2012年05月16日

『超時空要塞マクロス』30周年

30周年を迎えた『超時空要塞マクロス』。
新シリーズの方が好調のため、ファーストの方も見直されています。

私も子供のときに見ていました。その頃は当然わからなかったけど、このアニメはかなり「大人の事情」に翻弄された作品でした。

まず、放映時間が昼の2時ってなんだよ。
誰を対象にしているの?
でも、そこしか枠が取れなかった事情がきっとあるんでしょうね。

また、アニメ後半の作画の酷さときたら・・・
子供でも「大人の仕事って大変なんだな」と思わざるを得ない酷さでした。

それでも、名作は名作。
今でも記憶に残っているのが、映画版でのマックスとミリアの空中戦。
あれを超えるシーンって今でもなかなか作れないのでは。

また、音楽もサイコー。なんといっても、作曲が羽田健太郎氏なのですから。アニメで羽田健太郎なんて、そもそもありえないでしょ。


★関連記事
音楽レビュー一覧


超時空要塞マクロス Flash Back 2012 [DVD]

新品価格
¥2,594から
(2012/5/30 05:12時点)



超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)

新品価格
¥34,662から
(2012/5/30 04:22時点)



超時空要塞マクロス マクロス・ザ・コンプリート

新品価格
¥5,900から
(2012/5/30 05:15時点)



posted by すぱあく at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック