、法学の修士号を取得します。欧米なら珍しくないのかもしれませんが、
少なくとも日本では、理系と文系の両方の学位を持つ人は稀です

彼は、オックスフォード時代にも大学対抗のトラック競技に出場したり、ボクシングの試合に出場したりしていました。さらに、卒業後はアメリカに戻り、法律事務所に勤めたり、高校教師やバスケットボールのコーチなどをしていました。アクティブすぎだし、多才すぎ。
さらにさらに、第一次世界大戦が始まると軍隊に入隊し、間もなく少佐となります。よくわかんないけど、少佐ってそんなに簡単になれるもんなの?

戦後は、シカゴ大学のヤーキス天文台で天文学の研究に入り博士号を取得します。1919年に、ウィルソン山天文台職員となり、後にここで宇宙研究の歴史を変える発見をします。

1923年から1924年、当時世界最大の望遠鏡であった100インチ (2.5m) のフッカー望遠鏡による観測で、銀河系のさらに外にも銀河があることを発見します。そして、この研究が後のビッグバン理論につながっていくのです。

理系のドクターっていうと青白いひ弱な印象があるのですが、ハッブルはまったく別次元の存在という感じがします。やはり、天才は違いますね。


★関連記事
アメリカ史 年代別記事一覧


ハッブル宇宙望遠鏡がみた美しすぎる宇宙DVD BOOK【DVD付き・160分・日本語字幕】 (宝島MOOK)

中古価格
¥1,298から
(2014/10/7 06:58時点)


posted by すぱあく at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ合衆国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック