2011年03月28日

大人の視点2 LUNA SEA

今回は、ロックバンドも私たちと同じ社会人であり、働く大人であるというテーマです。
考えてみれば当たり前のことで、ロックバンドにも家族がいて休日には家族サービスをしていると思います。税金も当然納めているでしょう。しかし、私たちは通常、そうした視点でロックバンドを見ませんよね。彼らもそんな俗人的な状態を見て欲しいとは思っていないかもしれません。

でも、普通のことを普通にやっているからこそカッコイイと私は思います。

以前、黒夢のボーカルの清春さんがインタビューで「自分に子どもができたとき『ロッカーが子育てかよ』って思ったけど、『子育てこそロックじゃないのか』って考え直しましたね」といっていました。この考えは大切だと思いますよ。
ステージで生きたコウモリを食いちぎるという過激なパフォーマンスをするオジー・オズボーンでさえ、家庭ではいいパパなんですから。

前置きが長くなりましたが、本日はロックバンドのLUNA SEA(ルナシー)を大人の視点で見ていきます。
lunasea.jpg最近、彼らが「被災者に向け10年ぶりの新曲を発表へ」というニュースがありました。自分にとってはとても懐かしくて思い入れのあるバンドです。学生時代はベスト版の『SINGLES』をヘビーローテーションで聴いていました。

LUNA SEAは92年にメジャーデビュー。デビューから数年間は、髪をハデに染めて、ツンツンに立てたりしていました。彼らの後続バンドは、さらにケバケバになっていき、それがヴィジュアル系とカテゴライズされるようになります。
97年にメンバー全員がソロ活動をして、お茶の間での知名度を上げます。00年に解散しましたが、10年に活動を再開しています。
メンバーは以下。
RYUICHI(リュウイチ):ボーカル
SUGIZO(スギゾー):ギター&バイオリン
INORAN(イノラン):ギター
J(ジェイ):ベース
真矢(シンヤ):ドラムス&パーカッション

世間一般の知名度としては、RYUICHIさんが河村隆一としてソロ活動を展開し、ヒット曲を連発したり、CMやドラマ、バラエティに出演してお茶の間でも知られるようになりました。あとは、真矢さんの奥さんが元モーニング娘。の石黒彩さんであることも良く知られています。

さて懐かしくなり、「CRAZY ABOUT YOU」のリハーサル・クリップを見ました。このクリップを学生のときに見たら「練習やっているな」程度しか感じなかったと思います。
しかし、社会人で大人になった私がこれを見たとき、今まで感じたこともなかった親近感を感じたのです。
曲作りのために、メンバーが「こうしたら、どうか」「あぁしたら、どうか」と話し合っているシーンが、職場の会議に見えたのです。

どの職場でも会議や打ち合わせがあります。
「今月の売上目標をどうやったら達成できるのか?」
 ―「主婦層を狙って婦人服をバーゲンしましょう」

「次号の雑誌のテーマはどうする?」
 ―「通常の企画は抑え目にして、震災からの復興をテーマにしたらどうでしょう」

たいていの会議は退屈なものですが、これがなければ組織としての意思統一ができません。

LUNA SEAのメンバーも話し合いをしています。
ドラムの真矢さんがリズムを維持するのが「めちゃくちゃ難しい」といっています。
とはいっても、彼は一流のプロドラマーです。その彼が苦境を口にしているのは、この部分に曲としての問題があるからでしょう。
口に出して苦境を訴えることができるのは彼がムードメーカーだからだと思います。職場にもこういう人は大事です。普通、自分の苦境は隠してしまいがち。だから、事態が悪化してから露呈することが往々にしてあるのです。もちろん自分にもそうした経験があるし、今のまったく収束する気配がない原発事故はその極地といえます

ギターのSUGIZOさんが「こうしたらリズムを維持できるんじゃないか」と意見をいいます。
ベースのJさんとリズムギターのINORANさんは、それを見守っています。
同僚同士で意見をぶつけあう、アドバイスし合うという風景も職場では日常茶飯事ですよね。

そして、最後にRYUICHIさんはバッチリ決めます。あまりに気持ちよく決まったので、真矢さんが「スゴイね」とビックリします。そしたら、RYUICHIさんは「いや、足でリズムを取っていたからうまくいったんだよ」と謙遜します。

うぬぅ。こういう仕事もできて周りに配慮できる人も、数は少ないがいる、たしかにいます。さらにRYUICHIさん並みにイケメンだったら、同僚は凹むかもしれません。

こんな感じでリハーサルクリップを見るなんて、大人でなければないでしょう。これを見て、昔以上に彼らが好きになりました。
被災者支援の新曲はもちろん買わせていただきます!!


★関連記事
大人の視点1 ガンダムのドレン
大人の視点2 LUNA SEA
大人の視点3 成功した『踊る大捜査線』
大人の視点4 失敗した『仮面ライダー響鬼』
大人の視点5 「負けてもいいじゃないか」馬場俊英さんの応援歌
音楽レビュー一覧


LUNA SEA GOD BLESS YOU~One Night Dejavu~2007.12.24 TOKYO DOME [Blu-ray]

新品価格
¥6,140から
(2014/1/19 20:27時点)




LUNACY(DVD付)

新品価格
¥2,578から
(2014/1/19 20:27時点)


posted by すぱあく at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック