2011年03月21日

正教会1 ニコライ堂に行ってきました

nicorai.jpg御茶ノ水駅前(東京都千代田区)に威風堂々の外観をたたえる「ニコライ堂」(国指定重要文化財)に行ってきました。

職場が近いので何百回と前を通ってきましたが、あまりに近い存在であらためて行くことがありませんでした。東京都民が東京タワーにほとんど行かないのと同じです。

しかし、このニコライ堂には、機会があればぜひ行った方がいいです。ちょうど大地震で大変な時期ですから、荘厳な雰囲気に包まれ、心が洗われると思います。

本日はこのニコライ堂の歴史を振り返り、そしてシリーズで「正教会」の歴史をたどってみたいと思います。

正式名称は「東京復活大聖堂」。通称の「ニコライ堂」は、日本に正教会をもたらしたロシア人修道司祭(のち大主教)聖ニコライからです。

Nikolai.jpg1836年、正教会の神職の家に生まれたニコライは、大学まで神学校に通います。在学中にヴァーシリー・ゴローニンの著した『日本幽囚記』を読み、日本への渡航と伝道に憧れを抱きます。そして、在日本ロシア領事館附属礼拝堂司祭の募集を知り、志願します。

1861年に函館ロシア領事館附属礼拝堂司祭として着任。この頃、アメリカ渡航を計画していた新島襄(後に同志社大学を設立)に出会い、日本語を教わります。以後、精力的に正教の布教に努めます。

Sawabe.jpgさらに函館で沢辺琢磨に出会い、後に沢辺はニコライの弟子になります。この沢辺琢磨は、坂本龍馬の従兄弟で、NHK大河ドラマ『龍馬伝』第9回(2010年)にも登場していました。
彼は酒を飲んだ帰り道、拾った金時計を酔った勢いで時計屋に売ってしまいました。ところが、その時計は盗品だったため、自分自身が疑われ、切腹沙汰にまで発展します。そこを龍馬や武市半平太が逃がすわけです。その後、彼は東北を転々し、ついに函館まで逃げのびます。
沢辺は、ニコライの弟子として、日本ではじめての正教徒になり、後にはじめての日本人司祭になります。

明治になり、聖ニコライは東京で布教活動を展開します。そして、大聖堂の建設を企画します。元の設計は、ロシア工科大学教授で建築家のミハイル・シチュールポフ。それを受けてジョサイア・コンドルが設計をします。

nicholai_02.jpg竣工したのは1891年。レンガと石で造られ、ギリシャ十字型のプランを有する聖堂です。中央に八角形ドームがあり、内部には美しいイコン画が飾られました。現在でも日本最大のビザンティン建築による大聖堂です。建設費用は当時の金額で24万円。大部分はロシアの正教徒たちの献金によって賄われたそうです。

明治の名建築の一つに数えられ、夏目漱石『それから』(1909年)の一節にも登場します。また、与謝野晶子、与謝野鉄幹、木下杢太郎といった詩人にもニコライ堂が詠まれました。

聖ニコライは1869年、1879年にロシアに帰国していますが、その後は日本に戻り、日露戦争(1904〜1905年)のときも日本を離れませんでした。そして、1912年、76歳のときにこの大聖堂で没します。

1923年、関東大震災が発生しニコライ堂は倒壊しますが、1927年から1929年にかけて建築家・岡田信一郎の設計により修復されます。東京大空襲のときは破壊を免れ、今もその威容を伝えています。

このニコライ堂、誰でも中に入ることができます。月曜日・祭日を除く午後1時〜3時半(10月〜3月)、午後1時〜4時(4月〜9月)。聖堂内には、美しいイコンがあり、荘厳な雰囲気に包まれていました。撮影はできませんのでご注意ください。


★関連記事
正教会1 ニコライ堂に行ってきました
正教会2 原始キリスト教の流れを汲む歴史の生き証人
正教会3 「神聖ローマ帝国」という東側への対抗システム
正教会4 東西教会の分裂後に続く苦難の道
正教会5 東西教会を徹底比較
正教会6 荘厳なイコンの下で祈る
日本史 年代別記事一覧
ロシア史 年代別記事一覧
・コンドル設計による三菱一号館 ― 『レオナルド×ミケランジェロ展』に行ってきました!
全国の都道府県&物産
posted by すぱあく at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック