2010年08月18日

モンゴル帝国 研究書

モンゴル帝国と長いその後 (興亡の世界史) [単行本] / 杉山 正明 (著); 講談社 (刊)杉山正明氏の研究書
長い間、日本では「元朝=モンゴル帝国」という理解でしたが、杉山教授によって周辺の衛星国も含めた連合体をモンゴル帝国と考える向きが生まれました。
『モンゴル帝国の興亡』
『モンゴル帝国と大元ウルス』
『モンゴル帝国と長いその後』




チンギス=カンの考古学 (世界の考古学) [単行本] / 白石 典之, 藤本 強 (著); 菊池 徹夫 (監修); 同成社 (刊)白石典之氏の研究書
考古学という側面からチンギス・カンやモンゴル帝国を研究している意欲的な研究者です。
『チンギス=カンの考古学』
『チンギス・カン―“蒼き狼”の実像』
『チンギス・ハンの墓はどこだ? 』





モンゴル帝国が生んだ世界図 (地図は語る) [単行本] / 宮 紀子 (著); 日本経済新聞出版社 (刊)宮紀子 氏の研究書
元代に多数出版されていた口語体の小説や戯曲などを研究し、「元代は中国伝統文化の破壊の時代」という従来の見方を変えた研究書です。
『モンゴル時代の出版文化』
『モンゴル帝国が生んだ世界図』



★関連記事
・モンゴル帝国 史書  旅行記  関連小説
モンゴル帝国史年表
中国史 年代別記事一覧
ブックレビュー一覧

posted by すぱあく at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック