2012年06月13日

ビートルズ―ハンブルグでの下積み時代

ドイツ・ハンブルグにあるザ・ビートルズ博物館Beatlemaniaが今月をもって閉鎖されることになったそうです。
Bealemaniaが発表した声明によると、2009年5月29日にオープン以来メディアや来客者から好意的な反応があったものの、3年間の入場者数は15万人ほどで、経費をまかなえなかったそうだ。これまで赤字経営でやってきたが、これ以上の継続は困難との判断を下すしかなかったという。(2012年6月11日 BARKS)

なんか、もったいないですね。
たしかに、よっぽどの音楽ファンやビートルズマニアでなければ、下積み時代にまでは注目しないでしょうね。

そうなんです。あのビートルズにも、ドサ周りの下積み時代があったんです。
beatles2.jpgなかでも、ハンブルグは、彼らにとって縁の深い土地でした。

彼らのデビューは1962年ですが、
ハンブルグの下積み時代は、1960〜1961年の出来事になります。
右は当時の彼らの写真。
左から、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、ピート・ベスト、ポール・マッカートニー、スチュアート・サトクリフ
まだ、リンゴ・スターはおらず、ピート・ベストがドラムを、スチュアート・サトクリフがベースを弾いていました。

この頃の話は、映画『バックビート』(1994年)を見れば、一発でわかります。
スチュアート・サトクリフを主人公にし、デビュー前でまだ何物でもないビートルズメンバーたちの不安や野心を描いた作品です。

スチュアート・サトクリフは、ジョン・レノンと同じ美術学校の出身で、ルックスも良く、画才もピカイチの優等生でした。
ジョン・レノンはとくに彼が好きで、バンドに誘い込みましたが、音楽よりは美術の道に進むことを決意し、バンドを脱退します。

しかし、将来を嘱望されていたにも関わらず、1962年に脳出血を起こし21歳で亡くなってしまいます。
ビートルズのメンバー、とくにジョン・レノンはこの悲劇を経てデビューし、世界的・歴史的スターになっていくのです。


★商品情報
●映画『バックビート』

バックビート BACKBEAT [DVD]

新品価格
¥3,084から
(2012/6/13 16:45時点)



●ハンブルグ時代のライブ音源(音質は悪いですが、超エネルギッシュ。よく残っていたもんだ)

1962 Live at the Star Club in Hamburg

新品価格
¥38,680から
(2012/6/13 16:49時点)




★関連記事
音楽レビュー一覧
映画・ドラマレビュー一覧
イギリス史 年代別記事一覧
posted by すぱあく at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック