2011年04月12日

なぜマンガの中国人は「アルよ」と話すのか2 満州国の協和語

中国人キャラが「アルよ」と話す理由には諸説あり、今もハッキリとわかっていません。
ですが、歴史ファンとして興味深い「協和語」をルーツとする説にしぼって、話を進めます。

「協和語」・・・聞いたことがない言葉ですね。
これは満州国(1932年〜1945年)で使われた人工言語で、他民族でも日本語を学習しやすいようにわざと崩した言語なのです。

日本語は、外国人にとっては習得しにくい言語です。
・文字の種類が3種類(ひらがな・カタカナ・漢字)もある
・漢字の読み方は複数ある(韓国語の場合は1種類、中国語は多くても2種類)
・動詞・形容詞・形容動詞に活用がある
・助詞の使い方が複雑
・敬語が3種類(丁寧語、尊敬語、謙譲語)もある


そこで日本語を意図的に崩したというわけです。助詞がなく、活用も限られています。
・私は日本人です→→→私日本人アルよ
・お嬢さんはきれいですね→→→姑娘(グーニャン)きれいアルね
 ※単語には中国語なども盛り込まれた
・あなたが座る椅子がありません→→→あなた座るの椅子ないアルよ

Puyi-Manchukuo.jpgでは、この「協和語」を学ばせようとした「他民族」とはどの民族を指しているのでしょうか。
満州国は、表向きは清朝最後の皇帝である愛新覚羅溥儀が皇帝となった満洲人による独立国です。
しかし、実際は関東軍(大日本帝国陸軍)および大日本帝国の傀儡国家であり、その手法があからさまであったため世界中から非難を浴びました。

この満州国、表向きのスローガンだけは立派で、なかでも「五族協和」が掲げられました。
五族とは日本人・漢人・朝鮮人・満洲人・蒙古人の民族を指します。「協和語」のネーミングと学ばせる対象民族はここから来ています。

しかし、満州国は日本の敗戦とともに消滅し、その混乱の中で「協和語」に関する資料は散逸してしまいます。そのため、系統だった研究がほとんど行われていないため、詳細は今も明らかではありません。

zenji_pekin.jpgでは、なぜ「協和語」ルーツの「アルよ」がマンガに定着したかというと、それはおそらく手品芸人のゼンジー北京さんの影響が大きいのではないでしょうか。

チャイナ服姿に「種も仕掛けもチョトアルよ」といった怪しい語り口。
私ははじめて見たとき中国人だと思いましたが、彼は広島県出身の日本人です。あのしゃべり方はネタです。

このネタは、中華料理店の店員のしゃべり方をマネたものだそうです。当時は、「協和語」の影響を受けた中国人が日本に移り住んでいても不思議ではありません。
ゼンジー北京さんは元々は極度のあがり症でしたが、このしゃべり方のおかげで舞台をうまくこなせるようになり、テレビでも人気者になりました。

彼の初舞台が1963年、『サイボーグ009』の連載開始が1964年です。彼のネタがマンガに影響を与えた可能性は大きいです。

ついでに言うと、タモリさんも中国語ネタがあります。中国語のニュアンスを絶妙に取り入れており、このネタも一世を風靡しました。


ほかに中川家礼二さんインチキ広東語も大好きです。


★関連記事
日本史 年代別記事一覧
中国史 年代別記事一覧
ラベル:日本語
posted by すぱあく at 09:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
協和語、そんな言葉があったことすら知りませんでした。
興味深いですね。
椅子がないアルよって、ないのかあるのかわかりませんね。
Posted by 桃源児 at 2011年04月12日 10:12
すごいですね。協和語ですか。
今度、うちのお客さんに満州帰りの方がいます。
ちょっと聞いてみます。
Posted by shimizut73 at 2011年04月12日 11:56
>>桃源児さん
はじめまして。来訪ありがとうございます。
おっしゃる通り、へんちくりんな日本語になってしまいます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

>>shimizut73さん
こんにちは。あしともでもお世話になっています。
ある程度の年齢の方の中には、旧満州(現・東北三省)のご出身の方がいます。
苦しい思い出も多いと思いますが、
「満州の夕日は美しかった」とも聞きます。
夢幻の如くですよねぇ。
Posted by すぱあく@管理人 at 2011年04月12日 18:44
協和語の話しはどこかで聞いたことがあります。(動詞、形容詞、形容動詞、助動詞などの)用言の活用が非日本語話者には非常に厄介なので、人工的に語尾の活用を簡易化させたとか。「アルヨ」も「er化の影響」という怪しい説と協和語の名残という説の2説あるとか。でもこんなネタ、どこで聞いたのかも忘れてしまいました。

あとは南洋諸島などの委任統治領向けの日本語教育に簡易版の日本語が検討されたというのも聞いたことがあります。

ちょっと横道に逸れますが、井上ひさし「国語元年」はフィクションですが、維新直後に文部省の高級官僚が「全国統一話し言葉」の制定を仰せつかり苦労する話しです。この作品内でも「活用の簡易化」を実験的に取り入れていたことを思い出しました。
Posted by これ at 2011年04月21日 14:12
>>これさん
こんにちは。私も以前は「er化の影響」説を大真面目に信じていました。でも、なんかマユツバっぽいですよね。
「魁!!男塾」の『民明書房』(ゴルフは中国人の呉竜府がつくった等)と同じ香りがします(笑)。

井上ひさし「国語元年」、貴重な情報ありがとうございます。探して読んでみたいです。
Posted by すぱあく@管理人 at 2011年04月28日 17:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック