2014年10月04日

スピード感ある展開がたまらない、王道ファンタジー『七つの大罪』

taizai01.jpgシンプルだけど、すごく面白い。多くの人が楽しめる王道ファンタジー。
それが『七つの大罪』(鈴木 央、2012年〜)です。

現在「週刊少年マガジン」で連載中。明日10月5日からテレビアニメもスタートする人気マンガです。
このマンガの魅力は数えきれないほどあるのですが、スピード感ある展開、魅力的なキャラクターなどが人気の理由だと思います。


ストーリーはシンプル
まず絵がキレイですね。作者の鈴木 央(すずき なかば)は、ジャンプで『ライジングインパクト』という人気マンガを連載していたベテラン。その後、サンデー、チャンピオンでも連載を持ち、さらにはマガジンでこの『七つの大罪』を連載。なんと4大週刊少年誌の全てに連載経験を持つマンガ家です
手塚治虫や永井豪の時代ならともかく、出版社がマンガ家の専属制を導入してからは、そういう人はほとんどいなくなったので、かなりスゴイ人といえます。

ストーリーはとてもシンプル。悪い聖騎士団 VS 良い「七つの大罪」という勧善懲悪です
クーデターを起こした聖騎士団によって乗っ取られたリオネス王国。王国から逃げ出した王女エリザベス(画像左)は、聖騎士団を倒せる存在「七つの大罪」を探す旅に出ます。しかし、追手に捕まりそうなるエリザベス。その危機を救った一人の子供。彼こそが、伝説の騎士団「七つの大罪」の団長メリオダス(画像中央)だったのです。彼の相棒で言葉を話せる豚のホーク(画像右)とともに、残りの「七つの大罪」メンバーを探す旅が始まりました。そして、聖騎士団の討伐と王国の解放を目指すのでした。


スピード感がたまらない
このマンガ、展開がとても早いのが良いです。カルピスマンガと揶揄されるほど展開が遅い『BLEACH』や、いつ連載再会するのかわからない『ベルセルク』や『HUNTER×HUNTER』と比べれば、ワクワク感を持続した状態で読めます

また、『ドラゴンボール』のような迫力あるコマ割が多く、スピード感を表現する画力もたまりません。
taizai02.jpg



どいつも魅力的だ!!
そして、なんといっても出てくるキャラクターみんなが魅力的です。
まずは「七つの大罪」メンバー。七人全員が一騎当千の破壊力を持つ伝説の騎士団。それぞれが何かしらの大罪で裁かれるところを騎士団として結成。数々の武勲を上げて英雄になりました。ところが、騎士団長殺害の濡れ衣を着せられて一転お尋ね者になり、それ以降は生死不明の状態に。
taizai03.jpg

敵もパネェぞ!敵方のハウザ―は能天気なキャラなのですが、途中で自分たちが正義なのか悩み始めます。その当たりの描写も秀逸。ヘンドリクセンのラスボス感も半端ないっす!このマンガ、マジおもしろいっすよ!!
taizai04.jpg


★外部リンク
アニメ『七つの大罪』公式サイト


★関連記事
『七つの大罪』(※英語・中国語で紹介)
十戒のひとり、正体は「初代妖精王」!?
マンガレビュー一覧


七つの大罪 コミック 1-20巻セット (講談社コミックス)

新品価格
¥9,266から
(2016/5/21 15:03時点)


posted by すぱあく at 08:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

まんが王国は電子漫画の取扱い数の多さが最大の魅力!
Excerpt: いつも使う通学や通勤の電車の移動時間や、お友だちとの待ち合わせ時間など。 ちょっとした待ち時間に、まんがを読みたいと思う時ってありませんか? スマートフォンが登場したことで、最近はスマホゲームやアプ..
Weblog: 電子漫画を読むなら【まんが王国】が使いやすくて便利!
Tracked: 2016-02-11 00:54