2012年08月28日

百人一首4 山部赤人

akahito.jpg
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の
 富士の高嶺に 雪は降りつつ

★歌意
田子の浦に出て見渡すと、真っ白な富士の高い峰に、いま雪が降り続いていることだ。


★解説
田子の浦は、現在は静岡県富士市一帯の海岸です。
「降りつつ」の「つつ」は動作の反復や継続を表す接続助詞で、ここでは雪が降り続いていることを示します。しかし実際には、富士山頂に降っている雪は見えないので、想像しての表現ということになります。古代日本人の想像力の豊かさがわかる一首です。
fujisan.jpg
★人物
山部赤人(やまべ の あかひと、生年不詳〜736年頃)
奈良時代の歌人で、三十六歌仙の一人。同時代の史料に記述がないため、詳しいことは不明です。
柿本人麻呂とともに「歌聖」と称えられています。紀貫之(35番歌の歌人)も『古今和歌集』において、「人麿(柿本人麻呂)は、赤人が上に立たむことかたく、赤人は人麿が下に立たむことかたくなむありける」と同等に評価しています。


★関連記事
百人一首一覧
日本史 年代別記事一覧
歓迎日本 静岡県


★商品情報
posted by すぱあく at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

為になりました。
Posted by あさみ at 2012年10月10日 15:20
>>>あさみさん

ご訪問ありがとうございました。為になったとは恐悦至極に存じます。

また、どうぞよろしくお願いします。
Posted by すぱあく@管理人 at 2012年10月13日 13:48

この記事へのトラックバック