2013年02月09日

百人一首24 菅家

michizane.jpg
このたびは ぬさもとりあへず 手向山
 紅葉のにしき 神のまにまに

★歌意
今度の旅は(急なことで)お供えする幣(ぬさ)を用意することができませんでした。
(そこで、さしあたって)この手向山の美しい錦織のような紅葉をお供えしますので、神様の御心のままにお受け取りください。




★解説
nusa2.jpg「このたび」は、「この度」と「この旅」の掛詞。

幣(ぬさ)とは、写真のようなものでよく神主さんが持っているものです。古代では、旅行者が安全を祈るため道祖神に捧げました。

「手向山」は、どこかの山を指す固有名詞ではなくて、手向け(神にささげること)をしながら山越えすることを指します。

「神のまにまに」は、「神様の仰せの通り」という意味です。






★人物
菅家(菅原道真)(かんけ、すがわら の みちざね、845年〜903年)
「菅家」とは菅原道真に対する尊称です。今では「学問の神様」として、日本人のほとんどが一度は拝んでいる超メジャーな神様になっています。

幼少より詩歌の才があり、官僚としてドンドン出世していきます。宇多天皇(第59代)に重用されて、その治世を支えます。醍醐天皇(第60代)のときは右大臣にまで昇りました。

しかし、藤原氏との対立から大宰府へ左遷され現地で没します。彼の死後に天災が多発したことから、祟りを鎮めるため、太宰府天満宮を建立し天満天神として信仰の対象になりました。


★関連記事
百人一首一覧
歓迎日本 福岡県
日本史 年代別記事一覧

posted by すぱあく at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック