2010年08月26日

高橋克実さんと炭鉱

高橋克実さん、偶然ですがふたつの作品で「炭鉱」に関連した作品に出演しています。

ひとつは映画『フラガール』(2006年)
炭鉱夫で主人公の友人の父親役でした。

fla_katsumi.jpg


もうひとつはドラマ『官僚たちの夏』(2009年)
通商産業省の官僚、鮎川光太郎の役で、炭鉱プロジェクトの責任者でした
kanryo_katsumi.bmp

前者は労働者、しかも閉山で職を失う役。
対して、後者は閉山を指導しなければならず、苦悩する官僚という真逆の役柄でした。

これらの作品の時代背景を見ていきます。
『フラガール』の時代設定は1965年。舞台は福島県富岡町付近から茨城県日立市付近にかけて存在した「常磐炭田」です。この炭鉱は1985年に閉山しました。

次に『官僚たちの夏』ですが、鮎川は夕張と長崎の炭鉱事故で陣頭指揮のために奔走した上、過労が原因で死去します。
このモデルになっている炭鉱が、夕張市の「北炭夕張鉱」と長崎県旧・伊王島町(現・長崎市)の「伊王島炭鉱」です。
北炭夕張鉱は、1965年に爆発事故があり62人もの死者がでました。その後、1982年に閉山します。

また、伊王島炭鉱は1972年に閉山します。

『フラガール』を見るとずいぶん昔の話かな、と思ってしまいますが、ほんの30数年前の話です。
日本はちょっと前は、どこも貧しかったんです。
しかしその後、高度成長、バブル経済を経て小金持ちになって浮かれてしまいます。
それが、今では青色吐息。
もう一度、気をひきしめる時期ではないでしょうか。

フラガール メモリアルBOX [DVD]

フラガール メモリアルBOX [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD




官僚たちの夏 [DVD]

官僚たちの夏 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD





★関連記事
映画・ドラマレビュー一覧

posted by すぱあく at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック