2013年01月15日

最も有名な忍者、服部半蔵

忍者は字の如く「しのび」ですから、目立ってはいけない存在です
当然ながら、忍者たちの生態を記録した史書も少なく、その実態はあまりわかっていません。領主からの隠密指令がないときは、農業などを営んで生計を立てていたといわれています。

Hanzo.jpgそんな中、誰もが知るほど有名な忍者がいます。
それが服部半蔵(はっとり・はんぞう)です。

なにせ、皇居には半蔵門が残っています。これは半蔵の屋敷が門前にあったことから名づけられたといわれいています。その近辺には半蔵門駅があり、半蔵門線という地下鉄まであります。

半蔵、目立ちすぎ。全然、忍んでないじゃん。

では、服部半蔵とはどんな人物だったのでしょうか。
まず大事なこととして、この服部家は代々にわたって「半蔵」を襲名してきました。ですから、服部半蔵という人物は複数います

徳川家康に取り立てられ、江戸城の門の前に屋敷を構えた人物は、
2代目服部半蔵・服部正成(はっとり・まさなり)です。「服部半蔵」と知られている人物は彼のことです。
ただ、彼は実は忍者じゃないんですね。忍者だったのは、彼の父である初代服部半蔵・服部保長(はっとり・やすなが)までで、2代目からはすでに武士の身分だったんです。

服部保長はバリバリの伊賀忍者でした。しかし、伊賀の里は狭いにも関わらず、忍者一族が多くなってしまい、生活苦になったため保長は京都に出ます。そして、室町幕府12代将軍・足利義晴に仕えます。
ただ、この頃の室町幕府は凋落の一途をたどっており、大した仕事はありませんでした。その後、服部保長は三河(現在の愛知県東部)の松平家(後の徳川家)に仕えます。
室町幕府はトホホな将軍が多すぎ!!

2代目服部半蔵・服部正成は三河で生まれました。ですから、生まれたときからもう伊賀忍者ではなかったんですね。服部家の家督を継いだ後は、まだ力の弱い徳川家のなかで奮闘し、槍の使い手として手柄を上げていきます。忍者ではなく、もう武士そのものです

その後、徳川家康の力はどんどん増大し、ついに天下人になります。
2代目服部半蔵・服部正成も重臣に取り上げられます。彼は武士でしたが、父が伊賀忍者の出身であった縁から徳川家の伊賀忍者を統率する立場になりました。つまり、忍者の頭領であったことは事実だったわけです。

このことから後世では、服部半蔵=スーパー忍者といったイメージが出来上がり、彼を登場人物にした小説、マンガ、映画は枚挙に暇がありません。

kage.jpgそのひとつに、当時、人気絶頂のアクションスターだった千葉真一さんが服部半蔵に扮した『服部半蔵 影の軍団』(続編も入れると1980年〜1985年)があります。高校の友人が狂喜乱舞して見ていました。爆発シーンだとか、アクションシーンだとかがふんだんに盛り込まれ、時代劇の概念を覆した金字塔的ドラマです。
千葉さんが率いたアクション俳優集団JAC(ジャパンアクションクラブ)の俳優も勢揃いで、真田広之さん、大葉健二さん、志穂美悦子さんなどが出演していました。
日本が熱く、好景気だったときのドラマです。今じゃ、もうこんなドラマ作れないですね。


★関連記事
服部半蔵(※英語、中国語で紹介)
日本文化 忍者(※英語、中国語で紹介)
歓迎日本 三重県 ― 伊賀忍者の里
日本史 年代別記事一覧
映画・ドラマレビュー一覧

ラベル:忍者 戦国時代
posted by すぱあく at 10:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々に熱い戦国ネタですね!伊賀甲賀以外にも各地に忍者というか諜報活動を生業にした勢力があったようですが北条氏に仕えた風魔一族なんかは朝鮮系の渡来人だったとかなんとかいう都市伝説がありますね。興味あります。
Posted by 穴鈴・ガトー少佐 at 2013年01月15日 23:56
少佐殿

風魔一族の頭領といったら風魔小太郎です。少佐殿ならきっと『花の慶次』に小太郎が登場していたことをご存知のはず。
名前からすでにアツイですよねぇ。
Posted by すぱあく@管理人 at 2013年01月16日 16:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック