2014年01月18日

横浜中華街の歴史

chinatown_zenrinmon.jpg日本三大中華街(横浜、神戸、長崎)の中でも、横浜中華街は最大の規模を誇っています。本日はこの横浜中華街の歴史を見ていきます。

ペリー来航(1853年)以来、幕府はアメリカから開港を迫られてきました。そして、1859(安政6)年、ついに開国することになり、当時は単なる漁村だった横浜に大慌てで港を建設し、外国人居留地をつくったのです

同年、この外国人居留地に外資系第一号として進出したのが、
ジャーディン・マセソン商会です。同社の横浜支店は、地元住民から英一番館と呼ばれていました。
長州ファイブをロンドンにいざなったジャーディン・マセソン商会

その後も外資系企業は続々と日本にやってきました。こうした欧米人に従ってやっきたのが、中国人の「買弁」(ばいべん)たちです。「買弁」というのは、清朝末期に欧米人を支援した中国人商人のことで、計算や語学に長けた人材が重宝がられました

欧米人たちが、中国人買弁を日本に連れてきた理由は
・日本人と漢字で筆談できるから
・欧米人と日本人では、商習慣がかなり違ったため、間に中国人を入れた方がまだマシだったから、のようです。

その後、横浜と上海、香港間に定期船航路が開設されると、さらに多くの中国人商人たちが来日し、居留地の一角(現在の山下町)に関帝廟、中華会館、中華学校などが建てられていきました。これが横浜中華街の原型です。ただ、この頃は日用雑貨店、衣料品店、食料品店などが大半で、中華料理店は多くありませんでした。

1894(明治27)年に日清戦争が勃発すると中国人の多くが帰国しますが、戦後にまた戻ってきます。ところが、1899(明治32)年には居留地が廃止されてしまいます。加えて、日本人の職を守るため、中国人は職業制限を受けます。

受難が続く中国人でしたが、たくましいのも彼らの特徴。三把刀(料理・洋裁・理髪)という刃物を使う職業に特化し、この道のエキスパートになっていきます。中華街に中華料理屋が増えていったのはこれが理由です

chukagai.gif居留地は廃止されましたが、外国人はそのまま住んでいいことになりました。欧米人の多くは帰国したため、この頃からしだいに中国人街の雰囲気となり、「南京町」と呼ばれるようになります。この中国人街には、袁世凱に追われ日本に亡命(1913年8月〜1916年)した孫文も隠れ住んでいました。

しかし、1923(大正12)年9月1日に発生した関東大震災でこの中国人街も大打撃を受け、1930年代にようやく復興します。その後、1937(昭和12)年7月7日に日中戦争が勃発し、華僑の多くは帰国します。

戦後になると、近くにGHQ本部が置かれたこともあり、米軍相手の商売で盛り返します。戦勝国である中国からの物資に恵まれ、飲食店が100軒近くになりました。香港との往来も復活して横浜港は賑わい、南京町も発展しました。

1955(昭和30)年、中華街大通りの入り口に「牌楼門」が建てられ、門の上に「中華街」と書かれたことで、この街は次第に「中華街」と呼ばれるようになります。

1972(昭和47)年、日中国交正常化が実現。パンダブームなどとともに中華料理目当ての日本人観光客が増えていきます。同年、横浜中華街発展会協同組合が発足します。

2004(平成16)年、横浜高速鉄道みなとみらい21線が開業し、終着駅として「元町・中華街駅」が設置されました。日本の中華街が他の国々のチャイナタウンと大きく違う点は、来街者の95%が中国人でないこと。他はちょうどその逆なのです。それだけ、魅力的な観光地として発展してきたといえます。


★関連記事
横浜中華街の物産一覧  ・歓迎日本 神奈川県  ・神奈川県 関連記事一覧  
ジャーディン・マセソン年表  ・日本史 年代別記事一覧  ・中国史 年代別記事一覧


萬珍楼社長である華人・林兼正氏の話を元に執筆したもの
posted by すぱあく at 06:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
Posted by 萌音 at 2014年02月07日 19:03
>>萌音さん

楽しんでもらって、こちらも嬉しいです。
リンク先にジャンプしたら、びっくり!!

横浜中華街 聘珍樓の方でしたか。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
Posted by すぱあく@管理人 at 2014年02月08日 13:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック