2014年10月31日

武侠小説の巨人、金庸

kinyo.jpg金庸(きん よう、1924年〜、現90歳)。中国の作家です。

中華圏(中国・香港・台湾)における知名度は、ほぼ100%。しかし、日本での知名度は5%ぐらいでしょうか。彼の作品は凄まじいほど面白いんです。日本語翻訳も出版されているんです。だいたいの図書館にはあります。彼の原作ドラマだってTSUTAYAに行けば、置いてあるんです。なのに・・・、なのに・・・、まだまだマイナーで残念です。

少しでも日本で金庸が知られるように、彼の全作品をご紹介します。ではまず、金庸作品の基礎知識から。


『ドラゴンボール』のような戦闘シーン
彼の小説は武侠小説(ぶきょう しょうせつ)というジャンルに入ります。日本ではまったく聞きなれないものですが、中華圏では確立されて長いジャンルです。読んで字の如く、芸に優れ、義心に溢れたヒーローやヒロインが、中国の王朝時代を舞台に活躍する物語です。

時代小説は日本にもありますが、日本のものよりもチャンバラ活劇がド派手です。気によって体重を軽くする「軽功」を使い、高くジャンプしたり空を飛んだりします。さらには気を込めた一撃で、地面を爆発させたり、敵を吹っ飛ばしたり。要するに、通常ではあり得ないことばかりが起こるわけです。まぁ『ドラゴンボール』みたいなもんだと思えばわかりやすいでしょう。香港映画では、ワイヤーアクションを使って空を飛ぶ時代劇が多いですが、そのアイデアの大元はこの武侠小説なのです


大河ドラマのようなスケール
物語のスケールが巨大で、まるで大河ドラマのよう。その巨大な世界観は『指輪物語』(『ロード・オブ・ザ・リング』)にも例えられ、「中国のトールキン」と呼ばれることもあります。

そう聞くと、読むのが大変そうと思うかもしれませんが、そんなことはありません。RPGと思えばいいんです。どの物語の主人公も始めはひ弱な少年なのですが、町を出て世界(江湖)を旅するうちに、強敵と出会ったり、師匠と出会って修業したり、頼もしい友人と出会ったりして、どんどん成長していきます。この流れにとても感情移入しやすいので、大変な思いをすることなく読み進めることができます


宝塚歌劇のようなラブロマンス
中華圏でほぼ100%の知名度を誇っている金庸作品。男だけでなく、女性をも虜にするのはなぜか? それはラブロマンスがとても秀逸だからです。金庸作品に登場する女性は、ただ美しいだけではありません。武芸もピカ一で、機転も利きます。現代の女性も憧れる女性像がそこにあるのです。

そんな彼女たちですから、みんな自信満々でプライドが高いわけですよ。それが、不器用ながらも一途な主人公を好きになったりするわけです。だけど、プライドが高いから素直になれない。要するに、ツンデレってやつですね。そんなすったもんだを経て、最終的にはハッピーになる。まるで宝塚。宝塚歌劇団が金庸作品を舞台化してくれれば、日本でも爆発的に広まってくれるんだけどな〜


日本以外のアジア全体で有名
jinyong02.jpgなぜ、そんなに有名なのかと言えば、映画・ドラマ・マンガ・ゲームといった二次作品が半端じゃない数あるからです。俳優・女優が駆け出しの頃は、金庸作品のドラマに出ると一気にスターへの階段が開かれます。それほど、知名度を上げるのに効果があるのです。

中華圏(中国・香港・台湾)はもとより、華人・華僑が多く住むシンガポール、マレーシアといった東南アジアでも有名です。加えて、韓国でも80年代からブームになり、その着想は韓流時代劇にも取り入れられています。

要するに、アジアでは日本だけがマイナーだったのです。ただ、徳間書店が各国での人気ぶりに注目し、1996年から日本語翻訳を開始。少しずつ、知られるようになりました。それでも、まだまだマイナーですけどね。

中国史や歴史が好きなら人なら絶対にハマります。また、そうでない人でもきっとハマるでしょう。「こんな面白い作品があったのか!!」と驚くこと受けあいです。


発表年順 作品一覧
書剣恩仇録(しょけんおんきゅうろく、1955年)
碧血剣(へきけつけん、1956年) 
雪山飛狐(せつざんひこ、1957年)
射G英雄伝(しゃちょうえいゆうでん、1957年)
神G俠侶(しんちょうきょうりょ、1959年)
飛狐外伝(ひこがいでん、1960年)
倚天屠龍記(いてんとりゅうき、1961年)
鴛鴦刀(えんおうとう、1961年)
白馬は西風にいななく(1961年)
連城訣(れんじょうけつ、1963年)
天龍八部(てんりゅうはちぶ、1963年)
侠客行(きょうかくこう、1965年)
笑傲江湖(しょうごうこうこ、1967年)
鹿鼎記(ろくていき、1969年)
越女剣(えつじょけん、1970年)


★外部リンク
徳間書店 金庸公式サイト
金庸 - Wikipedia


★関連記事
ブックレビュー一覧
中国史 年代別記事一覧


きわめつき武侠小説指南―金庸ワールドを読み解く

中古価格
¥373から
(2014/11/12 11:02時点)




武侠小説の巨人 金庸の世界

中古価格
¥297から
(2014/11/12 11:02時点)




歴史と文学の境界―“金庸”の武侠小説をめぐって (人文学研究叢書)

新品価格
¥3,456から
(2014/11/12 11:02時点)


posted by すぱあく at 11:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思えば全部途中で挫折したな。もう一回挑戦しようかな〜。
Posted by ガンバ=レル大尉 at 2012年05月22日 23:35
でも、テレビドラマ懐かしくね。
リー・ヤーボンが主演だった『笑傲江湖』とかさ。

岳不群の清々しいほどの悪党ぶりがサイコー。
林平之の復讐のために、去勢までしてしまうキ○ガイぶりがサイコー。
極めつけは、東方不敗の超絶無敵っぷりがサイコーでした。
Posted by すぱあく@管理人 at 2012年06月06日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック