2013年04月06日

織田信長に「黒人」の家臣がいた!!

nobunaga.jpg織田信長(1534年〜1582年)は、前例やしきたり、先入観などをまったく気にせず行動していたため、若い頃は周囲から「うつけ者」と呼ばれていました。
そんな信長には、驚くべき逸話が山のようにありますが、
中でも黒人の家臣を雇っていたことに驚きます。

彼の名は弥助(やすけ)といい、実在の人物です。
現在のモザンビークあたりの出身で、イタリア人の宣教師アレッサンドロ・ヴァリニャーノの黒人奴隷としてはるばる日本まで連れてこられました。

1581年3月、ヴァリニャーノは信長に謁見します。このとき信長は、ヴァリニャーノが連れていた黒人の青年に大いに興味を示しました。

太田牛一が記した信長の年代記である『信長公記』には、弥助について下記のように述べられています。
・「切支丹国より、黒坊主参り候」
・「年齢は二十六、二十七歳、身の丈六尺二寸(約187cm)」
・「十人力の剛力」
・「牛のように黒き身体」

yasuke.png初めて黒人を見た信長は、肌に墨を塗っているのではとなかなか信用せず、着物を脱がせて洗わせたといわれています。しかし、本当に肌が黒いことに納得がいくと信長はこの黒人を珍重し、自身に譲ってもらい
「弥助」と名づけて武士に取り立てて身近に置くことにしました。
ちなみに、右のイラストは『戦国IXA』の弥助です。

ここが信長の凄まじいところです。
当時の価値観で黒人を家臣として雇うのは、今なら宇宙人を雇うようなものではないでしょうか。

1582年6月に起こった本能寺の変では、なんと弥助も本能寺に宿泊していました。
彼も明智光秀に捕縛されますが、「動物で何も知らず日本人でもない」との理由で処刑されず、南蛮寺に送られました。以後の消息は不明となっています。

この弥助、とても想像力を掻き立てられる存在のため、様々なドラマや小説に登場しています。
大河ドラマでは、『信長 KING OF ZIPANGU』『秀吉』などに登場しました。
マンガでは、『へうげもの』『信長協奏曲』などに登場しています。


★関連記事
人物別記事一覧
日本史 年代別記事一覧
映画・ドラマレビュー一覧
マンガレビュー一覧
ラベル:戦国時代
posted by すぱあく at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック