2011年01月25日

『坂の上の雲』のボリスにアカデミー助演賞を

『坂の上の雲』第2部もおもしろかったですね。ただ、日露戦争がはじまったと思ったら、続きの第3部は1年後ですよ。待ち遠しいですねぇ。

さて、『坂の上の雲』にはスター級の豪華キャストが勢ぞろいなのですが、その人たちでなくてもキラリと光る演技をしている俳優たちもたくさんいます。

images.jpgなかでも注目は、ロシア海軍のボリス・ビルキツキー(演:アルチョム・グリゴリエフ)です。この人劇中ではかませ犬ポジションですが、表情がまさに「かませ犬」なんです(失礼)

素でこの顔なのか、演技でこの顔なのか。いつも涙を目に貯めているような顔をしています。演技だとしたら、アカデミー助演男優賞を上げてもよいのでは。

ゲイリー・オールドマンが狂気をはらんだ演技を行いますが、このボリスはまさに哀しみをはらんだ演技です。

ネット上でもかませ犬っぷりが人気のボリスですが、ライバルであり親友の広瀬武夫(wiki)が戦死したとき、その死体を弔うシーンで
「さよならタケオ」といって、別れを告げるシーンは『坂の上の雲』第2部屈指の名シーンでした。


★関連記事
大河ドラマレビュー一覧
ブックレビュー一覧


司馬遼太郎の原作。「日本人とは何か?」を巡る思想の旅のひとつとして書かれた作品。
 ・なぜ司馬遼太郎は戦中を舞台にした小説を書かなかったか

坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫)

新品価格
¥5,513から
(2015/9/25 09:16時点)




NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX

新品価格
¥16,299から
(2015/9/25 09:23時点)




NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第2部 DVD-BOX

新品価格
¥13,750から
(2015/9/25 09:26時点)




坂の上の雲 第3部 DVD-BOX

新品価格
¥12,128から
(2015/9/25 09:18時点)


posted by すぱあく at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック