2014年08月14日

『DAIVA』 ― クレイジーな志の高さは国宝級

daiva.jpg今回は、1986年〜1987年に発売されたゲーム
『DAIVA』(ディーヴァ)シリーズの歴史を掘り起こしてみたいと思います。

当時大々的に宣伝を展開し、少年ジャンプなどにも広告が掲載されていたことを覚えています。
しかし、残念ながらヒットにはつながらず、今ではごく一部のマニアの記憶にしか残っていない悲しい作品です。

ですが、その志はかなり高く、大企業病に陥っている今のゲームメーカーにはぜひこの志を思い出してほしいと思います。
当時のゲーム業界は、ハードの性能は今とは比べ物にならないほど劣っていたにも関わらず、志だけは今より遥かに高かったと思います。



さて、『DAIVA』のストーリーは、宇宙を舞台に繰り広げられるスペースオペラです。
ゲーム内容は、基本はシミュレーション。
開発は、当時PCゲームメーカーとしては、かなりメジャーな存在だったT&E SOFTでした。

では、どのあたりが斬新だったかというと、なんと7つの異なるハードで主人公を変えてリリースし、それぞれのストーリーに関連性をもたせたのです。これは当時としてはあまりに壮大なプロジェクトでした。

以下、要点を表にまとめてみます。
タイトル主人公photo対応ハード機種photo
STORY1
ヴリトラの炎
司政官
ルシャナ=パティー
daiva1.jpgPC-8801mkIISR
(168,000〜258,000円)
※当時のハード価格
m_nec_pc-8801.jpg
STORY2
ドゥルガーの記憶
貴族
ア=ミターバ
daiva2.jpgFM77AV
(128,000〜228,000円)
fm77av.jpg
STORY3
ニルヴァーナの試練
艦隊司令
アモーガ=シッディー
daiva3.jpgX1
(119,800〜155,000円)
X1.jpg.jpg
STORY4
アスラの血流
パイロット
ラトナ=サンバ
daiva4.jpgMSX
(100,000円以下も多数)
msx.jpg
STORY5
ソーマの杯
科学者
アクショー=ビア
daiva5.jpgMSX2
(100,000円以下も多数)
msx2.jpg
STORY6
ナーサティアの玉座
宇宙海賊
マータリ=シュバン
daiva6.jpgファミリーコンピュータ
(14,800円)
famicom.jpg
STORY7
カリ・ユガの光輝
記憶喪失者
クリシュナ=シャーク
daiva7.jpgPC-9801VM/UV
(250,000〜500,000円)
nec_pc9801vm.JPG


う〜ん、なんというスペースオペラ。イラストを見ているだけでアドレナリンが分泌してしまいます
そして、Windows登場前夜の旧型パソコンの数々にもノスタルジーを覚えます。
当時のパソコンは値段も高く、特殊なコマンドを扱えないと使えないため、パソコンで遊んでいる人は確実にマニアでした。

daiva_a.jpgなお、この『DAIVA』シリーズでは、キャラクターデータを他機種に入力すると援軍として参加させることができました。
別機種の主人公が、他機種に登場するわけです。約30年前にこの仕組みを考え出したT&E SOFTは、
ちょっとクレイジーなぐらい志が高かったわけです。

「これで全盛のファミコンユーザーをパソコンゲームに呼び込むことができる!!」
彼らはそう考えたに違いありません。

しかし、残念ながらそうはなりませんでした。やはり時代が彼らに追いついていなかったんですね。

daiva_b.jpgそもそも、ファミコンで遊んでいたちびっ子とパソコンマニアが交流する機会がほとんど皆無だったんです。
また、仮にパソコンに興味があったとしても高価すぎて購入できないのが普通でした。
さらに言うと、難易度がかなり高く、まぁ「クソゲー」と言われてもしょうがない内容でした。
よって、せっかくのハード間プレイが生かされることがなかったのです。
志が高くても必ずしも成功するわけではない典型ですね。

daiva-sound.jpgそれでも、音楽は素晴らしく、今でも耳に残っています。
調べてみたら、作曲はなんと浅倉大介さん(元access、T.M.Revolutionのプロデューサー)ということ。企画陣の熱の入れようにはやはりクレイジーさを感じます。

←←←サントラですよ!!




また、2003年に全機種版をひとつにまとめた『ディーヴァ・クロニクル』(Windows)が発売されました。これで、当時は全機種をプレイできなかった方も思いっきり堪能できますね。レトロゲームマニアにもオススメです。

ディーヴァ・クロニクル

新品価格
¥140,000から
(2014/8/14 09:29時点)





★関連記事
15年前のパソコン雑誌に驚愕!!
音楽レビュー一覧
日本史 年代別記事一覧
ラベル:IT温故知新
posted by すぱあく at 08:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プレミアが付いていると聞いて検索してたどり着きました
14万円って…
Posted by とおりすがり at 2016年11月25日 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック