2012年11月05日

超ド派手なエフェクトで威力絶大な必殺技

超ド派手なエフェクト(視覚効果)の必殺技をテーマに、日本のマンガの側面を見ていきたいと思います。

ギャラクシアン・エクスプロージョン(双子座のサガさん)
saga7.jpg


saga.jpg双子座のサガさん『聖闘士星矢』  1986年〜1990年、車田正美)
黄金聖闘士の筆頭。一方は神の人格で一方は悪魔の人格と本人も悩み苦しむほど厄介な二重人格の持ち主。本物の教皇を殺害して長い間皆さんを騙していました。必殺技ギャラクシアン・エクスプロージョンは、サガさん曰く「銀河の星々をも砕くほどの破壊力」とのこと。
そんな物騒なもんを2発喰らっても粉々にならないフェニックス一騎さんの頑丈さの方がどうかしていると思います。ちなみに星矢も1発喰らっていますが生きていました。



飛天御剣流 九頭龍閃(比古清十郎さん)
kuzuryusen2.jpg


hiko4.jpg比古清十郎さん『るろうに剣心』 1994年〜1999年、和月伸宏)
主人公・緋村剣心の師匠で作中最強の人物。九頭龍閃(くずりゅうせん)は、剣術の基本である9つの斬撃を同時に繰り出す技だとか。同時に9つって時点で反則ですね。名ゼリフは「過ぎた強さってのは、時として周囲に「卑怯」と取られることがある。・・・だが今日は違う
お前が全力を出しても倒せない男が、こうして目の前に立ってやっているんだぜ





封神剣極限奥義!!!! 秒殺閃空地獄極楽断!!!!!(ラーズさん)
razu2.jpg


razu.jpgラーズさん『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』 1988年〜、萩原一至)
竜戦士の呪いによってチビ竜にさせられていた王子様。復活してからはこの強さ。人間絶滅の命を下した神の軍勢にも善戦するほどでした。ちなみに、このマンガは休載を繰り返してまだ未完です。連載24年目にして刊行された単行本は27巻。一方、はるか遅くに連載がはじまった『ONE PIECE』の単行本はすでに68巻に達しているのに・・・。凄まじい画力を持っているのにもったいない。




マキシマム・バスター・タイフォーン(ログナーさん)
maxmam4.jpg


rognar.jpgログナーさん『ファイブスター物語』 1986年〜、永野護)
この作品はSFと神話が混ざった感じなので、登場人物は神、悪魔、サイボーグ、魔法使いなどなんでもござれなんですが、なかでもログナーさんは死んでも記憶を引き継いでクローン再生できるという御仁です。なんじゃそりゃ。この作品も連載スピードが亀の歩みのように遅く、連載26年目にして単行本はわずかに12巻。読者がストーリーを脳内補完しなければならないため、「好き」という人と「超イミフ」という人にハッキリわかれてしまいます。



これらの圧倒的なエフェクトを見ると、日本のマンガの表現力の高さに感動します
amecomi2.jpgマンガの歴史から考えると、エフェクトはアメコミの大げさな擬音の影響を受けていると思われます。しかし、その後、本家アメコミの方はそれほど変化がなかったのに対し、日本マンガのエフェクトは超絶な進化を遂げてきました。

それにしても、本来のお国柄でいえばアメリカの方がハデ好きなのになぜなんでしょう?
その理由として、日本のマンガは良くも悪くも生存競争が激しいことが挙げられます。

超絶エフェクトの第一人者である車田正美は、「『週刊少年ジャンプ』の激しい生存競争で生き残るために、いかに読者を驚かせるかを考えていた」と言っています。

逆に、今のように一部の人気作品を除いて全体的にマンガが売れない時代にあっては、生存競争の原理が薄れます。そのためか、たしかに最近はエフェクトが激しいマンガが少なくなってきているようです。


★関連記事
マンガレビュー一覧

posted by すぱあく at 14:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
超楽しい!!こういうのを待ってたんだぜ〜!
ちなみに双子座の貧道は連載当時12宮編でガッカリした記憶がありますよ。
バスタードてまだやってんの?が話題にのぼったときの枕詞みたいになってますね。
アンスラ編で終わらせればよかったのに・・・
Posted by 穴鈴・ガトー少佐 at 2012年11月05日 23:28
>>>穴鈴・ガトー少佐殿

どうも。こんにちは。
双子座なら、まだいいじゃないですか。蟹座の人なんか、より一層悲惨でしたよ。
バスタードについては同感。
Posted by すぱあく@管理人 at 2012年11月07日 07:59
ギャラクシアンエクスプロージョンで検索してきました

一応、一輝兄さんはギャラクシアンエクスプロージョン二発で粉々になっています。
シャカの発言で宇宙の塵になり彷徨っているみたいなのがありましたし。

ただ、粉々になっても死なずに復活するというだけです。
復活の度に強くなるというおまけつきで
Posted by 名無し at 2013年04月10日 08:01
>>>名無しさん

Σ(°Д°;;  なんとっ!! 

一輝兄さんはギャラクシアンエクスプロージョン二発喰らって、粉々になっていた!!
あぁ、そういえば記憶が甦ってきました。確かにシャカの言葉とともに、一輝兄さんが復活したシーンがありました。

教えていただき、どうもありがとうございました。
いずれにしても、あれを喰らって生きているってスゴすぎますね。
Posted by すぱあく@管理人 at 2013年04月10日 09:54
下に同じくギャラクシアンエクスプロージョンで検索してきました。

聖闘士星矢も続編が不定期連載中ですよ。
全然進まないですけど・・・。
最近は終わらす気があるのかないのかどっちなんだ!な漫画が増えた気がします。
生存競争の原理が薄れたからでしょうか・・
Posted by nanashi at 2013年09月27日 19:17
>>>nanashiさん

おっしゃる通り、漫画の質が下がっているような気がしますね。
いい漫画はもちろんありますが、全体的な質がどうも・・・。
Posted by すぱあく@管理人 at 2013年09月28日 15:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック