2012年06月30日

マイルスと手塚治虫の相似性3 困るぐらいの嫉妬深さ〜手塚編〜

teduka.jpg手塚治虫は存命中から“マンガの神様”と言われていましたが、
それでも大御所の地位に安住することなく、常に世間の流行や若手漫画家たちの動きを研究していました。

それは、とても素晴らしいことです。しかし、その一方で新しい才能を眼にする度に愕然とし、ときには激しく嫉妬してしまうのでした。手塚治虫もまた、普通の人間だったのです。

しかし、辛く当たられた若手漫画家たちは震え上がったといいます。なにせ、相手は“神様”です。
神様から褒められれば天にも昇る気持ちになるでしょうが、けなされたらどうか?
中には「もう漫画家はあきらめよう」と思ってしまった人もいました。

このような手塚治虫の「嫉妬」のエピソードは、かなりの数に上ります。

●劇画への嫉妬
愛と誠(1) (講談社漫画文庫) [文庫] / ながやす 巧 (著); 梶原 一騎 (原著); 講談社 (刊)60年代から70年代にかけて、『愛と誠』(梶原一騎:原作・ながやす巧:画、1973〜1976年。今、妻夫木聡、武井咲の主演で映画やっていますね)や『野望の王国』(雁屋哲:原作、由起賢二:画、1977〜1982年)といった劇画が大ブームになります。超濃い絵柄、社会の闇をストレートに描くストーリーなど、これまでの手塚作品にはないものでした。
なんと、手塚のアシスタントまでが劇画を夢中になって読んでいるのを目の当たりにし、ノイローゼに陥るほど悩みました。ある日、手塚はスタッフに対し、「梶原一騎の『巨人の星』のどこが面白いんだ、教えてくれ」と詰め寄ったといいます。また、さいとう・たかをの『ゴルゴ13』に対しても批判的でした。
 ・70年代の劇画ブーム


●水木しげるへの嫉妬
ゲゲゲの女房 [単行本] / 武良 布枝 (著); 実業之日本社 (刊)NHKドラマ『ゲゲゲの女房』をご覧になった方はわかると思いますが、水木しげるは苦節を経て、70年代に妖怪ブームを巻き起こすほどの人気漫画家になりました。当時、水木は『ガロ』という雑誌を中心に連載していました。
手塚治虫は、水木の『墓場鬼太郎』を初めて見たとき衝撃を受けて自宅の階段から転げ落ちたといいます。その後、水木を擁する『ガロ』に対抗して、1966年に『COM』を創刊します。
さらに、1967年には怪奇漫画『バンパイヤ』や『どろろ』といった妖怪ブームを意識した作品をスタートさせました。
手塚はある出版社パーティーの席で全く面識のなかった水木に話しかけ、「あなたの絵は雑で汚いだけだ」「あなたの漫画くらいのことは僕はいつでも描けるんですよ」と言い放ったといわれています。
 ・水木しげると妖怪ブーム


●石ノ森章太郎への嫉妬
ジュン 1: 章太郎のファンタジーワールド ジュン [単行本] / 石ノ森 章太郎 (著); ポット出版 (刊)石ノ森はトキワ荘の住人であり、手塚の指名でアシスタントになった、いわば直弟子でした。1967年、手塚が創刊した『COM』に『ジュン』という作品を連載します。この作品は、明確なストーリーを描かず絵とコマの流れだけで叙情的な世界を表現するという実験的なものでした。これが当時の読者に熱狂的に支持されます。
しかし、このときも手塚先生にいつもの悪い虫が出てしまいました。なんと、「あれはマンガではない」と公然と批判したのです。これに石ノ森はショックを受け『ジュン』の打ち切りを宣言してしまいます。
これを知った手塚は慌てて石ノ森を訪れ「なぜあんなことを言ったのか分からない」と、嫉妬からの発言であることを告白して謝罪し、『ジュン』は連載を継続しました。それにしても手塚治虫は、若手の立場からしたらかなり恐怖の存在だったと思います。


●大友克洋への嫉妬
akira-haikei.jpg 『AKIRA』や『童夢』などの作品で世界的に有名な大友克洋の特徴は、なんといっても緻密で圧倒的なデッサン力です。丸ペンだけで、パースの狂い一つなくアシスタントも使わずに描ききってしまうその力は、異次元レベルです。
ところが、例によって手塚先生は大友の凄まじい画力に嫉妬し、「あなたが描くような絵は僕にも描けるんです」と言ってしまいます。でも、その後「僕はデッサンの基礎をやっていないから、こんな絵を見せられてはたまらない。一も二もなく降参する」と大友の画力をしっかり賞賛しています。
大友自身は手塚作品を読んで育ち、手塚には高い敬意を持っています。『AKIRA』も手塚に捧げた作品です。


こんな絵を見たら、誰だって降参しますわ(『AKIRA』より)→



★関連記事
・マイルスと手塚治虫の相似性
 相似性@ 死ぬまで挑戦し続けたこと  マイルス編  手塚編
 相似性A 弟子たちがその後の歴史を作ったこと  マイルス編  手塚編
 相似性B 困るぐらいの嫉妬深さ  マイルス編
マンガの神様・手塚治虫(英語・中国語で紹介)
マンガレビュー一覧
日本史 年代別記事一覧
posted by すぱあく at 14:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大友との話は有名だよね。水木センセイも手塚には敵意剥き出しだったし、ハイレベルな作家同士が馴れ合うこともなくバトルしてた時代なのかな。ちなみに手塚が絶不調のときに描いた「アラバスター」はめっちゃダークな話でオヌヌメ。
Posted by ガンバ=レル大尉 at 2012年07月01日 22:43
レル大尉殿

貴重な情報どうもありがとう。
「アラバスター」知らなかったので、ネットで調べてみました。

あらすじを読んだだけで、暗澹たる気分になりました。
そうそう、手塚先生には、こういった「人間の暗部」を描き出していた時期があるんですよね。
Posted by すぱあく@管理人 at 2012年07月02日 09:39
>「あれはマンガではない」と公然と批判したのです。

公の場で公然と批判した訳ではないですよ。あの批判は手塚治虫宛に出されたファンレターの返信に書いた感想であって、本来であればその返信を受け取った読者一人だけが目にする筈のものでした。

「手塚治虫×石ノ森章太郎展」開催で、二人の関係を描いた作品などを振り返る。 - 見えない道場本舗
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130630/p1
Posted by 釣本直紀 at 2014年06月06日 21:53
>>>釣本直紀様

貴重な情報ありがとうございました。

手塚治虫、石ノ森章太郎ともにリアルタイムの世代ではなく、いろいろな本を読んで知りました。
より詳しい方のお話を聞くと、とてもためになります。
いずれにしても、過去の巨匠たちの話が、少しでも今につながっていければと考えています。
Posted by すぱあく@管理人 at 2014年06月07日 07:33

この記事へのトラックバック