2011年03月30日

大人の視点4 失敗した『仮面ライダー響鬼』

hibiki.jpg『仮面ライダー響鬼』、実験的な試みとして現実的な大人の視点を取り入れ、結果的には大失敗してしまったドラマです。
昭和にやっていてしばらく断絶していた仮面ライダーは、2000年に『仮面ライダークウガ』がオダギリ・ジョーの主演でヒットします。オダギリ・ジョーはその後スターダムにのし上がり、仮面ライダーも「平成仮面ライダーシリーズ」として復活し今も続いています。『仮面ライダー響鬼』は06年に放映した、シリーズ第6作目です。

さて、たいていの男の子は戦隊モノや特撮モノを見て育つでしょう。あの世界観は子供の頃は気になりませんでしたが、大人になってから考えると、いろいろと不思議な点があります
・戦隊の組織はどこの管轄か(政府? 国連?)
・資金源はどこから来るのか?
・基地には戦隊のメンバーと博士ぐらいしかいないけど、事務スタッフはいないのか?
・メカやロボットがたくさんあるが、メカニックはいないのか?
・兵隊の総数は、敵組織の方が圧倒的に有利なはずだけど・・・
・戦隊メンバーは年頃の男女で、女性が少ない。誰かが恋愛関係に陥ったらややこしいことにならないのか?

と、考えれば考えるほど、不思議なことだらけ。この現実的な考えを特撮モノに持ち込んだ意欲作が『仮面ライダー響鬼』だったわけです。つまり、『踊る大捜査線』のような仮面ライダーをつくろうと考えたのです
キーマンとなるプロデューサーは、『仮面ライダークウガ』をヒットさせた高寺重徳(当時、東映)。「今までにない仮面ライダーをつくる」、きっと高寺氏は燃えていたと思います。通常、仮面ライダーは無名の若手が主演するのですが、今回は意欲作なので、ベテランの細川茂樹が起用されました。では、本作はどんな点がリアル路線なのか見ていきます。

仮面ライダーは職業である
本作の仮面ライダーは「鬼(おに)」と呼ばれています。「鬼」は「猛士(たけし)」という組織に属して、妖怪を倒す職業になっています。「猛士」は吉野(奈良県)に本部があり、主人公たちは東京都葛飾区柴又にある関東支部に所属しています。さらに、この関東支部は表向きは甘味処「たちばな」として飲食店になっています。同時にオリエンテーリングのNPOとしてアウトドア用品を販売しており、これらの売上が資金源になっているのです。・・・リアルすぎる。

シフト制で働いている
通常のヒーローは不眠不休で働きますが、現実的には不可能です。そのあたりも本作はリアルに描いています。戦いで負傷した「鬼」は入院し、その穴を別の「鬼」が埋めます。関東支部には常時4〜5人の「鬼」がいますので、それが可能になっています。

バイクにのれない仮面ライダー
主人公の響鬼(演:細川茂樹)は、ペーパードライバーという設定。リアルにもほどがある。当初バイクを持っておらず、車の運転も下手なので助手にお願いしています。なんと主人公は車の助手席で移動するのです。申し訳ありませんがこれはカッコ悪い。

若い男女がいれば恋愛も生まれる
「猛士」に所属する女性スタッフと若い「鬼」(仮面ライダー)に恋が芽生えるというエピソードが描かれます。現実世界ならばあっても不思議ではありませんが、ヒーローものではかなり珍しいです。

すごいでしょう、このリアル路線。これは働く大人の琴線に触れたらしく、大きな話題を呼びました。事実、マンガ家の吉田戦車などはファンを公言していました。

しかし、本作で夢中になったのは大人だけだったようです。メインターゲットの子供たちからの人気はかなりイマイチでした。すると、オモチャが売れません。スポンサーのバンダイから改変を要求されます。
ドラマ後半からプロデューサーの高寺氏は降板(後に東映を退社)し、ストーリーもこれまでと似て非なるものが展開されます。今度は大人のファンが離れていき、結果、視聴率的にも興業的にも大失敗という結果で終わります。ある意味、このドタバタしたエピソードこそ大人の社会そのものと言えます。


では、なぜ子供たちの人気を得られなかったのか。分析してみます。
ドラマに力点を置きすぎて、アクションが乏しい
子供にとってはややこしいドラマよりもライダーキックの方がいいんですね

詳細な設定を視聴者に理解してもらうため、説明がやたらと多い
これは大人が見ても疲れます。いわんや子どもでは・・・

恋愛もピンと来ない
若手の「鬼」(仮面ライダー)が彼女に何をプレゼントするかで悩むシーンがあります。子供にとっては「そんなシーンいいから、ライダーキック」でしょう

バイクに乗れないライダーってどうよ
「リアル路線はいいから、バイクに乗ってよ」という子供の声が聞こえてきそうです。


『踊る大捜査線』はリアル路線を追求して大ヒットし、『仮面ライダー響鬼』はリアル路線を追求して大失敗した。ふたつの違いはメインターゲットが大人と子供で違ったことでした。

でも、『仮面ライダー響鬼』の世界観は丁寧な作りで決して悪いものではありませんでした。またいつか大人も楽しめる特撮作品が登場してほしいものです。


★関連記事
大人の視点1 ガンダムのドレン
大人の視点2 LUNA SEA
大人の視点3 成功した『踊る大捜査線』
大人の視点4 失敗した『仮面ライダー響鬼』
大人の視点5 「負けてもいいじゃないか」馬場俊英さんの応援歌
映画・ドラマレビュー一覧


仮面ライダー響鬼 VOL.1 [DVD]

新品価格
¥4,000から
(2014/11/15 08:38時点)




S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー響鬼

新品価格
¥3,830から
(2014/11/15 08:39時点)


posted by すぱあく at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく設定が練られてて好きだった
バイクのワルキューレルーンがまんまだったのもお気に入りポイントの一つだったなぁ
Posted by 1 at 2014年01月19日 10:57
>>>1さん
本当にそうですよね!
バイク屋に行って選んで、購入するところまで描いているんだから、リアル過ぎ。
実験する姿勢は素晴らしかったんですけどね〜
Posted by すぱあく@管理人 at 2014年01月20日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック