2013年07月18日

罪作りな奴だぜ、民明書房

前回の記事で、サッカーの語源について以下のように述べました。
「手を使うことを禁止する」ルールを主張していたイングランドのパブリックスクールによって、フットボール・アソシエーション(Football Association)が設立され、こうしたフットボールを「協会式フットボール」(Association Football)と呼ぶようになった。その省略形soc に「人」を意味する -er をつけたものが soccer の語源であり、1880年代頃から使われているといわれている。(wikipediaより)

raiden.jpgしかし、これは間違いでした。
正しくは、雷電先生がご存じです。











minmei.jpg古代中国、春秋戦国時代。趙の国は、北方の異民族の侵攻に脅かされていた。大軍で向かっても馬を自在に操る異民族に、蹴散らされる有様だった。

そこで趙の将軍・飛桂は、刃を仕込んだ球体を開発し、これを馬上の敵兵に目がけて蹴る戦法を考案。この戦法は見事に的中し、異民族の侵攻を食い止めたという。

後に、この戦法は暗殺拳・殺苛阿(さっかあ)として発展を遂げることになる。

なお、これまでサッカーの起源は19世紀のイギリスで発祥したと考えられてきたが、
最近では殺苛阿(さっかあ)の名前でもわかるとおり、古代中国が起源であるという説が有力である

民明書房刊『スポーツ起源異聞』より

さすがは民明書房。ちゃんとAmazonでも販売しています。


★外部リンク
民明書房図書館


★関連記事
北綾瀬駅、千代田線の本線に直結予定
どうした雷電? 顔色が悪いぞ
知っているのか、雷電!?
マンガレビュー一覧
ラベル:スポーツ
posted by すぱあく at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック