2011年03月27日

大人の視点1 ガンダムのドレン

時が流れるのは速いもの。あっという間に私も30OVERです。
女性ならシワが増えてオバサンに。男性なら頭髪が薄くなってメタボに。果たして年をとることは愉快なことなのでしょうか。

でも、そこは考え方次第ではないでしょうか。
確かに大人になると考え方は硬直化し、現実的になってしまいます。
しかし、経験を積んだからこそ考えも深くなり、若い頃には見えなかった世界が見えるようになります。
そうやって新しい世界を楽しむことができれば、年をとることも楽しくなるのではないでしょうか。

そんな大人の視点で、さまざまなエンターテインメントを見直してみようと思います。
今回のテーマは、説明不要の人気作品『機動戦士ガンダム』です。

この作品で最も人気がある登場人物は、いうまでもなくシャア・アズナブルです。
しかし、大人の現実的な視点で彼を見たとき、きっと違和感を感じるでしょう。

シャアのステータスを列挙してみます。
sya.jpg・イケメン
・モデル並みにスレンダー
・頭脳明晰
・フェンシングなどスポーツ万能
・貴族出身(しかも一国の元首クラス)
・士官学校卒のエリート
・若くして艦隊の指揮官
・カリスマ性バツグンの優れた指導力
・パイロットの腕前も超一流(「赤い彗星」)
・職場でマスクやサングラスをかけていても怒られない


これを見てどう感じますか。もはや完璧超人で人間ではないでしょう。大人は、現実世界にこんな人がいないことを知っており、彼がファンタジーの産物であることを理解します。

では、大人の視点で見たとき、どんな人物に感情移入できるのでしょうか。
これは我ら埼玉が誇る土田晃之さん『アメトーーク』の「ガンダム芸人」で語っていたことですが、
シャアの副官のドレンこそが、男の生き様をみせてくれているというのです。

doren.jpgこの方がドレンさんです。超・超・超脇役であり、よっぽどのマニアでなければ、知らないキャラです。さすがは土田さん。
同様にステータスを列挙してみましょう。
・イケメンではない
・ずんぐりむっくり
・平民出身のたたきあげ(艦隊の副官にまで出世)
・年下のシャアが上司
・シャアからは信頼されているが「貴様」呼ばわりされている




これを見てどう感じますか。「んっ!? これ俺じゃないか」と思ったお父さんも多いのでは。世のサラリーマンや公務員なら年下の上司がいてもおかしくありません。それに対しておもしろくないと感じている人も多いでしょう。だけど、それが大人の社会なのです。
見てください。平民出身でも立派に副官にまで上りつめた人がいるじゃないですか(ちなみに、彼は後に艦長にまで出世します)。
そうです。私たちが見習うべきはドレンなのであります。
年下のシャアに「貴様」よばわりされても、豪快に笑うことができる器の大きさ。
だからこそシャアはドレンに全幅の信頼を置いていたのだと思います。
土田さんも「芸人として大御所でもない、若手でもない、中間の立場にいる自分を見ているようだ」と涙を流しながら彼を見ているそうです。

仮にシャアのような完璧な人物がビジネス本を出したとしても、それはあなたの役に立ちますか?
でも、ドレンが書いた本なら読みたいと思う人はきっと多いでしょう。
ぜひドレンから出世の秘密を、世の中を上手に渡っていくノウハウを教えてもらいたいものです。

doren_book.jpg なんで、私がシャア少佐の副官に!?

 ●作者:ドレン
 ●出版社/メーカー:ジオン公国出版社
 ●発売日:宇宙世紀0079年
 ●価格:1500ダカット









★関連記事
大人の視点1 ガンダムのドレン
大人の視点2 LUNA SEA
大人の視点3 成功した『踊る大捜査線』
大人の視点4 失敗した『仮面ライダー響鬼』
大人の視点5 「負けてもいいじゃないか」馬場俊英さんの応援歌
マンガレビュー一覧
posted by すぱあく at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック